偽造・変造犯罪2005年


誰でも安価なスキャナーを購入でき、プリンタも高性能化し、簡単に紙幣の偽造が可能になったことから、2005年正月には全国で偽1万円札が初詣の出店などで使われたと報告し、何100年も続いてきた紙幣という考え方にそろそろ限界がきはじめました。

>> さらに詳細な情報はこちら