カメラ付き携帯/2008年


Moco Newsは2008年1月8日に、AdAgeからの情報としてマイノリティ・グループは、非マイノリティよりソーシャル・ネットを利用して、モバイル市場に参入しようとしていると報告した。
AdAgeの調査によれば、全米広告協会は、マルチ・カルチャー・マーケターの38%が、一般市場の広告主の28%と比較して、モバイルを使用しているのが判った。
しかし、現実には非マイノリティが20%に対して、16%がマイノリティがソーシャル・ネットに参加しているだけで、マルチ・カルチャー・グループは昨年に比べて2倍の36%がモバイル市場での展開を計画し、非マイノリティは19%にとどまっていると報告している。
AdAgeは、Forrester Researchからの情報として、その傾向はスペイン系の人に強く、「高度なモバイル活動」を実施していると報告している。
調査会社の3,000人レポートによれば、カメラ付き携帯電話の所有率は、スペイン系の人は非スペイン系の人より多く、65%対48%で、ビデオ付き携帯電話では41%対17%、音楽では42%対15%、インターネット・アクセスでは57%対39%であったと報告している。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8429)または、URL(http://www.moconews.net/entry/419-415-multicultural-groups-turn-more-to-mobile-marketing/)または、URL(http://adage.com/hispanic/article?article_id=122848)または、URL(http://www.forrester.com/rb/research)で知ることができる。
Ananovaは2008年6月4日に、ルーマニアの首都ブカレスト(Bucharest)の警察は、地下鉄でダンスを演じるポーランド・ダンサーを探していると報告した。
乗客の携帯電話カメラで撮影された写真では、ダンサーは魅力的で、学生のような若い女性であったと言っている。
地下鉄がルーマニアの首都を離れて、地下鉄の駅までの間に彼女はダンスを披露している。
彼女のやり方は、プレーするために携帯用のCDプレーヤで、トム・ジョーンズ(Tom Jones)のCan Leave Your Hat Onが流れ、ポールの周りで着ている服を脱ぎ初め、踊る。
乗客が彼女の努力のために感謝を示し、彼女は、次に衣服を身につけて元どおりになって下車していく。
警察のスポークスマンは、彼女を現場で差し押さえられるなら、公然わいせつ罪と公共の物乞いのため、女性罰金が課されると言った。
しかし、彼女が、列車だけで働くように思える彼女を逮捕するために、CCTVカメラなしでで戦っている。詳細情報はURL(http://www.ananova.com/news/story/sm_2878684.html)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9997)で知ることができる。
cellular-newsは2008年9月23日に、ニューヨークの地下鉄で女性のスカートの中をカメラ付き携帯で撮影していた男性を警察が逮捕し、起訴したと報告した。
逮捕のきっかけは、28歳の女性が先月アッパー・マンハッタンの高いステーションに階段を登っているとき、スカートの中を撮影された被害者で、通行人が彼女のスカートの中を撮影したといった容疑者を地下鉄まで追いかけ、電車の中でその男性の写真をカメラ付き携帯で撮影し、その写真を警察のメールで送信し、それまでのいきさつをレポートにして知らせたことがきっかけであったと報告している。
その女性はニューヨークタイムズ(The New York Times)に、「私は警察に通報する予定であると、微笑で彼に言いました。」と言っている。
36歳のアーロン・オリビエリ(Aaron Olivieri)は2008年9月16日火曜日に、不法な監視、性的虐待、およびハラスメント軽犯罪の罰金で逮捕された。
逮捕した当局者は、彼がマンハッタン地下鉄の駅で、女性のスカートの中をカメラ付き携帯で撮影するため待ち伏せていたと言っている。
彼の弁護士Rigodis Applingは、アーロン・オリビエリに面会した後のコメントをしなかったと報告している。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/33752.php?source=newsletter)または、URL(http://www.nytimes.com/2008/09/19/nyregion/19arrest.html?ref=nyregion)で知ることができる。
以前から言われてきたことだが、カメラ付き携帯を使った犯罪が世界中で増えている。
今回は、その容疑者もカメラ付き携帯で撮影された写真が証拠として採用された。
ニューヨークには「Holla Back NYC」というサイトも登場している。詳細情報はURL(http://hollabacknyc.blogspot.com/)で知ることができる。
ただし、間違えるとプライバシー侵害や、別のハラスメントにもなりかねない。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11083)で知ることができる。
cellular-newsは2008年11月23日に、もし奥様のヌードを携帯電話のデジカメで撮影していたら、絶対にどこかに忘れたりしない!
または、削除するように注意している。
アーカンソー州のフィリップ・シャーマン(Phillip Sherman)は大切な奥様(ティナ/Tina)のヌードを自分の「iPhone」で撮影し、ときどき見ては楽しんでいたが、彼は7月にマクドナルド・レストランのフェーエットビル店で自分の「iPhone」を忘れ、大切な奥様のヌード写真がオンラインで公開されてしまったと報告している。
激怒したフィリップ・シャーマンは、マクドナルド社のフランチャイズ所有者と店長を訴えた。
この訴訟は2008年11月21日に、新しい家に引っ越さなければならない苦しみ、困惑、および費用で損害賠償で陪審裁判でUS$300万を求めて起こされた。
フィリップ・シャーマンが7月のフェーエットビル店に携帯電話「iPhone」を忘れ、すぐに店に連絡し、彼が戻るまでそれを安全に管理すると約束したと言っている。
AP通信の取材によれば、マネージャのAaron Brummleyは、コメントを断り、他の会社役員はメッセージを返してこなかったと報告している。
このニュースは、世界中の愛妻家を震撼とさせたようで、世界中で報道されている。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/34776.php?source=newsletter)で知ることができる。