1セグメント放送

1Seg>> Mobile TV>>ISDB-T SB

1セグ放送>>ワンセグ

携帯電話やPDAを使い、簡易動画やデータ放送を視聴できる移動体向け放送サービスの総称。
地上波デジタルTVは1つのチャンネルが13の「セグメント」に分割され、これをいくつか束ねて映像やデータ、音声などを送信している。
通常画質の放送(SDTV)は4セグメントで済むため、3つの異なる番組を1つのチャンネルで同時に放送することが可能で、このセグメントのうち、1つが移動体向け放送に予約されていることから命名された。
「1セグメント放送」の帯域は通常放送の1/4と狭いため、低解像度・低ビットレートの映像しか伝送できないが、通信との融合など新たな試みができるのではないかと期待されている。
日本放送協会および在京民放5社は2004年3月24日に、地上デジタルテレビ放送における携帯受信端末向けサービス「1セグメント放送」の映像符号化技術に「AVC/H.264」を採用することで合意したと発表した。2006年3月より、携帯電話やPDAなどのモバイル機器で視聴できる、地上デジ
タル放送1セグメント放送サービスの開始が予定されていることから、シャープは2005年6月2日に、業界最小・最薄サイズ(10×10×1.4mm)を実現した地上デジタル1セグメント放送受信用フロントエンドモジュール「VA1A5JZ9902A」を開発したと報告した。詳細情報はURL(http://www.sharp.co.jp/corporate/news/050602-a.html)で知ることができる。
地上デジタル放送推進協会は2005年9月27日に、地上デジタルテレビの1セグメント放送の開始日を2006年4月1日から開始すると正式発表し、開始するのはNHK及び日本テレビ放送網、テレビ朝日、東京放送、テレビ東京、フジテレビジョン、テレビ埼玉、千葉テレビ放送の関東民放7社になると報告した。また、愛称は「ワンセグ」になった。詳細情報はURL(http://www.d-pa.org/information/info_05092704.html)で知ることができる。
2008年には「1セグメント放送」向けのオリジナル番組編成が解禁になる。そこで注目されるのは、携帯電話で受信できる「1セグメント放送」は、その地域のローカル局だけになり、地域に密着したコンテンツが放送ができるようになると言うことで、同時に地域に密着したオンラインショッピングも送信できるようになり、これまでの東京キー局に依存してきた放送からの転換点になる可能性を含んでいることになる。
CATVが一時期インターネット接続サービスを開始して、一気に黒字に転換したが、その後の対応のまずさで光ファイバーによるインターネット接続にマーケットを乗っ取られたが、このような失敗をしないためにも、十分に考慮してインタラクティブな放送による地域密着情報の配信を行う時代が来ることになった。さらにこの考え方は地上波デジタル放送にも波及する可能性を含んでいる。
そこで登場するのがこれまで東京キー局の買収に乗り出した企業がローカル局をターゲットに修正したM&Aといえる。当然、ローカル局同士の共通コンテンツの提供による収益の確保も焦点になるだろう。
「放送と通信の連携」は、ローカル局にとって新しい社会の入り口になる可能性を含んでいると同時に、従来からの古い考え方では乗り切れない問題も噴出することになるだろう。いずれにしろ、2006年4月1日からから2008年に大きな波が来ることだけは確実といえる。KDDIは2005年12月15日に、日本で初めて「1セグメント放送」対応の三洋電機が開発したWIN携帯電話端末「W33SA」を発表した。詳細情報はURL(http://www.kddi.com/corporate/news_release/2005/1215/index.html)または、URL(http://www.au.kddi.com/seihin/kinobetsu/seihin/w33sa/)または、URL(http://www.sanyo-keitai.com/au/w33sa/index.shtml)または、URL(http://www.sanyo-keitai.com/au/w33sa/feature/digi-tv.shtml)で知ることができる。
KDDIはさらに日立製作所が開発した「1セグメント放送」対応の「W41H」も2006年2月15日に発売した。ソニーは初のワンセグチューナ搭載可能なノートPC「VAIO type T」を「ソニースタイル」で2006年1月14日より発売した。詳細情報はURL(http://www.jp.sonystyle.com/Style-a/Product/T/)または、URL(http://www.jp.sonystyle.com/Style-a/Special/T/1seg/index.html)で知ることができる。
