ギガビット級衛星通信

Giga-bit class Communication Satellite/G-bit CS

Gビット級衛星通信

2005年頃に実用化されるといわれている、LEOの次世代衛星通信といわれる広帯域の衛星通信です。通常の電話回線なら約15,000回線分の容量があり、新聞約1年分の情報が数秒で送信できます。

>> さらに詳細な情報はこちら


ギガビットと一般電話回線、ISDNの伝送速度比較(郵政省資料より)
低軌道衛星群の編隊飛行による地球観測(提供/宇宙開発事業団/NASDA)
標準GPS衛星群の軌跡と衛星可視(提供/宇宙開発事業団/NASDA)
連鎖回帰型衛星群の軌跡と通信可能率(提供/宇宙開発事業団/NASDA)
北半球被覆衛星群の軌跡と測位劣化頻度(提供/宇宙開発事業団/NASDA)
GPS衛星のイメージ(提供/宇宙開発事業団/NASDA)
GPS衛星群が地球を覆う様子(提供/宇宙開発事業団/NASDA)
GIGABIT NETWORKのパンフレット-1
GIGABIT NETWORKのパンフレット-2
GIGABIT NETWORKのパンフレット-3
GIGABIT NETWORKのパンフレット-4
GIGABIT NETWORKのパンフレット-5
GIGABIT NETWORKのパンフレット-6
ロシアとヨーロッパのインターネット・ユーザーの伸び
米国の広帯域通信の伸びと種類の比較
TeleGeography社の世界のケーブルと衛星通信マップ案内ページ
2001年6月現在の北米広帯域通信の現状
ヨーロッパと米国の広帯域ユーザーの2005年予測1
CAIDのインターネットマップCAIDA Skitterのサイト
CAIDのインターネットマップ・ポスター
2001年10月31日の近畿地方におけるブロードバンドエリアの現況
2001年12月のナローバンドとブロードバンドのユーザー比較
米国のPIP reportsが公開したブロードバンド革命調査レポート
Parks Associatesが2002年8月7日に公開した米国のブロードバンド化予測