音楽配信

music distribution


インターネットなどの環境を利用して圧縮した音楽データを配信し、ユーザーはその音楽データを専用プレイヤーなどで解凍して利用することで、MD並みの音質の音楽が楽しめるようになってきているサービスの総称。とくにMP3の登場で、音楽業界はCDの売り上げに響くのではないかといった不安から著作権問題にまで発展し、音楽業界が独自に著作権保護のフォーマットを開発したが、裁判が行われるたびに無料音楽配信に活気が出るという現象が起こり、ユーザーは無料で自由なMP3フォーマットをより使いやすくするNapsterなどの技術を無料公開し、有名ロックバンドまでが、裁判で著作権を訴え、世界中が混乱状態になっている。DDI傘下のPHSサービス会社DDIポケットは、三洋電機が開発した音楽配信システム向けの技術規格やPHS端末を採用して、2000年10月から低迷を続けてきたPHSを利用した音楽配信事業を開始することを2000年5月に発表し、NTT移動通信網(NTT DoCoMo/NTTドコモ)も同様のサービスを2000年秋から始め、音楽配信事業はさらに混迷することだろう。米国法人のソニー・ミュージックエンタテインメント社は2000年5月31日から、ダウンロード音楽の販売を開始した。米国のPew Internet Projectは、2503人の米国成人を対象に調査を実施し、お金を払って楽曲をダウンロードしたと回答したのは、わずか2%に過ぎなかったというデジタル音楽利用実態の調査報告書を2000年6月8日に発表した。米国のNTRUクリプトシステムズ(NTRA Cryotsystems)社は、ジェフェリー・ホフスタイン、ジル・パイファー及びジョゼフ・シルバーマンの3人の数学者が開発した、重層積分の暗号化プロセスを用い、2つの異なる虚数を伴う環を法とした加算と乗算を利用し、多量の二元ベクトルの組から実質的にランダムに暗号鍵を選択する公開鍵方式を開発し、1997年8月に出願され、2000年6月27日に特許査定に出され、米国特許第6,081,597号として特許を取得した。この暗号方式は、1秒間に1つずつ異なる暗号鍵をデータストリームに対して生成することが可能で、例えば3分間の曲だと、180の異なる種類の暗号コードを組み込むことが可能になり、暗号を1つ解いて1秒分その音楽を聴くことができるようになる。この暗号技術を利用することによって、MP3のようなデジタル音楽を、ある特定のユーザーが認証なしに友人にコピーしても、その友人の機器では再生できない。正しく1対1の関係でデジタル音楽が送受信されることになる。詳細情報はURL(http://www.NTRU.com/)で知ることができる。マイクロソフトと、電子商取引ソリューション開発のエコス、ネットワークソリューションのキールネットワークスは2000年7月25日に、Windows Media Technologiesを活用して、インターネットで音楽・映像などを販売するためのB to C電子商取引ソリューションの開発、販売で業務提携すると発表した。米国のIntel社と松下電器産業は2000年8月8日に、パソコン上での音楽管理、携帯プレーヤーや記憶メディアへの転送を安全に行うことが可能で、デジタル音楽の著作権管理規格「SDMI」の要求を上回るセキュリティを確保した、CPRM対応のソフトウエアを共同開発したと発表した。詳細情報はURL(http://www.intel.com/pressroom/archive/releases/cn080800a.htm)で知ることができる。米国のUSPTO(特許商標庁/U.S. Patent and Trademark Office)はFCC(Federal Communication Commission/米国連邦通信委員会)の要請を受けて2000年12月11日に、インターネット上のラジオ放送に音楽著作権の使用料を適用することを発表した。日本テレコムとJ-フォングループは、ストリーミング及びダウンロード配信を行うために必要な音楽配信プラットフォームを共同で構築することを2000年10月3日に発表し、2001年初旬から渋谷、新宿、池袋の3駅にキヨスク端末を設置し、料金は150 500円程度でMDに書き込めるようになる。コナミは自社制作のゲームのタイトル曲、サントラ曲などをインターネットで有料配信するサービス「コナミビットオーディオ」を2001年1月25日から開始した。最近の音楽配信は売れ筋のヒット曲で350円、古い曲でも200円前後というのが相場の中で、真っ先に1曲100円で音楽配信を開始すると発表したイーズ・ミュージックは、2001年2月6日に複数の事業を軌道修正するという理由で、サービス開始を延期することが発表された。