日立製作所ユビキタスプラットフォームグループは2006年1月19日に、「ワンセグ」に対応した、音楽も楽しめるフルスペックケータイ「W41H」を開発・製品化し、KDDI、沖縄セルラー電話への納入を開始すると報告した。詳細情報はURL(http://www.hitachi.co.jp/media/New/cnews/month/2006/01/0119.html)で知ることができる。
野村総研の未来創案は2006年1月20日号で、情報・通信コンサルティング一部の葛島知佳が書いた「ワンセグの普及予測」を公開した。詳細情報はURL(http://www.nri.co.jp/publicity/n_letter/2006/pdf/nl20060101.pdf)で知ることができる。
8台のカメラ付き携帯で撮影した映像だけで2005年12月に11日間にわたって制作された、ヨハネスブルグの街を車で流す売春斡旋人「シュガーマン」と高級娼婦たちのクリスマスイブの出来事を描いた映画「SMSシュガーマン(SMS Sugar man)」が南アフリカで公開されることになった。
制作したカガノフ(Aryan Kaganof)は、南アフリカの低予算映画の6分の1程度にあたる100万ランド(約1900万円)弱ででき、携帯電話は映画の中でも重要な意味を持ち、「娼婦たちとシュガーマンは、携帯電話を命綱のようにしてつながっている」と説明している。詳細情報はURL(http://smssugarman.com/)または、URL(http://www.kaganof.com)で知ることができる。
松下電器産業は2006年2月6日に、初めてワンセグ対応チューナーのほかに地上アナログ放送チューナーも内蔵したポータブルDVDプレーヤー「DVD-LX97」「DVD-LS91」を発表した。詳細情報はURL(http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn060206-1/jn060206-1.html)で知ることができる。
Broadcasting&Cableは2006年2月20日に、Allison Romanoのコラム「Declaration of Independents」を公開し、多くの巨大TV局が直面しているデジタルTV問題について、地方の独立系TV局は、復活を楽しんでいると報告した。
つまり、2006年9月にWBとUPNがCWネットワークを形成するために100人以上を解雇することになれば、その数だけ地方の独立系TV局は人材が倍増し、確保が容易になる。
いくつかの地方の独立系TV局は、CWとの提携を拒み、ネットワーク系列と異なって、1日24時間、1週間あたり7日間それらのスケジュールをいっぱいにして、絶えず、広告主に売らなければならなくなる。独立局は、さらに配給された製品を買わなければならないか、またはローカル・ニュースか特別番組を作り出さなければならない。独立局は1970年代と80年代に、映画、ポピュラーなテレビ番組と野球の試合の再放送を提供して、繁栄した。
しかし、フォックスが1986年に創設され、WBとUPNは1995年に創設され、両方が多くの独立局をを取り込んで系列をネットワークでつなぎ、1990年代には、ケーブルの爆発的な需要で、何10個ものチャンネルが一日中同様の番組を提供し続けた。ほんのいくつかは独立プロのまま国内に残って、点在し、最も協力な独立局の何社かは前のネットワーク系列に戻った。有益な独立局は成功のために大きいネットワーク系列に対して、「超-ローカル・ニュースと熱いシンジケートの組織化」「パッケージと販売促進」「新しい広告の獲得」という3つの重要な要求を出すことになると分析している。これまでの地方独立系TV局が奴隷化からテレビのデジタル化で解放され、独自の活動ができる環境の拡大を求め、動き出した。これからは、全く未知のテレビ社会が起こり始める。
日本でも「地デジ」「ワンセグ」で、中央集権テレビ体系が大きく変化する時代がやってくる。詳細情報はURL(http://www.broadcastingcable.com/article/CA6308643?display=Feature&referral=SUPP)で知ることができる。
NTTドコモは2006年2月21日に、NTTドコモ初のワンセグ対応端末「P901iTV」を2006年3月3日から全国一斉発売すると発表した。詳細情報はURL(http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/page/20050927b.html)で知ることができる。
