カオス

chaos


ポアンカレイ(Jules Henri Poincare/1854〜1912)などが、混沌とした現象を研究していたが、異端視され、1960年から1970年頃に、混沌を物理学的に研究するようになり、数学者も物理学系のカオスを研究するようになり、物理系が体系的に研究するのに対し、細分化された部分を数学的に研究する分野が誕生しました。

>> さらに詳細な情報はこちら