カキの産地識別システム


宮城県で価格の安い韓国産を「宮城産」として出荷する偽装問題が2002年に発覚し、広島県と並ぶ養殖カキ産地の宮城県漁連で開発を開始した、カキに含まれる脂肪酸の含有量に着目し、種ガキのDNAが同じでも、生育海域の違いで産地の識別が可能になる産地識別システムの俗称。