ワード・プロセッサ

word processor

ワープロ

タイプライタとコンピュータを組み合わせることにより、文書を作成から編集までできるようにしたシステムの総称。タイプした文字を印字するだけでなく、それを修正、削除、保存したりすることもできる。欧文・数字しか扱えないものに対し、かな(ローマ字)漢字変換などのシステムを付加したものを、とくに日本語ワープロという。また、最近ではレイアウト機能が付加されたり、書体の種類の多様化、図形データの取り込みが可能なものも開発され、DTP(Desk Top Publishing/卓上出版)のための中心的なソフトになっている。1978年9月に初めて日本語ワープロ商用機JW-10を開発した東芝は、創立125周年を迎える2000年6月21日にワープロ事業から撤退した。今後は、パソコン事業に経営資源を集中することになった。ただし、1999年9月に発売された最後のバージョンであるRupo JW-G7000の保守期限は、2006年2月まで残っている。一時期、日本のワープロ市場を独占した富士通のOASYSは、OASYS 100を発売した1980年から、約420万台を出荷したが、2001年2月15日に生産を終了することを発表した。詳細情報はURL(http://www.fujitsu.co.jp/jp/news/2001/02/15-1.html)で知ることができる。また、OASYSの開発者神田泰典のホームページには、OASYSの開発から始まる歴史の情報がある。詳細情報はURL(http://www.fujitsu.co.jp/people/kanda/)で知ることができる。2003年1月7日に、最後まで日本語ワープロ専用機「書院」を販売していたシャープも撤退し、1978年9月に東芝が第1号機の「JW-10」を価格630万円で発表してから25年で、日本からワープロ専用機が完全に消えた。