MEDIA TOWER

メディア・タワー

富士通、日本経済新聞、日経BP、NHK情報ネットワーク、JTB情報開発の5社が提供する企業を対象に、新しい動画を利用したスタイルのマルチメディア情報サービス共同実験の名称。各社が所有している情報とパソコンの検索・分類・整理といった機能を組み合わせ、放送、新聞、出版というそれぞれのメディアから関連のある情報を横断的にリンクさせることによって、それぞれのメディアから個別に得られる情報より、多角的に追及できる情報サービス。コンピュータ・新聞・出版・放送・旅行業界が初めて共同で各メディアを横断的に情報を相互にリンクさせ、より深みのある動画情報として提供する実験で、新しいメディアMIXと呼んでいる。この実験は、NTTマルチメディア共同利用実験で提供される150MbpsATM高速回線を使ってスタートし、将来は、すでに商用化されているISDN(64Kbps、1.5Mbps)を使って配信されたり、CD-ROMのようなオフ・ラインの媒体を経由したサービスにも取り組む予定である。映像情報が表現力や訴求力を持っている反面、一過性、非保存性、膨大な情報量といった特性も持っている。そこで、IP各社が所有している質の高い情報(コンテンツ)とオフィスに普及したパソコンが持っている検索・分類・整理といった優れた環境をネットワークして、新しいマルチメディア情報サービスとして可能性を追及している。