巨大メディアと下品番組の関連性


FCCが公開したradio in the years 2000-03から、FCCによって下品だと指摘された罰金の96%を、米国でラジオ番組を提供しているビッグ4が請求され、統計的には、大きなメディアだから品がよいのではなく、大きなメディアほど下品ということになりました。

>> さらに詳細な情報はこちら


FCC
Cat and Dog
映画Ratingシステム
テクハラ
ワードローブの誤動作
バラエティー系番組に対する見解
有害番組
放送と青少年に関する委員会
民主党の提案した「子ども有害情報」
放送倫理・番組向上機構
Deja Vu
民放連の放送基準/第1章〜第9章
民放連の放送基準/第10章〜第18章
民放連の放送音楽などの取り扱い内規
民放連の児童向けコマーシャルに関する留意事項
Cafe Digital
インドの6人の盲人
男と女、女と男、女と女、男と男の接続関連URL
CATaC(Cultural Attitudes towards Technology and Communications)
放送と人権等権利に関する委員会
放送法
フレーマー
巨額な無駄を払い続けるTV広告スポンサー時代の終焉
巨額な無駄を払い続けるTV広告スポンサー時代の終焉/2006年
巨額な無駄を払い続けるTV広告スポンサー時代の終焉/2007年
巨額な無駄を払い続けるTV広告スポンサー時代の終焉/2008年
マスメディアの崩壊と存続への道
マスメディアの崩壊と存続への道-2
マスメディアの崩壊と存続への道-3
マスメディアの崩壊と存続への道-4
マスメディアの崩壊と存続への道-5
マスメディアの崩壊と存続への道-6
広告効果戦争の勃発
冬の時を迎えたテレビ業界?
冬の時を迎えたテレビ業界?2004年-1
冬の時を迎えたテレビ業界?2004年-2
冬の時を迎えたテレビ業界?2005年-1
冬の時を迎えたテレビ業界?2006年-1
冬の時を迎えたテレビ業界?2006年-2
広告による賄賂を解決するテスト