2001年2月15日には著作権問題で大きな話題を呼んでいるNapsterなどに関する共有データで関する著作権についてMIT COMMUNICATIONS FORUMで''COPYRIGHT, COMMERCE AND CULTURE -- WHAT WE LEARNED FROM NAPTSTER''が開催された。IDCはインターネットを利用した音楽配信に関し、アジアでは低速回線と海賊版が横行し、中国の8848.netや香港のOneAsia.com、Chinese Books Cyberstoreが失敗し、音楽CDやカセット市場に押され、2000年の日本を除くアジア諸国の音楽ダウンロード業界の売上はUS$200万に届かず、現在のところ完敗状況であることを2001年2月に発表した。Amazon.com社は再生に制約を設定して著作権保護に配慮し、数1000曲規模で音楽無料配信サービスを開始することを2001年3月1日に発表した。サンネットは、テレビ番組制作をはじめ、ビデオ制作、ゲーム、CG、アニメーション制作などBGM音源を必要とするプロユーザーのための業務用音楽配信サイトとして、著作権フリーの音楽をオンライン配信する映像製作者向けサービス「Sound Mega Bank」を2001年3月16日から開始した。詳細情報はURL(http://www.soundmegabank.com/)で知ることができる。DDIポケットは2001年3月26日に、東芝、松下電器産業などが共同開発した「SDAIR(エスデェア)」と呼ばれる配信方式を採用して、PHS向け音楽配信サービス「Sound Market(サウンドマーケット)」で、SDメモリカードに対応した方式を導入する計画を発表した。また、三洋、日立、富士通と日本コロンビアが推進している携帯電話向けで記録媒体にセキュアマルチメディアカードを使う音楽配信システム「ケータイdeミュージック」に対応し、暗号化された音楽CD-ROMと電子的カギを利用したPHS向け音楽配信実験を2001年5月から開始するということである。詳細情報はURL(http://www.super-contents.co.jp/)で知ることができる。AOL Time Warner社Bertelsmann AG社、EMI Group plc社は共同で2001年3月2日に新しい音楽配信会社MusicNet社を設立し、RealNetworks社と共同で音楽情報の提供を2001年夏から開始した。詳細情報はURL(http://www.musicnet.com/)で知ることができる。これは巨大音楽配信コングロマリットの誕生といえる。IFPI(International Federation of the Phonographic Industry/国際音楽同業者組合)は2001年4月19日に、好調な伸びを示しているアルバムセールスにも係わらず、前年から1.3%減少して$369億となり、無料オンライン音楽配信と海賊版CDの影響が初めて目に見えてきたことを報告した。RIAA(Recording Industry Association of America/米国レコード協会)は2001年4月23日に、所属するアーティストの歌などのネットラジオ局での放送を公式に認可することを発表した。今後は、RIAAの認可さえ得られれば、インターネット経由で音楽作品を第3者に配信することが可能になった。すでにRIAAは、Yahoo!などとカタログの使用について契約を結んでいる。詳細情報はURL(http://www.riaa.org/)で知ることができる。(音楽配信-2001年に続く)


学生が使用するNapster頻度
Napster使用頻度と、料金支払いの意識
1999〜2005年までにOnline Musicで使うお金の総計予測
1999〜2005年までにOnline Musicで出荷される金額予測
1999〜2005年までにOnline Musicでダウンロードされる金額の予測
RIAAの対応に対するユーザーの意見分布
2001年の音楽データダウンロード予測
オンラインの冷やかしと商人の戦い
1998〜2004年のオンラインとダウンロード・ミュージックの売り上げ予測
Napster経由でCD nowを訪ねたユーザーとCD購入者
DMAT(Digital Music Access Technology)のトレードマーク
2000年9月28にSDMIが公開したオープン・レター
AmExの2000年オンライン購入者の傾向
2000年年末商戦におけるイギリスのe-Retail
米国の2000年と2001年の第1/4半期パソコン販売比較
米国の音楽ダウンロードから見た2000年7/8月と2001年2月のインターネット比較
FCCの米国電話線環境調査報告
ドイツのBertelsmannが計画しているインターネット・コントロール
the e-tailing groupによるe-Retailの調査報告