KDDIとテレビ朝日は2006年3月23日に、モバイル向け地上デジタル放送において共同で事業化に向けての検証を行なうと発表した。詳細情報はURL(http://www.kddi.com/corporate/news_release/2006/0323/index.html)で知ることができる。
日本テレビ放送網は2006年3月27日に、「ワンセグ」放送サービスでプロ野球の巨人戦を放送すると発表した。ワンセグ」放送は2006年4月1日からテレビ各局が一斉に開始することになっているが、これを一日前倒しし、3月31日のセ・リーグ開幕戦に合わせ、巨人戦中継をワンセグ対応の携帯電話で視聴できるようにする。
また、2006年4月からは、「ズームイン!! SUPER」や「土曜ドラマ『ギャルサー』」「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」など10本以上の番組と連動したデータ放送を開始し、下半分のデータ放送画面で、番組の楽しみ方を増幅する多彩なサービスを提案する予定であるとも報告し、久保伸太郎社長は「2008年の北京五輪までには、1000万台を超える携帯電話がワンセグ対応端末に変わるだろう」と予測し、「ソフトの充実化とサービスが始まったことを認知させる活動に重点的に取り組む」と報告した。
cellular-newsは2006年3月29日に、JupiterResearchは41%の携帯電話ユーザーが何らかの形式のビデオサービスに興味を持っているのがわかった。 JupiterResearchレポートによると、高まるビデオを求める需要は2005年のUS$6200万から2010年までに約US$5億100万へと成長すると予測していると報告した。
電話におけるモバイル・ビデオの採用は、2%の携帯電話ユーザーだけが購読を希望し、やや低い。しかし、11%が短いビデオクリップへの関心を示し、モバイルの中では、見るのに関心があった加入者の17%が携帯電話でテレビをみると報告している。
JupiterResearch の調査ディレクターJulie Askは「ベンダーがこの消費者需要に軽く打ち込んでみるために異なったビジネスモデルを使用するとき、この消費者の関心はモバイル産業で良いことが起こる前兆です。」と言い、「挑戦は関心ではなく、むしろ今日の提供で欠けているプレミアム・コンテンツとプライスポイントの正しい交点を見つけることです。」と言い足した。
JupiterResearchの調査副社長のDavid Schatskyは、「より長い時間の挑戦は、技術やデバイスより、むしろビジネスモデルと満足させるために提供する内容によるでしょう。」述べ、「私たちの研究は、モバイル・ビデオを消費することへ、消費者が強い関心があることを示している。」 「消費者はただ平凡なコンテンツに高い料金を支払いたがらない。」と、言い足したと報告している。
そういえば、ロイターは2006年1月26日に、「Adult to Mobile: Personal Services Second Edition」でアナリストが携帯電話ポルノは急速に成長し、2009年までにグローバルな収入としてUS$20億を稼ぎ出すと予測していると報告し、この問題はマイアミで初めて2006年1月26日まで2日間開催された MAC(Mobile Adult Content) Congressで大きな話題になり、会議の焦点になるほどであったも報告している。
あの小さなモニタの携帯電話で、どのようなビデオを見たいか、どのようなコンテンツは嫌われるか、これからの大きなテーマになりそうでである。2006年4月1日から、ワンセグのサービスが始まりますが、単にテレビの焼き直しでよいのか?という結論は、数ヶ月後に明らかになってくることだろう。話題性だけでは、すぐに飽きられる。また、ワンセグが登場して一気に寂れ始めるコンテンツは何か?これも大変興味のあるテーマといえる。
Media Daily Newsは2006年3月28日に、「Tribune Media''s Zap2it Launches On-Demand Listings Area」を公開し、Bata Newsは2006年4月3日に「MeeVee Brings Web Interactivity to TV」を紹介するなど、米国ではテレビ番組案内サイトでは熱い戦いが始まっているとPaidContent.orgが2006年4月4日「Battle of TV Schedulers: MeeVee and Zap2It」と報告した。日本では「ワンセグ」が始まったのですから、もっと「テレビ番組案内サイト」が燃えるような戦いを始めると思ったのですが、残念ながらパッとしない。
