感熱式リライタブル・フィルム技術


量販店のポイントカード向けに実用化している、通常の紙の表面に特殊な染料と化学物質顕色剤を混ぜて発色層を形成し、プリンタでセ氏180度に加熱すると顕色剤が溶融して染料の分子と結合し、文字の部分だけを発色させ、再度、セ氏100度に加熱すると顕色剤が染料から分離して結晶化し、元の印刷されていない紙の色に戻る技術です。

>> さらに詳細な情報はこちら