2001年イギリス人のオンライン環境
インターネットを始める前に利用していたメディアと始めた後の状況
イギリス人が望むインターネット・サービスランキング
2001年8月29日から矢沢永吉の楽曲をインターネットで有料配信するサイト
ブロードバンドとインターネット音楽配信
RIAAとMPAAが2001年10月2日に提出した告訴状
MPAAの告訴人リスト
RIAAの告訴人リスト
HP Digital Entertainment Center de100c
HP Digital Entertainment Center de100cのスペック
2001年10月31日の近畿地方の携帯電話とPHSの現状
SIIAとKPMGが公開した、インターネット経由の著作権侵害調査報告
Arcstar MUSIC & VIDEOが提供する音楽配信サービス
gartnerg2が公開したオンライン・ゲームの調査データ
KaZaAの巻頭ページ
ミュージックファクトリー(ミルク/Female non Fiction/Freeze、ビター/R9/Trast)
2001年9月12日に公開されたNetMDの概要
NetMD対応のウォークマン「MZ-N1」
J-フォンが2001年12月20日に発表したSIMカード型の新しいロゴ
cIDfのパンフレット表
cIDfのパンフレット裏
cIDfが解説したDRM
J-フォンを名乗るイタズラ・メールの警告
MusicMatch Radio MXの巻頭ページ
IPSOS REID Madia Release2002年2月1日
Cyber-Rights & Cyber-Libertiesの1997-2002ステートメント
「Every Heart-ミンナノキモチ-」の案内ページ
「All About CCCD/コピーコントロールCDについてのご案内」ページ
T.Kearney社とCambridge Universityが実施した携帯電話実態調査Mobinet 4
「日本MMO社に対する仮処分事件の勝訴にあたり」
IFPI World Sales 2001
CARPが2002年2月20日に公開したリリース
CARPが公開したWebcasting Rates
CARPが公開したWebcasting Ratesの付録A
CARPが公開したWebcasting Ratesの付録B
CARPが公開したWebcasting Ratesの付録C
IFPIの「Music Piracy Report 2002(音楽海賊版レポート2002)」
ipsos-reid.comが2002年6月12日に公開した音楽データ・ダウンロード調査報告
音楽データ・ダウンロード調査資料-1
音楽データ・ダウンロード調査資料-2
ロサンゼルスで活用されているコミュニティの開発に関する免除事項
下院議員のRick Boucher
東京都ホットスポット概念図
GNI社の電子メール新聞広告特許情報
GNI社の電子メール新聞広告特許-1
GNI社の電子メール新聞広告特許-2
GNI社の電子メール新聞広告特許-3
GNI社の電子メール新聞広告特許-4
GNI社の電子メール新聞広告特許-5
GNI社の電子メール新聞広告特許-6
GNI社の電子メール新聞広告特許-7
RIAAが2002年8月7日に発表したアナウンス
RIAAが2002年8月7日に発表したアナウンス
Gartner Dataquest社が2002年9月19日に発表した無線LAN市場予測
Small Webcaster Amendments Act of 2002(HR5469)
2002年10月21日にSoundExchangeが公開した暫定的な使用料方針
U.S. Copyright Law
Amazon.comが2002年12月26日に発表した年末商戦結果
Unpacking ''Privacy'' for a Networked World
cIDf 仕様書 第 1.1 版について
cIDf 仕様書 第 1.1 版
RIAAのa corporate policy guide to copyright use and security on the internet
GSM for Rural and Regional Mobile Operators white paper
Parks AssociatesのPublic Hot Spots白書「One Truth and Two Myths」
RIAA discloses methods used to track music downloaders
Illustrirte Zeitung1846年1月24日号に掲載されたStrassburg駅-1
Strassburg駅-2
Illustrirte Zeitung1846年1月24日号に掲載された1845年11月30日のLondonの鉄道計画局前
