外務省は体を張って京都見物にカラオケ?


日本の接待は、海外において不思議な風習といえる。それを真似たような北朝鮮の「喜ばせ組」が毎日のように、テレビで報道されているまっただ中に、河野太郎の国会日記「ごまめの歯ぎしり メールマガジン版」2003年3月12日号で、外務省は体を張って予算を取り、京都見物にカラオケで米国の日系リーダーを接待漬けにしたと、河野太郎が自慢していた。

Subject: ごまめの歯ぎしり 3月12日号
ごまめの歯ぎしり メールマガジン版
河野太郎の国会日記
============================================================
アメリカの日系アメリカ人リーダーとの夕食会。
外務省が体を張って今年も十人招致の予算を確保。この予算は投資価値が高い。アメリカの中に日本シンパを作るとしたらまずここからだろう。今回来日したのは、
パシフィック電話顧問弁護士
ロサンゼルス郡警察局管理部長
弁護士
カリフォルニア州教育委員会委員
カリフォルニア州下院議員補佐官
ハワイ州下院議員
ロサンゼルス郡人権関係委員会委員長
市民権に関する公教育基金委員長
ハワイ州最高裁判事
シアトル市青少年局長
の十人。一人は五世、四世が二人、三世が七人。
五人は初来日、他の五人も短期の滞在経験のみ。
ほぼ全員が、このプログラムで来日していろいろな日本人に会い、
京都をはじめあちこちを見て、自分が日本人の血を引き、この社会とつながっていること強く認識したという。これまでは、日本は単なる外国だったが、日本の見方が変わったと、全員が口をそろえる。このプログラムの投資効果は絶大だ。やはり、十人という数がそろってくるのが大きい。二、三人でぼそっと来るのではなく、このグループで行動し、連帯感が生まれ、去年のグループとも連動して、西海岸、ハワイにおける強力なグループになる。
彼らも、自分たちの次の世代はもう日本とのつながりが無くなるだろうと思っていて、いわば日本にとってのラストチャンスだったねという。ぎりぎりセーフ。
去年と同様、通訳なしで日本の若手国会議員との懇親のための夕食会をセット。残念ながらミスタータッソの日程が合わず、今やカリフォルニアで伝説となっている彼のゴジラの物まねは不発だった。
盛り上がって二次会はカラオケ。私は歌なんか絶対に歌わない、と言っていたメンバーも、マイク握って歌って踊った。
===========================================================
■編集:河野太郎
■発行:河野太郎
●ご意見・お問い合わせ: konotaro@h5.dion.ne.jp

当レポートに掲載された記事は自由に転載・再配布できます。
但し、記事の一部を取り出したり改変しての転載を禁じます。
なお、メーリング・リストや掲示板への再配布も許可します。