各国の法令


インターネット上には、Internet Law(インターネット法)、Cyber Law(サイバー法)、E-Commerce Law(電子商取引法)、Domain Name Law(ドメインネーム法)、Intellectual Property Law(知的財産法)、Copyright Law(著作権法) and Trademark Law(商標法)などに関する資料があるインターネット法律電子図書館(Internet Law Library)がある。詳細情報はURL(http://www.internet-law-library.com/)で知ることができる。また、法律関連のリンク集「法律便利帳」ぼURL(http://www2.gol.com/users/nfujita/index.htm)や外国法情報源: 証券のURL(http://www2.gol.com/users/nfujita/ForeignLaw/ForeignLawSecuritiesLawLink.html)もある。また、2002年4月26日には、テレビに出演している人は偉いと勘違いしそうなテレビなどで活躍する呼びかけ人(五十音順)/天野礼子(アウトドアライター)、五百蔵洋一(弁護士)、五十嵐敬喜(法政大学教授)、岩見隆夫(政治ジャーナリスト)、永六輔(放送タレント)、大岡信(詩人)、大谷昭宏(ジャーナリスト)、近藤正臣(役者)、三枝成彰(作曲家)、下村満子(ジャーナリスト)、C.W.ニコル(作家)、高野孟(「インサイダー」編集長)、田原総一朗(ジャーナリスト)、筑紫哲也(ジャーナリスト)、山口二郎(北海道大学教授)、湯川れい子(音楽評論家)などのタレントや評論家が集まった「市民版憲法調査会」まで登場している。詳細情報はURL(http://www.kenpou.com/)で知ることができる。ただし、すでに古くなろうとしているテレビというメディアに出ているタレントが市民の代表という考え方は時代錯誤であり、あえていうなら、紅白歌合戦に出演できるかどうか大騒ぎしている日本の歌手と同類が、メディアとしてテレビを認めさせるために憲法について発言している、テレビ局という企業にに踊らされて喜んでいる変人集団なのかもしれない。そして、いつか自分も選挙で当選して、国会に議員になりたいという野望の持ち主も混じっているのかもしれない。また、弁護士、大学教授、作家、政治家などが中心となって活動している「陪審裁判を考える会」では、メールマガジン「市民による司法改革」を発行している。詳細情報はURL(http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000088334)または、URL(http://www.yokokei.org/baishin/)で知ることができる。セクハラ関連の情報は「Information about Sexual Harassment」のURL(http://www.de.psu.edu/harassment/)で知ることができる。また、1964年に米国で施行されたセクハラ(Sexual Harassment)法について情報がある 「Facts About Sexual Harassment」もある。詳細情報はURL(http://www.eeoc.gov/facts/fs-sex.html)で知ることができる。また、電子技術に関する法律情報を提供している「BitLaw」もある。詳細情報はURL(http://www.bitlaw.com/)で知ることができる。2003年7月14日にフィラデルフィアでオープンしたNational Constitution Center(米国憲法センター)についてはURL(http://www.constitutioncenter.org/)で知ることができる。

●韓国法の日本語訳/民法第4編「親族」(1990年最終改正)のURL(http://www.geocities.co.jp/WallStreet/9133/min3.html)
韓国法の国籍法(1997年最終改正)のURL(http://www.geocities.co.jp/WallStreet/1747/kokusekihou.html)

●北朝鮮法の日本語訳/家族法(1990年制定)のURL(http://www.geocities.co.jp/WallStreet/3277/nkazoku.html)

●フィリピン法の原文のURL(http://www.chanrobles.com/toc.htm)
家族法(1987年制定)
児童少年福祉法(1974年制定)
憲法第4章「国籍」(1987年制定)

●米国の移民・国籍法(1996年最終改正)のURL(http://www.immigration-usa.com/ina_96.html)
米国の判例リソース・ページ「Citation Styles」のURL(http://www.bedfordstmartins.com/online/citex.html)

●ブラジル法の原文/民法「家族法編」(1998年最終改正)のURL(http://www.lawresearch.com/v10/global/zbr.htm)
憲法第3章「国籍」(1994年最終改正)のURL(http://www.georgetown.edu/pdba/Constitutions/Brazil/brazil99.html)

●ペルー法の原文/民法第3編「家族法」(1984年制定)のURL(http://www.asesor.com.pe/teleley/550-ind.htm)
国籍法(1996年制定)のURL(http://www.asesor.com.pe/teleley/26574.htm)

●英国の権力として、アイルランドの1691年から19世紀まで影響を与えた宗教的法律の歴史があるIrish Penal LawsのURL(http://www.law.umn.edu/irishlaw/)