核廃棄物を食って貯め込んでしまう「パックマン」


イギリスのDaily Telegraphが2008年1月16日に、原子サイズの「パックマン(Pac Man)」が核廃棄物を取り込むのを助けるかもしれないと報告した。
新著によれば、水から放射能を取り除く方法のために土台を作ることができて、恐らく「放射能拡散兵器」のウラン廃棄物を溶かし他水を再処理することで、水を清潔にして、さらに「パックマン」がウラン化合物として再利用できるかのもれないと報告している。
エディンバラ大学(University of Edinburgh)の科学者ポリー・アーノルド博士(Dr Polly Arnold)は、科学雑誌ネイチャー(Nature)で、どうこの一般的な形のウランを取って、同封したかについて解説し、それは、これまでの技術よりはるかに反応していて扱うことが、より簡単であると報告している。
新たに発見されたウラン化合物には、パックマンに類似している形であると報告している。
およそ95%の核廃棄物は、潜在的に回復可能のウランで、パックマン分子はクリーンアップの役に立つ、ある水で十分安定はしていないが、この功績は、探るウラン化学の新しい分野があることを示していると報告している。詳細情報はURL(http://www.telegraph.co.uk/earth/main.jhtml;jsessionid=HWHNM5NSKG31TQFIQMFCFFOAVCBQYIV0?view=DETAILS&grid=&xml=/earth/2008/01/16/scipacman116.xml)で知ることができる。
Physics Worldは2008年6月19日に、the International Journal of Low Radiationからリリースされた論文「Abundant health from radioactive waste(放射性廃棄物からのはちきれんばかりの健康)」を紹介した。
これはもちろん、警鐘をならすために書かれた論文であったと報告している。
この論文は、ミズーリ大学(University of Missouri)の生物化学(Biochemistry)名誉教授(Emeritus Professor)のDon Luckeyが書いた。
Luckeyは「放射線ホルミシス」の提案者で、大量投与で死んでも小量放射線量が実際に良い場合があると嫌みを書いている。
その一例は、バーナード・コーエン(Bernard Cohen)による1995年の論議を呼んだ研究で、Luckeyによるとコーエンは、米国の地域に放射性ガスラドンの高いレベル地域に住んでいる人々が、放射線ホルミシスのために肺癌での、死亡例が減っていると報告している。
しかし、2003年に、ジェリー・パスキン(Jerry Puskin)は、これらの領域で喫煙する別の数値を考えることによって、死亡例が減ったことについて説明した。
Luckeyは最新の論文で、このデータを無視したように思えたと報告している。
まさに、科学的データのパラドックスを利用すれば、何でも正当化できる。
つまり、どのデータを採用し、どれを排除するかは、その科学者の裁量にかかっている。
だから、米国農務省がBSEの時に、科学的データが立証していると言う理論を否定した。
ところが、日本の馬鹿科学者と役人はそれに従って、国民を裏切った。詳細情報はURL(http://physicsworld.com/blog/2008/06/abundant_health_from_radioacti.html)または、URL(http://www.inderscience.com/search/index.php?action=record&rec_id=18820&prevQuery=&ps=10&m=or)または、URL(http://www.inderscience.com/browse/index.php?journalCODE=ijlr)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10173)で知ることができる。