ガイア

Gaia>>Gaea>>Earth>>Mother Earth

大地の女神>>地球の母

ガイアとは、ギリシャ神話に出てくる大地の女神であり、我々が生きている地球そのもので、最初にカオス(混沌/Chaos)があり、それからガイア(大地)が生まれた。ガイアはまずウラノス(Uranus/天王星/天空神)を産み、そのウラノスと交わってあらゆる河川の源と考えられた地球を取り巻く大河であるオケアノス(Oceanus/大洋神)、ポントス(Pontus/不毛の海神)、黄金時代の主神クロノス(Cronos/時神)、神々の秘密を漏らしたタルタロス(Tantalus/奈落神)、擬人神で法律、秩序、正義の女神テミス(Themis/掟神)、ムネモシュネ(Mnemosyne/記憶神)を産んだ。さらにガイアはポントスと交わってネーレウス(Nereus/海の老人)を産んでいる。ウラノスが子供達を冥界に捨てたことから、ガイアは夫であったウラノスを恨んで息子クロノスと同一視されるローマの農耕神サトゥルヌス (Saturn/土星)に鎌を持たせ、ウラノスを去勢させ、サトゥルヌスがウラノスの支配権を奪ってしまう。後にサトゥルヌスもその子であるゼウス(Zeus)に退られたという言い伝えがあり、スペインのプラド美術館(Musee du Prado)にあるゴヤが描いた「わが子を食うサトゥルヌス(Saturne devorant ses enfant par/Saturn Devouring His Child)」は有名である。また、ラテン語の「Gaia」は「先頭の」「先駆けの」という意味がある「Gaius」の名詞で、「先駆けの指針となるサイン」ということになる。スウェーデンのウプサラ大学図書館(Uppsala University Library)でKrister Lindeが、地球科学のリソース・データベースを提供している「Gaia」を公開している。詳細情報はURL(http://www.ub.uu.se/gaia/)で知ることができる。また、ジェームズ. E. ラブロック(James E. Lovelock)とリン・マーグリス(Lynn Margulis)は、地球と生命を緊密な関係として捉える見方を示した「ガイア仮説(Gaia Hypothesis)」を提唱している。詳細情報はURL(http://homepage3.nifty.com/nishimura_ya/GAIA.HTM)または、URL(http://erg.ucd.ie/arupa/references/gaia.html)で知ることができる。1988年にはAGU(米地球物理学連合)で第1回ガイア仮説に関するチャップマン会議が開催された。詳細情報はURL(http://www.agu.org/meetings/cc00bcall.html)で知ることができる。また、ゴルバチョフ、ローマ法王ヨハネ・パウロ二世、レーガン、大司教デスモンド・ツツ、国連事務総長ペレス・デクエヤルらが地球の相互依存というテーマで書いてた「ガイア平和アトラス(The Gaia Peace Atlas. Survival into the Third Millenium. General Editor: Barnaby, Frank. London, Sydney & Auckland, Gaia Books Ltd. 1988)」という論文集が1988年に出版されている。詳細情報はURL(http://perc.ca/PEN/1991-03/review.html)で知ることができる。ジェームズ・ラブロック(James Lovelock)博士がイギリスのIndependentのコラム「Environment in crisis: 'We are past the point of no return'」で「The world has already passed the point of no return for climate change, and civilisation as we know it is now unlikely to survive(気候変動は引き返せる地点を越えてしまった、私たちが知っている形の文明は生き残れそうにない)」と語り、ペンギン社から2006年2月2日に新刊本「The Revenge of Gaia(ガイアの復讐)」を出版した。詳細情報はURL(http://news.independent.co.uk/environment/article338878.ece)または、URL(http://www.amazon.co.uk/Revenge-Gaia-Fighting-Still-Humanity/dp/0713999144)で知ることができる。
NASAのJPL研究所(Jet Propulsion Laboratory)は2008年10月9日に、地球の中間地域のジェット気流や気象システムのような地球の中間の対流圏での二酸化炭素の分布が、大規模な大気中の循環パターンによって強く影響を及ぼされたことが判ったと報告した。
また、二酸化炭素分布パターンは多くの人が住む北半球の陸地と、南半球の間で有意差があるのが判った。
南半球は海洋で主に二酸化炭素分布パターンをカバーしていた。
