オブジェクト・マネージメント・サービス

Object Management Services


OpenDocが持っているレイヤの1つ。SOM(System Object Model)は、オブジェクトの間でシステムコールの管理を行い、オブジェクトが発する要求の仲介を行ってくれ、オブジェクト・インタフェースのための効率的で、柔軟なバイナリの標準を提供してくれる。分散化されたオブジェクトでメッセージ通信を行うための業界標準OMG CORBA(Common Object Request Broker Architecture)に準拠している。SOMによって、広い範囲のプログラム言語を使ってデベロッパーがパートエディタやパートサービスを開発でき、開発されたパートエディタやパートサービスの間で、余分なプログラミングをしなくてもお互いにcallさせることができる。デベロッパとユーザーはネットワークを介して動作するソリューションを作成するために、CORBA準拠のAPI(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)を通して提供される分散化に対応したサービスの利益を得ることができる。SOMとCORBAは広く受け入れられ、多くのプロットフォーム上のツールとシステムの開発元によって、サポートされている。