球状半導体

球面集積回路IC

半導体はこれまで円盤状のシリコンウエハー上に、複数のICが設計されていたが、ICのコンセプトが生物の細胞であるという原点に立ち返り、自然界に存在している生物の細胞の基本的な形態が全て球体であるというコンセプトから開発されている半導体です。

>> さらに詳細な情報はこちら