Llog(Lifelog) project

ライフログ・プロジェクト

米国国防総省のDARPAに所属するIAOが計画していた、送信した電子メールや読んだ雑誌、クレジットカードによる支払いなどの情報などをすべて索引で検索できるログとして登録され、さらに行動の一部始終をカメラに記録し、情報の入手日時、GPSからの位置情報を添付するなど、個人情報をデータベース化する国民データベース計画プロジェクトでした。

>> さらに詳細な情報はこちら


DARPAのIAOによる計画立案書
TIA Systemのパンフレット
TIA Systemの全体像
Babylon(多言語認知システム)
Bio-Surveillance(生物兵器認知システム)
Communicator(コミュニケーション・システム)
EARS(Effective, Affordable, Reusable Speech-to-Text)(会話のテキスト化システム)
EELD(Evidence Extraction and Link Discovery)(証拠抽出と関連の発見システム)
FutureMap(Markets Applied to Prediction))(未来市場予測システム)
Genisys(Bio-SurveillanceのFY02として導入されることになった巨大リソース検索システム)
Genoa(情報技術の一環として、国家レベルでのインテリジェンス・コミュニティのテーマ別検索システム)
Genoa II(Bio-SurveillanceのFY02)として導入されることになった、ターゲット絞り込みシステム)
Human ID at a Distance (HumanID)(人の認証システム)
TIDES(Translingual Information Detection, Extraction and Summarization)(言語翻訳システム)
WAE(Wargaming the Asymmetric Environment)
外務省が2002年11月20日に公開した「生物兵器禁止条約(BWC)強化のための作業計画に関する合意(概要と評価)」
2002年に国土安全保障関連のITに費やした予算
GAOが2003年3月18日に公開したITサービスにおける契約書について
GAOが2003年3月18日に公開した中小企業の契約書
GAOが2003年7月15日に公開した、国境安全管理について実験した結果
Richard J. Hillmanが実施した個人情報追跡実験結果報告
GAOが2003年8月13日に公開した、未来の戦闘システムとして計画構築案
GAOが2003年9月3日に公開した、米国国防総省との契約と金の流れ調査報告書
GAOが2003年11月4日に公開したクレジットカードに関するレポート
GAOが2004年1月8日に公開した、入国審査とテロに関する調査報告書
国境警備に関して顔写真の認証だけではリスクが高すぎるとしたRandolph C. Hiteの実証実験レポート
Barbara D. Bovbjergによる顔面認証に関する長期計画としての実証実験レポート
Kevin W. Bowyer教授の顔認識技術とセキュリティ対プライバシーの考察
Kevin W. Bowyer教授がSIAC(Summer Institute for Advanced Computation)2002で紹介したプレゼンテーション
Kevin W. Bowyer教授がSIAC(Summer Institute for Advanced Computation)2003で紹介したプレゼンテーション
最終版THE 9/11 COMMISSION REPORT
最終版THE 9/11 COMMISSION REPORT前にEPICがした証言
THE 9/11 COMMISSION REPORT関連サイト
GAOが2004年8月2日に公開した2002年9月30日からの米国防衛財産目録
DARPAが公開したASSISTについて
外務省が2004年10月1日に公開したリリース
国際民間航空機関機械読取渡航文書専門家会合新技術作業部会の情報提供依頼
NHTCUが公開した「NOP Survey 2005 - The Impact of Hi-Tech Crime on UK Business」
ECJが2006年5月30日に公開した判決リリース