仮想行政庁

バーチャル・エージェンシー

ソニーが事業本部制を廃止し、独立性の高いカンパニー制を導入後、横断的な仮想組織制を採用したことにヒントを得て、小渕恵三総理大臣(当時)が、1998年秋の臨時国会で設置を表明し、1998年12月から政府が省庁横断的な取り組みが欠かせないプロジェクトとして発足した、首相直轄のタスクフォースです。

>> さらに詳細な情報はこちら