利権を求めて集まった鉄道関係者
鉄道計画会議
鉄道計画室
鉄道企画室で図面を奪いあう関係者
Illustrirte Zeitung1846年4月11日号に掲載された北ドイツの鉄道信号サイン
鉄道手信号
鉄道信号操作風景
Telegraphで指示された鉄道信号
Telegraphの指示で信号を動かす鉄道員
鉄道緊急停止
Illustrirte Zeitung1847年3月6日号に掲載された列車事故防御服
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたTelegraphの海底ケーブル敷設風景
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたTelegraphのGrinez Klippe海底ケーブル敷設風景
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたDover側のTelegraphターミナル
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたDoverとGalais間のTelegraph出力器
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたTelegraph印字機
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたTelegraph解読印刷機
Illustrirte Zeitung1850年12月7日に掲載されたTelegrapheテープ
Illustrirte Zeitung1850年12月7日に掲載されたTelegraphで書かれた絵と文字
Illustrirte Zeitung1850年9月7日に掲載されたBainの電子化学コピーTelgraphシステム
Trymedia Systems社が2004年3月24日公開したゲーム・コピーの実体
JASRACが2004年4月6日に公開した「JASRACの依頼と偽った架空請求について」
Illustrirte Zeitung1851年10月11日に掲載された海底ケーブルの製造-1
Illustrirte Zeitung1851年10月11日に掲載された海底ケーブルの製造-2
Illustrirte Zeitung1851年10月11日に掲載された海底ケーブルの製造-3
Illustrirte Zeitung1851年10月11日に掲載された海底ケーブルの製造-4
Illustrirte Zeitung1851年11月29日に掲載された大西洋横断海底ケーブル敷設計画
Illustrirte Zeitung1851年12月6日に掲載された汽車のブレーキ・テスト
Illustrirte Zeitung1851年12月6日に掲載された汽車の重量測量
Illustrirte Zeitung1851年12月6日に掲載された車輪間隔測量
Illustrirte Zeitung1851年12月16日に掲載された枕木テスト測量
Illustrirte Zeitung1851年12月6日に掲載された列車の昇降テスト
Illustrirte Zeitung1851年12月13日に掲載されたBavaria汽車
Illustrirte Zeitung1851年12月13日に掲載されたSeraing汽車
Illustrirte Zeitung1851年12月13日に掲載されたVindobona汽車
Illustrirte Zeitung1851年12月13日に掲載されたWieenerNeustadt汽車
Illustrirte Zeitung1851年12月20日に掲載されたドーバー海峡トンネル計画図
Illustrirte Zeitung1851年12月20日に掲載されたアルファベットTelegraph解読印刷機-1
Illustrirte Zeitung1851年12月20日に掲載されたアルファベットTelegraph解読印刷機-2
Illustrirte Zeitung1851年12月20日に掲載されたアルファベットTelegraph解読印刷機-3
Illustrirte Zeitung1853年5月28日に掲載されたベルギーでの海底ケーブル陸揚げ風景
Illustrirte Zeitung1853年5月28日に掲載されたSpezziaとCorsicaの地中海海底ケーブル陸揚げ風景
Illustrirte Zeitung1853年2月11日に掲載された列車暖房機
Illustrirte Zeitung1853年2月11日に掲載された列車暖房機温度表示器
Parks Associatesが2005年2月24日に公開したコピー防止CDと一般CDの比較
