Microsoft Money

マイクロソフトマネー

米国のMicrosoft社から1991年に発売されたホーム・バンキング・ソフトの名称。Microsoft社がWWW上で提供している、金融情報サービスはMicrosoft MoneyZoneという。MSNで公開されている投資家向けの情報などへのリンクがあったり、Dr.Moneyと呼ばれる謎の人物にいろいろと質問できる。Microsoft Moneyは7カ国語版をリリースして世界中で年間1000万セットが出荷されている。Money 97はインターネットなどのネットワークを通して金融機関と取引をするための規格OFC(Open FinancialConnectivity)を採用し、1996年10月に発表したWindows 95対応のホーム・バンキング・ソフトで、口座などの収支の一元管理、資産目標やライフプランのシミュレーション機能などを備え、初心者でも簡単に自分の資産をパソコンで管理することがでる。同種のソフトには米国のIntuit社のQuickenなどがある。Money 98では、クレジットカード利用情報に直接アクセスできるようになり、これらのカードの利用者はMoney 98またはカード発行会社のウェブサイトからカード利用情報を無料でダウンロードして、ソフトウェアに取り込むことができる。同様の機能はQuicken 98にも搭載されている。詳細情報はURL(http://www.Intuit.com/quicken98/)で知ることができる。日本では個人的に細かな資産管理を行っている人がまだまだ少ないため、発売が遅れていたがアジアの言語で初めて日本語版を1998年7月25日に発売した。詳細情報はURL(http://www.microsoft.com/japan/products/money/)で知ることができる。この日本語版は、ANSER-SPCによる個人向けサービスを行なっている都市銀行、地方銀行、信用金庫など83社とユーザーが契約をすれば、すぐにでもホームバンキングサービスを利用できる。また、インターネットを利用した金融情報提供サービスは、野村総研と日経BP社が株価情報などを提供する。Microsoft社は1998年8月10日に財政管理ソフトMoney 99 Basicと株価情報を簡単に入手できるMoney 99 Financial Suiteを発表した。詳細情報はURL(http://www.microsoft.com/presspass/press/1998/Aug98/M99lnpr.htm)で知ることができる。米国では、インターネットバンキングサービスを提供している金融機関の60%が、Money用の電子明細をダウンロードできるようになっているが、日本でもこれまでANSER-SPC経由で電子明細をダウンロードできたが、専用のネットワークにダイヤルアップ接続する必要があった。そこで日本法人のマイクロソフトは、インターネット経由でMoney用の電子明細をダウンロードできるようになると1998年10月22日に発表した。対応するは、1998年10月29日より野村證券の「野村ホームトレード(証券総合サービスCコース)」、11月24日より住友銀行の「WEBダイレクト」、NTTデータが金融機関向けに提供している「ANSER-Web」で、Money用の明細書をダウンロードできるようになる。詳細情報はURL(http://www.microsoft.com/japan/products/money/ofx/default.htm)で知ることができる。ソフトバンクの子会社であるSoftbank Services社が運営し、インターネットを利用して実施している英語版のMicrosoft Moneyのユーザー向けのアップグレードサービスで、Softbank Services社が用意したサーバーに、ユーザーに送られたIDを打ち込むこと本人確認として氏名や住所、電話番号、メールアドレスが表示されるが、ユーザーが間違えてIDを打ち込むと、そのIDに対応した他人の氏名や住所、電話番号、メールアドレスが表示されてしまうという事態が発生した。お金に関係するMicrosoft Moneyの個人情報漏洩事件だけに、認証機構の設計ミスという単純な問題ではない、ソフトバンクの技術的弱点が漏洩したことにもなる。また、ドイツのMicrosoft Deutschland社では、Money 99を利用してオンラインバンクでEuroに交換した場合、交換率の計算でバグがあることが発見され、全アプリケーションを1999年2月に回収し、バグフィックス・バージョンを4月に配布することを発表した。日本法人のマイクロソフトは1999年10月21日に「Microsoft Money 2000」日本語版を1999年11月12日に発売することを発表した。詳細情報はURL(http://www.asia.microsoft.com/japan/presspass/releases/102199mone.htm)で知ることができる。デルコンピュータは、デスクトップPC「OptiPlex GX100」に、松井証券、今川三澤屋証券、日興ビーンズ証券、Eトレード証券の顧客向けにカスタマイズした「Microsoft Money 2000」搭載モデルを発表した。詳細情報はURL(http://www.dell.com/jp/dell/news/991117.htm)で知ることができる。Microsoft社は2000年8月14日に、米国で「Money 2001 Deluxe」と「Money 2001 Standard」の出荷開始を発表した。日興証券系ネット証券の日興ビーンズ証券とIT証券は2000年12月26日に合併契約書に調印し、2001年3月12日に合併することになった。