クラシファイド

Classified>.ClassifiedAD

クラシファイド広告

新聞や週刊誌などで、求人、求職、賃貸アパート/マンション、遺失物などの情報を項目別に掲載した3行広告の総称。最近ではインターネットのハイパーリンク機能を利用したクラシファイドが新聞や雑誌より情報が探しやすことや、簡単に利用できることなどで注目され、情報提供会社が急激に成長し、新聞社にとっては大きな収入源の一つであったクラシファイドのシェアがインターネット3行広告に浸食され、新聞社の頭痛の種になってきている。インターネット・クラシファイドには、それ専門に集めたホームページや、電子メールで送りつける電子新聞方式があり、迷惑メールになったり、取引情報がいい加減であったり、同時にトラブルも多かった。ただし、最近では情報ないように責任を持つサイトも増え、新聞などで数行で数万円もする広告費に対し、アニメーションで不動産情報を新聞より安く提供するなど、評判が良くなってきている。また、持ち主がなくしたアイテムを検索して、指定のウェブページに行き、番号を入れる。するとFedEx で、持ち主のもとに品物が郵送されるReturnMe.comというサービスも登場した。日本は新聞社とテレビ局は兄弟のように運営されているが、米国ではまったく別組織であることから、PaidContentsは2007年4月18日に、主流メディアである主に新聞の広告市場に、オンライン・アウトレットおかげでは、テレビ、ケーブル、およびラジオ放送局から人、求職、賃貸アパート/マンション、遺失物などの情報を項目別に掲載した広告分野の侵略を開始したと報告した。日本でも、兄弟のように運営であるからと言って、生き残れるのはどちらかしかないとなれば、そこに弱肉強食の世界が展開されるとも言われている。とくに一時期新聞社は、ビデオ・ジャーナリストの映像をWebで公開したが、映像になれていない新聞社のビデオが貧弱でユーザーに認められなかったが、これは新聞社のテレビ界への挑戦であったことから、次はテレビ界からの挑戦と言うことになる。Classified Intelligenceの調査によれば米国市場のwebサイトが求人案内広告を提供し、そのテレビ局トップ50のうちすべてで、ラジオ局トップ50のうち47社が、MSOトップ5のうち4社が新聞広告市場に侵略を開始していると報告した。国際的にも、ドイツ、イギリス、オーストラリア、カナダで同じような傾向が表れ始めていると報告している。テレビ局のサイトでは、不動産市場がはトップ10の1位で、次に自動車業界、求人案内などに広がって言っている。ケーブルサイトでは特定の消費者を対象とするために、セット・トップ・ボックスに含まれた情報を当てにするVODリストで自然に彼らのビデオ能力を強調しようとしていたComcastには、例えば、マーケターがテキスト、印刷、カタログページ、およびインターネットバナー広告を自動リストに変換することができる「オンデマンドの分類広告」サービスがある。Comcast、Time Warner、Charter、Cox、およびCablevisionのトップのMSOsでは、Charterだけには、どんな就職情報も提供されていなかった。ラジオ放送局の場合では、放送局の場合では、トップ50の市場でオンライン求人案内広告の使用を無視する傾向があり、特に自動車と仕事求人案内では11〜50の市場での浸透は、より多く確認できるようになっていたと報告している。新聞社は、メディア業界からも、これまで安定していた求人案内広告市場の侵略が始まっている。詳細情報はURL(http://www.paidcontent.org/entry/419-online-classifieds-show-potential-as-tv-cable-and-radio-encroach-on-new/)で知ることができる。この傾向は、世界中に広がっていることから、いずれ日本にもやってくる。これは地域密着型の地方新聞には厳しい時代になる。そこで米国では、Yahoo!と地方新聞社の共同商標「Yahoo HotJobs」による広告共同事業が始まったといえる。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=5896)で知ることができる。PaidContentは2007年4月24日に、新聞業界の第1四半期収益を報告し、オンライン広告の収入はほとんどがオンライン求人広告であったと報告した。詳細情報はURL(http://www.paidcontent.org/entry/419-newspaper-earnings-show-slowdown-in-online-ad-growth-report/)で知ることができる。しかし、Dow Jonesからの報告によれば、NYTCO、Gannett、およびTribuneの収益でインタラクティブ広告が予想通り成長しなかったと報告している。詳細情報はURL(http://online.wsj.com/article/SB117728518713678464.html?mod=mm_media_marketing_hs_left)で知ることができる。WaPOが第1四半期収益をリリースする準備中に、4分の1の新聞でオンライン広告の成長が全面的に遅くなっていると報告した。Borrell Associatesの分析によれば、新聞のためのオンライン広告支出が2006年より、20〜28%下落すると予測している。EMarketerは、米国オンライン広告収入の総合的な成長が、2006年に30.8%であったのが。2007年には18.9%と成長率が遅くなると予測している。テレビ局と雑誌のWebサイトからの競争は新しい挑戦となり、PaidContentが先週報告したようにカテゴリーが重なり、新聞が苦戦すると予測している。さらにMySpaceが最近始めらたニュース機能のようなサイトにより、広告主が、より真剣にブログとニュースグループを受け止めはじめていると報告した。詳細情報はURL(http://www.paidcontent.org/entry/419-online-classifieds-show-potential-as-tv-cable-and-radio-encroach-on-new)で知ることができる。これらにより、さらに新聞のオンライン広告は苦しい立場に立たされている。今までのところ新聞で最も強いと判明した領域であるバナー広告、ポップアップ、およびリストは検索マーケティングのような攻撃に負けている。新聞社の中には、先週拡大を発表した「Yahoo Newspaper Consortium」のような取引を始めると、彼らの新聞広告主導権が彼らの管理で抑えられることを心配し始めている。詳細情報はURL(http://www.paidcontent.org/entry/419-yahoo-newspapers-ad-services-to-be-phased-in-over-the-year)で知ることができる。オンラインで広告費を動かすことになると、マーケターをより納得させる必要があり、JupiterResearchによると、2006年にUS$5億以上を売り上げた米国広告主273を対象にした調査では、67%が広告費にUS$100万未満であったと報告している。この情報は米国の新聞業界のことであるが、いずれ日本にもやってくる状況であり、新聞自体の売り上げが毎年落ち込み、さらにオンライン広告も落ち込みはじめると、まったく新しい新聞の展開を考える必要が出てきている。新聞社が、このような急速な市場の変化に対応できるか?これまで、あぐらをかいていたと言われる新聞社の体質改善が本当にできるのか?という段階に来た。また、NAA(Newspaper Association of America/米国新聞協会)は2007年4月23日に、Nielsen//NetRatingsがまとめた分析を発表し、2007年第1四半期の新聞サイトのユニークビジター数は平均で月間5900万人を超え、集計を開始して以来の過去最高を記録した。ページビューも平均で月間30億近くとなり、前年同期の27億弱を大きく上回ったと報告した。詳細情報はURL(http://www.naa.org/sitecore/content/Global/PressCenter/2007/ONLINE-NEWSPAPER-AUDIENCE-SETS-RECORDS.aspx?lg=naaorg)で知ることができる。