Illustrirte Zeitung1856年3月8日に掲載された急行汽車
列車方向転換装置
Illustrirte Zeitung1856年6月14日に公開されたポツダム橋列車落下事故

EMD
音楽配信-2001年
音楽配信-2002年
音楽配信-2003年
音楽配信-2004年前半
音楽配信-2004年後半
音楽配信-2005年
音楽配信-2006年
音楽配信-2007年
音楽配信-2008年
紙ジャケCD
ビデオ配信
音楽配信に関するJerome H. MolのOpen Letter
デジタル・データ・ダウンロードの日
映画配信
Duet
MOCA(Music Online Competition Act)
映像付き音楽の有料配信サービス
DAB
DVB
インターネット・ブロードキャスティング
MP3
MP3関連のURL
CPRM
CD-DA
WAVE
マルチメディアの標準化
デファクト・スタンダード
JPEG
MPEG1
MPEG2
MPEG4
著作権
くそ食らえ著作権
日本音楽著作権協会
H-320
H-323
H-324
インターネット
マルチメディア普及促進研究会
情報通信分野の標準化の動向に関する調査委員会
QuickTime MPEG Extension
MP@ML
MMTA
情報メディアの符号化
ネットワーク上音楽利用に関する著作物使用料
著作物の法的集中管理
CDメディア新著作権法施行令
ネットワーク音楽著作権連絡協議会
WAVE
SolidAudio
TwinVQ
AHRA
Xing
FreeAmp
MultiMediaCard
ROS
MMC Reader/Writer
Pocket Digital Audio
FMS(Faith MIDI Station)
デジタルカメラ
デジタルカメラの流れ/1993年まで
デジタルカメラの流れ/1994から1997年まで
デジタルカメラの流れ/1998年
デジタルカメラの流れ/1999年
デジタルカメラの流れ/2000年前半
デジタルカメラの流れ/2000年後半
デジタルカメラの流れ/2001年前半
デジタルカメラの流れ/2001年後半
デジタルカメラの流れ/2002年前半
デジタルカメラの流れ/2002年後半
デジタルカメラの流れ/2003年第1四半期
デジタルカメラの流れ/2003年第2四半期
デジタルカメラの流れ/2003年第3四半期
デジタルカメラの流れ/2003年第4四半期
デジタルカメラの流れ/2004年第1四半期
デジタルカメラの流れ/2004年第2四半期
デジタルカメラの流れ/2004年第3四半期
デジタルカメラの流れ/2004年第4四半期
ハードディスク
TypeII型HDのPCカード
Clik!
microdrive
SDMI
MP4
a2b Music
Liqud Audio
ETS8
メディア・アーティスト協会
MMI(MultiMedia Identifier)
SDMI
ASCAP
インフォバインド
MagicGate
OpenMG
Super MagicGate
RealSystem
AV Photo & Media Finder
EMMS
MS Audio
DRM
RealJukebox
音楽産業廃棄物〜P-MODEL OR DIE
AOL
CAFE(the Consortium for Audio Free Expression)
面記録密度
EPR4ML
SF Trini Slider
デジタルメディア協会
Jornada
有線送信化権
複製権
版面権
MVP
FreeSpace
Napster
Gnutella
音楽ソフト
デジタル音楽配信市場についての公聴会
DSS(Digital Speech Standard)
暗号技術
Publius
AAP
iPPee
AppleSoup設立リリース
NapsterやGnutellaは「悪魔」で「救世主」?
Windows Media Technologies
B to C
BツーC型ECソリューション
Napsterに代わるサービス
Napsterが証明した音楽の未来
Napsterに代わるサービス
ネットワーク環境を理解していない判決
ネットワーク環境を理解していない判決/2001年
ネットワーク環境を理解していない判決/2002年
ネットワーク環境を理解していない判決/2003年
ネットワーク環境を理解していない判決/2004年
ネットワーク環境を理解していない判決/2005年
ネットワーク環境を理解していない判決/2006年
ネットワーク環境を理解していない判決/2007年
電子商取引
電子商取引関連のURL
フィリピン電子商取引法
SpeechBalloon
MojoNation
サイファー・パンク
CSMセンター
Soundom
NMRCとJASRACの使用料規程規定の必要性
デジタル・ロッカー
Webインフラ・プロバイダ
Na@h!