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2003年7月31日に、銀行、家、市街地などで求められる一般ユーザーの個人情報の入手後の処理、エラー情報の管理などとそれらの流れについて、Richard J. Hillmanが実施した実験結果報告「Consumer Credit: Limited Information Exists on Extent of Credit Report Errors and Their Implications for Consumers, statement for the record by Richard J. Hillman, director, financial markets and community investment, before the Senate Committee on Banking, Housing and Urban Affairs. GAO-03-1036T」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-1036T)で知ることができる。Yankee Groupは2004年1月28日に、従業員数が500人未満の600社の企業を対象に、アンケート調査した結果から、中小規模の企業の約43%が、Microsoft社の製品とサーバーに「過度に依存する」ことに対して不安を抱き、調査対象企業の72%が、業務にMicrosoft社製品の影響力を小さくするために、ほかのベンダーを検討したいと答えていると発表した。詳細情報はURL(http://www.yankeegroup.com/public/news_releases/news_release_detail.jsp?ID=PressReleases/news_01282004_smb.htm)で知ることができる。


LSIの設計効率の歴史
インターネットユーザーのオンライン金融の利用率
1999年に米国でオンライン・バンキングだけを利用した人の割合
eBanking Reportの表紙
アジアのインターネット利用環境
アジアのインターネット・ジャンキー
米国の年齢別インターネットユーザーの利用時間
2000年9月のアジアe-commerce環境
Jupiterのオンライン支払いの伸び予測
NetValueが2000年12月15日に発表したアジアのインターネット状況
米国の14〜17歳の子供が大人向けサイトを訪ねる割合
ICカードの種類
Roper Starch Worldwideの米国人のインターネット・ライフ情報
オンラインで利用される米国のクレジットカード登録とその他
Jupiter Media Metrixが2001年3月に調べた米国企業のオンライン資産
2000年7月と2001年7月のオンライン銀行利用の比較
米国のIDカード
GAOは2001年10月31日に公開した「Brain Fingerprinting」に関する調査報告
GAOが2001年11月30日に公開したカード地獄とカード天国
米国の国境で利用されているバイオメトリックスに関するレポート
日本証券業協会が2002年11月29日に公開したインターネット証券取引調査結果
Richard J. Hillmanが実施した個人情報追跡実験結果報告
GAOが2003年11月4日に公開したクレジットカードに関するレポート
Yankee Groupが2004年1月28日に公開した、中小企業のMicrosoft社不安
Privacy Internationalが2004年4月27日に公開したIDカードとテロリズムに関するレポート

ネットワーク・バンキング
Open Internet Banking Solutions
Open Financial Connectivity
OFC
Multiple Acquiring
WEBダイレクト
バーチャル銀行
ファーム・バンキング
パソコン・バンキング
インターネット銀行
テレフォン・バンキング・システム
パソコン・バンキング
デジタル・キャッシュ
電子サイフ
First Virtual Bank
ホーム・オフィス
SIPC
ダイレクト・バンキング
エレクトロニック・バンキング
マルチメディア・バンキング
First Virtual方式
AOLバンキング・センター
Open Internet Banking Solutions
mbanx
CCOL
EBKids
SET
電子マネー
STT
RSA方式
SEPP
スマート・チェック・バーチャル・バンク
アコシス
BOS
怪文書/BRUTE-FORCE CRYPTANALYTIC ATTACKS
認証実用化実験協議会
SWIFT
MY-ELLTY
CommercePOINT
EMV
ICカード・インターネット認証システム
EMV
JapanNet
MONDEX
CCS(Card Call Service)
Merchant Server
vPOS Merchant Software
米国の電子暗号化技術国外輸出
クレジットカード決済システム
Crypto card
サイバーチップシステム
ICカード
CATV決済サービス
MilliCent
IOTP
e-cash
電子マネー被害
ビットキャッシュ
銀行取引プロトコル
全銀協手順
e-debit
電子マネー及び電子決済の環境整備に向けた懇談会
第二種銀行
Java
倒産確率算定システム
フルサービスの発展に向けて
コンビニ収納代行システム
HyperWave
WebMoney
Multiple Acquiring
スーパーキャッシュ
レンダリング・エンジン
Raptor
ECOMの電子商取引向けICカード利用ガイドライン
ECOMの電子商取引向けICカード利用ガイドライン
VeriSign On Site
ニフティサーブ
NetCommerce START
D-Jet
シングル・サインオン
SecureVision
B to C
Open Platform Users Group
VISA Open Platform