インターネット3行広告
東京クラシファイド・オンライン
デジタル広告
バナーエクスチェンジ
インターネット広告
インターネット広告/2004年
電子雑誌
バーチャル・モール
ネットワーク仮想都市
CD-ROM
CD-ROM出版
ゲーム機内広告
インターネット懸賞ページ
J-Magazine
Cybergold
ハイテクのみの市
インターネット専門の広告代理店
サイバー・コミュニケーションズ
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
ILAC
AdAgent
アド・オン・ザ・フライ
Ultramatch
ProntoMail
バナーエクスチェンジ
Cyber Agency
ClickTrade
クラシファイド
ダブルクリック
ナビプラス
バナー広告
VirtualTAG
インターマーシャル
VRML広告
Java広告
cci AD Network
ValueClick
Present Pocket
IAA
FTCの電子メディア広告規制提案
Jupiter Online Advertising Forum
VRML97
NTT-ME情報流通
メルマガCMエクスチェンジ
インターネット広告関連URL
Web広告研究会
インターネット広告推進協議会
コミュニティーウェブ
ES@SCHOOL
ネット・マンション
インセンティヴ還元型広告システム
DDCD
e-Mansion
公団住宅の高速インターネット環境構築計画
eAds
インターネットと新築共同住宅情報化標準
インターネットマンション協議会
アドワーズ広告
エモーショナル・マーケティング
PPCSE(Pay Per Click Search Engine)
遺失物発見時通知&回収サービス
AA(Advertising Association)
WAA(Wireless Advertising Association)
kijiji
Visual Google
ネット価格基本方程式
NNN(Newspaper National Network)
NAA(Newspaper Association of America)
WPNI(Washingtonpost.Newsweek Interactive)