レンブラント・ライティング

Rembrant lighting


入射角45°のライティングで、17世紀のオランダの画家レンブラントが入射角45°の光を好んで立体の特徴を描いていることから命名されました。

>> さらに詳細な情報はこちら