50ドル・ルール
渋谷スマートカードソサエティー・プロジェクト
スクラッチカードタイプの決済システム
Bolero Operation
ANSER-WEB
ワンストップ金融サービス
地銀サイバービジネス研究会
Windows DNA
プライバシーマーク制度
個人情報保護マーク
ネットワーク上のプライバシー侵害問題
FTCのインターネット・プライバシーに関する提案
1998年5月14日のゴア副大統領(当時)の講演
U.S. Consumer Gateway
P3プロジェクト
P3 Project Overview
W3C
OPS
電子商取引
電子印鑑
電子印鑑証明書
ICカード・インターネット認証システム
オンライン・サインアップ
CAFIS
クリッパー・チップ計画
ネットワーク上のプライバシー侵害問題
Vチップ
シークレット・キー方式
パブリック・キー方式
RSA方式
デジタル・キャッシュ
PGP
ゼロ知識証明
ネットワーク・セキュリティ・サービス
DES(Data Encryption Standard)
AES
偽造・変造犯罪
サイファー・パンク
S-HTTP
SSL
MISTY
ブロック暗号
デジタル署名
デジタルIDセンター
MY-ELLTY
電子取引法制に関する研究会
怪文書/BRUTE-FORCE CRYPTANALYTIC ATTACKS
SECE
サイバー・テロ
キー・リカバリー方式
OM-Transact
Web Marketing Solution
SecureBuy Service
認証実用化実験協議会
ICカード取引システム研究開発事業組合
EMV
SET
カオスインフォガード
JapanNet
KES
フィルタリング機能の検討案
PICS(the Platform for Internet Content Selection)
Safety-Net
RSACi
Actra OrderExpert System
性とメディア
Cyber Patrol Coporate
vPOS Merchant Software
バーチャル・アイデンティティ
バーチャル・セックス
仮想現実タレント
デザイナー・リアリティ
米国の電子暗号化技術国外輸出
電子署名法
多目的ICカード
Infoket
ネットパス
CA
MULTI
CAM(Content Access Manager)
クレジットカード決済システム
ICカード・インターネット認証システム
暗号技術
Crypto card
フィルタリング・システム
RC
バイオメトリックス
メリーランド州のネットハラスメント防止法案
サイバートラスト
非接触型フリーパス乗車システム
クレジットカード不正使用問題
国際暗号協定
MilliCent
IOTP
CPS
サイバー法
電子取引法制の中間報告書
インターネット・ビジネス専用保険
Manhattan Cyber Project
個人情報の保護に関するガイドライン
電子サミット
GROUP OF SEVEN STATEMENT ON ECONOMIC
デンヴァー・サミット7ヵ国声明
Pandesic
米国のRating Ruleに関するガイド
Privacy Assured
電子商取引等検討部会
電子商取引等検討部会の中間とりまとめ
FBI長官の不安と願望
NCSA(National Computer Security Association)
消費者取引研究会
モデム・ハイジャック
フューチャーネットワーク
レイティング・データベースの稼働
レイティング・データを知るための方法
米国の過激な学校のフィルタリング規制法案
BAPI
FCCのVチップ規則
プライバシーマーク制度
PGML
EPOC(Efficient PrObabilistiC public-key encryption)
NSAFER
トリプルDES
キー・リカバリーなしのトリプルDES輸出認可
ebase
メール脅迫者
データベース保護法案
D-Jet
シングル・サインオン
SecureVision
B to C
通産省のマルチメディア・コンテンツの公募
プライバシー保護研究会
オールインワン
Open Platform Users Group
VISA Open Platform
50ドル・ルール
1998年6月4日にFTCが公開したプライバシーの報告書
富士通ネットワーク監視センター
Online Privacy Alliance
バンダル
ネットワーク上の人格
米政府の暗号輸出規制緩和
プライベート・ドアベル方式
企業間電子商取引推進機構
1998年7月21日にOPAが公開した個人情報保護の施策
鍵長
全数探索法
差分解読法
安全性評価指標
E2
スクラッチカードタイプの決済システム
e-ticketカード
都営交通キャッシュレス実験
DJN/R
DJHELP
DJIA
DJNEWS
DJIN
DJND
DJINS
MULTOS
Web Money
AppleEvent over IP
ナスダック・ジャパン
電子署名・認証法
利潤証券
Java Card
サイコロジカル・ライン
株式分割
M2card
ポール・アレンのMicrosoft社退任リリース
バーチャルタレント・オーディション2001
2000年10月2日にNISTが発表したAESリリース
GEML(Gene Expression Markup Language)
ジョブユニティ
FeliCa
Edy
接触・非接触共用ICカードの公開鍵暗号
顔面認識
chatterbot
ENIAC-on-a-Chip Project
Identrus
ドイツの大学ICカード学生証
iPROVE
電子署名・認証利用パートナーシップ
Digital Pearl Harbor
FISA
CPN(Controlled Payment Number)
バイオメトリクスセキュリティコンソーシアム
Pay-as-you-go
電子スリ
チェリー・カード
PASMO
暗号の2010年問題