技術の棚入れ制度


トヨタ自動車が新車開発に必要な新技術の提案を内外の部品メーカーから募るために創設した制度で、部品メーカーからの新技術情報のデータベースを「棚」と呼び、部品メーカーが売り込みたいアイデアや生産技術などを文書で提出すると、社内のコンピューターネット内に設けたデータベースである“棚”に入力し、保管されます。

>> さらに詳細な情報はこちら