Moonv6プロジェクト

Moonv6 Prpject


IPv6の普及促進を目的とするNAV6TF(North American IPv6 Task Force)、UNH-IOL(University of New Hampshire Research Computing Center InterOperability Laboratory/ニューハンプシャー大学コンピュータ調査センターInterOperability Laboratory)、Internet2、JITC(Joint Interoperability Testing Command)や米国国防総省(DOD/Department Of Defence)関連の組織が共同で運営するネットワーク・プロジェクトの名称。詳細情報はURL(http://www.moonv6.org)で知ることができる。UNH-IOLについてはURL(http://www.iol.unh.edu/)で知ることができる。NAV6TF(North American IPv6 Task Force)は2004年3月8日に「North American IPv6 Task Force Kicks Off Next Phase of Moonv6 -- World's Largest Multi-Vendor IPv6 Network to Be Permanently Deployed」を発表し、2004年3月7日から19日にかけ、世界最大規模のマルチベンダIPv6試験ネットワーク「Moonv6」を使った第2段階の試験を開始した。試験終了後もMoonv6はネイティブIPv6バックボーンとしてそのまま継続運用することになった。詳細情報はURL(http://www.marketwire.com/mw/release_html_b1?release_id=064093)または、URL(http://www.nav6tf.org/)で知ることができる。