広東省SMS管理方法

広東省通信短信息服務管理弁法


「中新網」が2003年5月14日に、中国の広東省が、ショート・メッセージ・サービス(SMS)市場の秩序を守り、社会への悪影響を防ぐことを目的に、試験的に実施することを発表したと報道した、「SMS提供者は経営許可を得ること」「電気通信サービス経営者とインターネット情報サービス提供者は経営許可を持たない組織、個人と提携してはならない」「電気通信サービス経営者は提携した経営者の関係資料を省の通信管理局に提出する」などSMSの業務範囲及びその条件を定めた法律の名称。規定では、SMSによる社会への悪影響を防ぐため、SMSの内容は「電信条例」に則り、SMSを利用した詐欺、賭博などの違反行為やその他のユーザーへの迷惑行為を禁止している。さらにシステムからユーザーへ送られるSMSの内容を審査、違反があればすぐに削除し、国の関連機関への報告も義務付けている。詳細情報は中国情報局の中国情勢242003/05/16号のURL(http://news.searchina.ne.jp/)で知ることができる。中新網は2003年9月13日に、SMSの急速な発展によって、法律に違反する内容やプライバシーの侵害、詐欺や電話番号、アドレス盗用などの被害といった社会治安を脅かし、他人の合法的権利を侵害するような状況が表面化していることを指摘し、これらの違法行為に対して法的規制の早急な確立を求めた全国規模の「SMS規制法案に関する建議書」が2003年9月12日、第7回中国国際eコマース大会(中国国際商務大会)で提唱され、各方面からの意見を募集した後に、国務院の立法、司法、行政各関係部門に上申される予定であると報告した。この建議書が認可されれば、強制的な法的規制が設けられることになる。詳細情報はURL(http://searchina.ne.jp/)で知ることができる。中国情勢24 2004/07/19号は北京晨報からの情報として、中国全土でSMSが大流行で、共産党青年団中央、中央宣伝部、中央文明事務局、国務院報道事務局がスポンサーになって創作のSMSを募集し、優秀作品には現金や高額商品が送られる第1回全国青少年ネットワークSMS作品大会が北京で2004年7月15日から11月中旬まで開催さると報告した参加資格は35歳以下なら、中国全土から誰でも応募でき、家族愛や友情、愛情、ユーモアなど、テーマごとに作品を募集している。詳細情報はURL(http://news.searchina.ne.jp/topic/338.html)で知ることができる。中国情報局は2006年1月30日に、新華社が2006年1月29日に伝えた情報として、中国の「春節」で携帯電話のSMSを使って新年の挨拶をする人が4日間で10億本増え、120億に達すると予測したと報告した。中国移動(チャイナモバイル)と中国聯通(チャイナユニコム)の2大通信キャリアはSMSの送信料を0.1元と見積もって、7日間だけで12億元の収入になる。携帯電話の普及は毎年急速で、2000年の送信数は10億本に過ぎなかったが、2005年の送信数は3046億本となっていると報告した。詳細情報はURL(http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=0130&f=it_0130_001.shtml)で知ることができる。