鏡の中の虚像を空中に実像として結像させる光学素子


独立行政法人情報通信研究機構(NICT)と神戸大学が2006年11月24日に共同開発したと報告した、左右反転した、像のある場所に実際には光が集まっていない「虚像」で、代表的な結像光学素子であるレンズや凹面鏡では作ることができない「鏡の中に仮想的にしか存在していない」映像を空中に浮かんいるように結像する光学素子。詳細情報はURL(http://www2.nict.go.jp/pub/whatsnew/press/h18/061124-2/061124-2.html)で知ることができる。ナノ加工技術を用いて、微小な貫通穴が多数空いている1辺が約100μmの内壁が微細な鏡(マイクロミラー)になっている素子を多数形成した受動光学素子で、穴を通過する光がマイクロミラーで反射されることで鏡映像を作る。素子の裏側に従来の液晶ディスプレイを配置すれば、視点を変えても全く動かない3次元的な位置を持つ空中映像のディスプレイを実現できる。今後は分解能の向上や迷光を取り除くなどの改善を進めていくことになっている。