現在の米国ジャーナリズムが死ぬとき!?


FCC(Federal Communications Commission/米国連邦通信委員会)のチェアーマンKevin MartinがFCCのメディア所有権規則の正式なレビューを再展開するために、2006年7月25日に発行した「提案された規則策定のさらなる通知 (Further Notice of Proposed Rulemaking)」では、あいまいだが、意図は明確で、いくつかの巨大なメディア会社が単一市場で、よりローカルのテレビ・チャンネル、放送局、および新聞をなくそうとしていることから登場した予測。Los Angeles Timesは2006年8月5日にNorman LearとRobert W. McChesneyによる「Does Big Media Need to Get Any Bigger?(現在のビッグ・メディアが、さらに大きくなる必要があるのか?)」を公開し、ここ25年間、テレビ、映画、音楽、ラジオ、ケーブル、およびインターネットを支配する会社の数は約50の大規模な握りのコングロマリットにまでやせ細っていて、それをさらに加速させ、 「メディア企業城下町」の最初の死傷者はジャーナリズムになると予測した。「提案された規則策定のさらなる通知(Further Notice of Proposed Rulemaking)」では、あいまいだが、意図は明確で、いくつかの巨大なメディア会社が単一市場で、よりローカルのテレビ・チャンネル、放送局、および新聞をなくそうとしていると報告している。FCC(Federal Communications Commission/米国連邦通信委員会)もチェアーマンKevin Martinの主な目標として、ラジオとテレビ局と同様に同じ領域の主要な日刊新聞を所有する1つの会社を禁じる「新聞放送の交差した所有権」を廃止することで、1つの会社は、より小さい市場で1つ以上のテレビ局を所有し、最も大きい都市で2以上を所有しているのを許す方向で検討している。その変更が承認される場合、1つの会社が同じ町で主要な日刊新聞、8つの放送局、および3つのテレビ局を所有することも可能になり、ステーションが複数の信号を放送するのを許容して、一度、デジタル・テレビ変遷は2009年に終了し、1つの会社が単一の都市の12か18のテレビ・チャンネルさえ監督することができるようになり、Bigメディアの登場により、結論として、メディア情報のコントロールが容易になり、良いことはいつも良いというわけではないという基本が崩壊すると忠告している。詳細情報はURL(http://www.latimes.com/news/opinion/commentary/la-oe-lear5aug05,0,2464261.story?coll=la-opinion-center)で知ることができる。もっとも、日本のメディアはすでに、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞に日経新聞を加えた、4大メディアが系列のテレビ、ラジオも所有し、これから米国が向かうBigメディア時代に突入し、メディアが流す情報を完全にコントロールできるようになって、日本のジャーナリズムはすでに死んでいるのかもしれない。だからこそ、日本のメディアが流さない情報で、世界のメディアが重要視している情報を知ることができる環境が必要になってきている。