この地図は、2002年9月〜2008年7月までのNASAのAqua宇宙船に搭載されたAIRS(Atmospheric Infrared Sounder)によって集められたデータに基づいている。
機器科学の班長であるMoustafa Chahine、「研究機器が地球の大気の中で二酸化炭素の輸送過程のモデルを洗練するために科学者によって使用された。」
「これらのデータは時間がたつにつれて、二酸化炭素分布のグローバルな変化を得ることがます。」
「これらの変化は二酸化炭素がどこで作られ、格納されるかを決定するのに使用される4つの化学物質輸送モデルだけで表されていません。」と言っている。
Chahineは、地球の炭酸ガス・サイクルと気候を研究する今度の衛星任務と同様に、AIRSデータが存在の補足となると言って、二酸化炭素の地面と航空機測定値を計画していた。
新しい衛星任務に含まれているのは、2009年1月に着手するために計画されているNASAのOrbiting Carbon Observatoryがある。
科学者はAIRSとOrbiting Carbon Observatoryからの二酸化炭素データの組み合わせることで、地球の表面の下層大気における二酸化炭素の分配を決定できる。
彼は、「二酸化炭素を測定して、追跡するのは難しいです。」
「どんな場所も影響に免疫がありません。」
「多くの独立している測定値を取り、隠れて居る部分を導き出して、創造から格納まで進化を追跡するためにAIRSのデータを含んでいます。」と、言いました。
新しい地図は、北半球ジェット気流が北緯30〜40度のバンドで、南半球の二酸化炭素が高められ、濃縮を明らかにした。
これらの高められた集中は、北半球の中間地域で汚染が記録されたベルトに対応していた。
チームはこれを、西北大西洋上に暖かい大気中の「コンベヤベルト」が、東南米国から輸送された放出で検出された増加するレベルの二酸化炭素の結果と考えた。
これらのベルト中央、そして、上側の対流圏に地球の表面から二酸化炭素を持ち上げた。
北米、ヨーロッパから生じて、地図で表示したAIRSは地中海上空で二酸化炭素を高めた。
東アジアからの二酸化炭素が太平洋上空を流れたが、南アジアからの二酸化炭素は中東上空で終わった。
南半球では、二酸化炭素の高められた濃縮を含む中間対流圏の空気ベルトが南緯30〜40度で現れた。
この研究で使用される4つの化学輸送モデル・ベルトはこれまでに、見られたことがなかった。
研究者は、植物の呼吸などのように、合成燃料生産と発電に使用される山火事と施設と同様に、南米の高いアンデス山脈にわたるこのベルト状の空気の流れが地球の表面の主要なソースから二酸化炭素を剽窃すると言っている。
この持ち上がっている二酸化炭素の一部が、次に中間の対流圏まで運ばれて、急速に世界中に輸送される。
そこでは、中間の緯度ジェット気流で捕らえられるようになる。
Chahineは、「対流圏は公海に似ています。」 「1つの場所で作られ、ほかの場所に移動するでしょう。」と言った。詳細情報はURL(http://airs.jpl.nasa.gov/)または、URL(http://airs.jpl.nasa.gov/story_archive/Measuring_CO2_from_Space/)またアニメーションは、URL(http://svs.gsfc.nasa.gov/search/Animator/LoriPerkins.html)で知ることができる。
また、JPLの歴史研究家エリック・コンウェイ(Erik Conway)は、この出来事で系列の概観を提供している。詳細情報はURL(http://airs.jpl.nasa.gov/story_archive/Measuring_CO2_from_Space/History_CO2_Measurements)で知ることができる。
すべてが、地球は壊れ始めていることを証明し、かなり読み応えがある検証を提供している。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11272)で知ることができる。

[地球科学のリソース・データベースを提供している「Gaia」の情報カテゴリー]
General geology
Regional geology
Mineralogy
Igneous and metamorphic geology
Sedimentary geology and sedimentology
Structural geology and tectonics
Geochronology
Stratigraphy
Quaternary geology
Palaeontology
Geochemistry
Geophysics and Seismology
Engineering geology
Environmental geology
Economic geology
Extraterrestrial geology
General physical geography
Regional physical geograhy
Synoptic geography
Landforms
Soils
Hydrology
Oceanography
Biogeography
Meteorology and climatology
Remote sensing, mapping and GIS