ガスパリ法案

legge Gasparri

イタリア・メディア規制緩和法案>>イタリア新メディア法案>>イタリアのテレビ・ラジオ制度再均衡法案

デジタル放送などの新たな環境に適応するために、メディアの寡占的経営に対する規制緩和、同一人物がテレビと新聞を同時に所有することを禁じた現行規定の廃止、国営放送RAIの分割、民間資本導入、などを柱として、2009年までに各メディアの集中排除規定(株式所有制限)が順次緩和されるイタリアの法案の俗称。SBSは2003年12月3日に、すでに2003年7月22日に下院での決議を経た「ガスパリ法案」を2003年12月2日にイタリア上院が賛成多数で可決し、承認したと報道した。詳細情報はURL(http://www9.sbs.com.au/theworldnews/region.php?id=74225®ion=3)または、URL(http://www.itv.com/news/261709.html)で知ることができる。ただし、イタリア放送界に「メディア王」として君臨するベルルスコーニ(Silvio Berlusconi)イタリア首相のラジオ、出版など他のメディア分野進出への布石であり、さらに、Silvio Berlusconiイタリア首相がオーナーであるイタリア・プロサッカーリーグ「セリエA」の「ACミラン」が1994年の総選挙では、Silvio Berlusconiの政党「フォルツァ・イタリア」の応援に参加し、「ACミラン」のファンクラブを運営するフィニンベスト傘下のPR会社が全国1万3千か所に党支部を設け、チームの人気選手や監督がベルルSilvio Berlusconi宣伝に駆り出され、選挙期間中には、傘下のテレビが1日何10回となくベルルスコーニのCMを流すなど、メディア独占支配強化策として国内外から批判を受け、1994年5月の首相指名の信任投票では、議場とヨーロッパ・チャンピオンカップ放送中の自社テレビとを往復し、4票差で議会での首相指名を獲得した日に、「ACミラン」が4対0で優勝している。2001年5月の総選挙では7年ぶりの復活をめざし、選挙の終盤3月から1ヶ月間のSilvio Berlusconiが傘下にしているテレビのニュース番組で取り上げられた総時間数「オリーブの木」の首相候補ルテッリ(Francesco Rutelli)前ローマ市長は13分間に過ぎなかったにも係わらず、Silvio Berlusconiは147分と、メディアをまともに利用した選挙になり、Silvio Berlusconiは政権を取ってから、自分に反対の姿勢を示したイタリア国営放送RAIのジャーナリストMichele Santoro、Enzo Biagi、Daniele Luttazziの3人を解雇した。詳細情報はURL(http://www.nippon.it/article.php?sid=109)または、URL(http://www.repubblica.it/online/politica/rainominedue/berlu/berlu.html)または、URL(http://www.ilsecoloxix.it/testsondaggi/sondaggio.asp?IDSondaggio=52)または、URL(http://www.diariodirecto.com/INFORMES/informes_desarrollo_gral1.html)または、URL(http://www.idgr.de/lexikon/bio/b/berlusconi-silvio/berlusconi.html)で知ることができる。イタリア新聞協会のロンギ事務局長は上院での可決をメディアを利用したファッシズムの始まりとして、「歴史的汚点」と非難している。また、あるジャーナリストは「I won't say he's the modern Mussolini because that's too simple,」 「But I would say Mussolini was the only other figure in Italy surrounded by so much legend」とムッソリーニより悪い、現代のムッソリーニが再来したとSilvio Berlusconiを非難している。詳細情報はURL(http://www.guardian.co.uk/italy/story/0,12576,824146,00.html)または、URL(http://media.guardian.co.uk/berlusconi/0,12914,911458,00.html)または、URL(http://www3.ocn.ne.jp/~iewri/watching/200309/1.html)で知ることができる。イギリスのBBCは2003年12月16日に、Carlo Azeglio Ciampi大統領がベルルスコーニ(Silvio Berlusconi)イタリア首相に承認するか聞くと、ベルルスコーニ首相はリラックスして、興奮気味に「ガスパリ法案」へサインをしたと報告した。詳細情報はURL(http://news.bbc.co.uk/1/low/world/europe/3324569.stm)で知ることができる。オーストリアの新聞Der Standard/APAは2004年3月11日に、イタリアの大統領Silvio Berlusconiは「ガスパリ法案」が通過してから、毎日のようにテレビに出演し、2月には335分間もニュース番組に出て選挙運動に利用しているテレビ画面の雄豚と「RAI-Chefin veraergert: ''Berlusconi belagert italienisches Fernsehen''」を報道した。詳細情報はURL(http://derstandard.at)で知ることができる。BBCは2004年5月4日に、イタリア公共放送(Italian public broadcaster)の女性議長Lucia Annunziataがベルルスコーニ(Silvio Berlusconi)首相の独断的見解を主として反映したことに抗議して、重役会議の30分前に辞職したと報告した。詳細情報はURL(http://news.bbc.co.uk/1/low/world/europe/3683843.stm)で知ることができる。Media Network Weblogは2004年10月21日に、イタリアのコミュニケーション大臣Maurizio Gasparriが公共放送局RAIを2005年春に民営化するため、政府スポンサーになる銀行を探していると発表し、RAIの株式20%は一般の株式市場上で売り出され、2005年4月に通過するメディア法(media law)の変更を要求していると報告した。ただし、危険なのはすでにメディア王として独裁的な権力を手にし、イタリア・メディア界のムッソリーニと言われているイタリアのシルビオ・ベルルスコーニ首相(Prime Minister Silvio Berlusconi)がRAI民営化後に入手するために、メディア法(medialaw)の変更を要求を利用する可能性がある。すでに選挙にマスコミやスポンサーになっているセリエAを利用し、自分の宣伝をして当選しています。公共放送局RAIも入手すると、イタリア人の入手できる情報は、ベルルスコーニ首相の宣伝だけになる。これは恐ろしいことといえる。詳細情報はURL(http://medianetwork.blogspot.com/)で知ることができる。International Herald Tribuneは2007年10月9日に、フランスの文化大臣(French Culture Ministry)Christine Albanelが火曜日に、放送規則の変化がグローバルなテレコミュニケーションとインターネット会社で競争することができ、国内の大きいメディア・グループの出現を容易にすると考えていたと言っていたと報告した。来週にも、4つの領域で規則を見直すために「 プロデューサーと放送局の関係(relationships between producers and broadcasters)」「広告メディア・ルール(advertising rules in the media)」「反集中メディア・ルール(anti-concentration rules in the media)」「公共放送のオーバーホール(overhaul of the public broadcasting sector)」のワーキング・グループが設立される。この1986年放送法改正法案は、2008年第1四半期の終わりに結論が提出される。この改革に対し、投資家達は番組制作コストの削減と広告収入の増大が予測されることから、歓迎したと報告している。つまり、メディア運営企業に取って歓迎される法案と言いうことで、フランス大統領サルコジの仲間が喜んでいることになる。フランス大統領サルコジ(President Nicolas Sarkozy)は、メディア操作で大統領になったと言われていることから、イタリアのシルビオ・ベルルスコーニ首相(Prime Minister Silvio Berlusconi)のメディア政策を思い出す、詳細情報はURL(http://www.iht.com/articles/2007/10/09/business/francetv.php)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=7469)で知ることができる。