ODS(Operating Dat Store)
シリコン・オーディオ
Supreme/D.R.I.V.E.
SDMI Open Public Challenge
Scour.Net
Tropus
インターネットはクラブではない
Groove
Sprint PCS My Music
CuteMX
Groove
Napster: a review
Friskit
JPEG-2000
Digital Media Revolution
eWallet
M-stage music
Farsite
OceanStore
児童ポルノ処罰法案
分散システム/インターネット運用技術研究会
Carracho
Gnuman
Media Tracker
SDメモリカード
Virtual Supercomputer
ラナム法
レッツフォト
Duet
音楽配信に関するJerome H. MolのOpen Letter
Digi-Break
CLiP(Custom Licensing Program)
DSL(Design Science License)
駐車違反業務用携帯端末
独禁法
独占禁止法と電気通信事業法の共同ガイドライン
ハードディスク内蔵家電
DRM(Arcstar MUSIC&VIDEO)
EMDLB
cell computing
コンテンツ保護用セキュア・マルチメディアカード
UDAC-MB
NetMD
Pressplay
コンテンツID
Net Debut
音楽CDコピー防止技術
MUSICMATCH Jukebox
Radio MX
親指入力
CDS(Cactus Data Shield)
IP電話番号管理の研究会
m-cash
RealOne
RBN Managed Subscription Service
Consumer Web Watch
e-駅スポット
Creative Commons
.kids.us
アクセス権
AS-MO規格
Multi-University Research Laboratory
IFPI
ホットスポット
Mフレッツ
無線LAN倶楽部
NTTブロードバンドプラットフォーム
社内産業スパイ
有料コンテンツ
AMR(Adaptive Multi-Rate)
HLLW.Kazmor
Duload
ワイヤレス高度情報通信研究会
ROOT
放送フラグ
FREESPOT
CWDM(Coarse WDM)
OpenSSL
Peer-to-Peer Piracy Prevention Act
マルコーニ賞
CTEA(Copyright Term Extension Act)
CARP(Copyright Arbitration Royalty Panel)
SoundExchange
CCCD(Copy Control CD)
エンコードK2
倫理的ハッカー
レーベルゲートCD
Cometa Networks
隣接チャネル漏洩電力
MMS(Mobile Multimedia Service)
デジタルラジオ元年
著作権保護とプライバシー保護
IP移動通信
BT Openzone
0半レポーター
cIDf
自由利用マーク
EYEマーク
GRid(Global Released identifier)
MGCP(Media Gateway Control Protocol)
デジタル暗黒時代
Pico-Pay
デジタル・データ・ダウンロードの日
PeerGuardian
RADIOSCAPE-WAN
ローカリティ
民主主義と特許
Net Music Download
携帯電話ビデオ配信
W2F(Wireless World Forum)
Zombie PCs
Connect
Creative Commons
リアルネットワーク
PUBPAT(Public Patent Foundation)
Operation Fastlink
Wi-Fi電話
音楽配信元年
RIAA
マルチメ ディア探索エンジン
Wireless Leiden
Hotspot Amsterdam
CDS-200
CDS-300
SVP(Secure Video Processor)
テレビ番組違法コピー・ダウンロード
マルチホップ型無線LAN
スマート・ラジオ
ダウンロード税
デジタル・ジュークボックス
CD-DA
デジタル・ジュークボックス
Mobile Video Summit
モバイル・コンテンツ・クリエーターのための4つのプライオリティ定義
無料の無線LANインターネット接続サービスを許可する前に!
コンテンツ・スナック
ロケーションフリー
消費者を保護するために必要な「現代の著作権法」
Lマーク
暗号の2010年問題