距離画像CMOSセンサー


1つのイメージセンサーで、被写体までの距離を計測し、同時にその「画像」を計測して認識するCMOSチップの総称。シャープは2006年3月23日に、シャープの高性能イメージセンサーを実現する回路設計やプロセス技術と、距離画像センサーに関する基盤技術を保有する静岡大学電子工学研究所川人祥二教授、およびスズキによる、「文部科学省浜松地域知的クラスター創成事業」における産学官共同研究の成果として「距離画像CMOSセンサー」を開発したと報告した。詳細情報はURL(http://www.sharp.co.jp/corporate/news/060323-a.html)で知ることができる。距離と画像を同時に計測するカメラは、これまで2台のカメラを用いた「ステレオカメラ」や、スリット光を被写体に順次照射する「光切断法3次元センサー」などがあっが、いずれもシステムが複雑で小型化が課題あったことから、CCD技術で培った電荷転送方式に基づく特殊画素構造を独自に開発し、加えてCMOSセンサー周辺に装着するLED(発光ダイオード)から被写体へ、ある一定の時間間隔で近赤外光を照射し、その反射光をCMOSセンサーが受光するまでの時間を計測することで距離を求めるTOF方式の採用により、距離と画像を同時に計測することが可能になった。また、高解像度(QVGA[320×240画素])と応答速度(30フレーム/秒)の実現により、距離の計測と同時に高精細な画像を高速で認識できるため、今後は人物位置検出といった家電用途や、侵入者位置検出などのセキュリティ用途、衝突回避支援等の車載用途などの分野で期待されている。