環境問題は、米国消費者を動かすボタンではない!?


ヤンケロビッチの社長J.ウォーカー・スミス(J. Walker Smith )は「(消費者)はメディアの関心の十分な供給のために環境問題を非常に意識しています。」が、「彼らの日常生活における環境意識は、巨大な心配でなくて、また高い優先度でもありません。」と結論づけた。
アル・ゴア(Al Gore)の本「An Inconvenient Truth」はメディアと科学者から広範囲の喝采を受けましたが、82%の消費者は、映画を見ないし、またそれを読みません。と言っています。

>> さらに詳細な情報はこちら