海洋温度差発電

OTEC>>Ocean Thermal Energy Conversion


海水のトリックは、まず最初に、暖かい地上水はアンモニアと水のアンモニアか混合物などの低い沸点がある流体を加熱する。
この「加工液」が沸騰すると、結果として起こるガスはパワーを発生させ、タービンを動かすことができるくらいの圧力を引き起こす。
次に、ガスは長さ1000m、直径27mの大規模なファイバーグラスチューブを通した1000mの深層の海洋から空気を入れられた冷水にそれを通すことによって、冷やされ、1秒あたり1000トンのレートにおける冷水へ吸引される。
ガスが再び使用できる液体に凝縮して戻っている間、水を深い大洋に返すことで発電する技術です。

>> さらに詳細な情報はこちら