仮想人間アニメーション技術

humanoid animation technology

ヒューマノイド・アニメーション技術

3D-CGでキャラクターを自然な動きに近い表現ができるようにしたアニメーション技術で、松下電器産業は独自に、人間の動作を歩く、走る、飛ぶといった基本的な動作に分解し、ある動作から次の動作への移行を滑らかにする高次微分型接続技術、膨大な動作データの動作をポイント情報ごとに圧縮して送信する適応型スプライン圧縮技術、全身の46関節の骨格と各関節の角度で動作を表現する関節角ベースデータ構造技術(1種のスケルトン法)を統合して「仮想人間アニメーション技術」を開発しました。

>> さらに詳細な情報はこちら