トリビューン(Tribune)によって所有されているテレビ番組案内と番組ニュースを提供しているZap2itはURL(http://www.Zap2It.com)で、オン・デマンド・サービスを開始し、iTunesからGoogle Video、AOLのIn2TVにまで及ぶメディアとして現れるとき利用可能なコンテンツに関して推薦を提供することによって、新しいセクションを要求され、計画では、より多くの特徴あるサービスを今後も追加することになっている。
MeeVeeはURL(http://www.MeeVee.com)で、インターネットテレビ・チャンネルなどの機能性を追加し、検索の機能性、ユーザー推薦、レビュー、Amazon.comを通して提供される文脈上であらわれるオンライン・ショップ機能をさらに強化して、Web2.0の世界を展開している。
新聞の読者の何パーセントがテレビ番組を見ているかという点からも、これはテレビ番組案内の世界だけではなく、新聞社も注目すべきビジネス展開といえる。詳細情報はURL(http://www.paidcontent.org/pc/arch/2006_04_03.shtml#054392)または、URL(http://publications.mediapost.com/index.cfm?fuseaction=Articles.showArticleHomePage&art_aid=41501)または、URL(http://www.betanews.com/article/MeeVee_Brings_Web_Interactivity_to_TV/1143757740)で知ることができる。
KDDI、KDDI研究所、NHK放送技術研究所は2006年5月17日に、KDDI研究所が開発した超軽量・高速に暗号復号処理が可能な暗号方式「K2(ケーツー)」を採用し、携帯電話機にその復号機能を実装させることで、ワンセグにも適した「携帯・移動体向け放送型サービスに適用可能」なコンテンツ保護技術を共同で開発したと発表した。詳細情報はURL(http://www.kddi.com/corporate/news_release/2006/0517/index.html)で知ることができる。
日本テレビ放送網とリクルートは2006年5月22日に、ワンセグ・データ放送と、リクルートの飲食店データ「Hot Pepper Pockets」を連携させた飲食店検索及びクーポンサービス「日テレグルメ」を開始した。詳細情報はURLhttp://www.ntv.co.jp/info/news/291.html)で知ることができる。
FIFAのスポーツ権利エージェントInfrontは2006年5月19日に、メキシコ、グアテマラ、ホンジュラス、およびエル・サルバドリルを含んだラテン・アメリカの携帯電話TV放送権を締結したと報告した。ラテン・アメリカの携帯電話TV放送権を取得したのは、ラテン・アメリカ技術開発リーダーのEBClosionで、上記の領土でのすべての非独占的なスペイン語権利を保証した。
また、EBClosionは領土の中に又貸し認可する権利を持っていて、 メキシコの場合では、サブ免許所有者が主な国内の携帯電話ネットワーク・オペレータであることが必要になる。詳細情報はURL(http://www.prweb.com/releases/2006/5/prweb388504.htm)で知ることができる。
また、MundiToneはFIFAコンテンツ・ポータル・サイトで主なフットボール・チームとプレーヤーの着メロ、ビデオ着メロ、アイコン、および壁紙のようなワールドカップの特別なコンテンツの提供を開始する。MundiToneマーケティング・チーフAssaf Friedlerは「世界的な携帯電話DBを構築しているので、世界中でそれらを入手できる」と報告している。詳細情報はURL(http://www.munditone.com/homepage.aspx)で知ることができる。
2006年1月にはNTTドコモがフジテレビの発行済み株式の2.56%を207億円で取得し、関係を深めてきたフジテレビとNTTドコモは2006年5月25日に、2006年6月3日の放送分「ワンセグ」番組「恋するフットサル」で、携帯電話を使って、番組を視聴すると携帯端末内部にポイントがたまり、そのポイント数に応じてプレゼント抽選に応募できるようにする決済システム「おサイフケータイ」を連携させたサービスの検証実験を2006年6月に開始すると発表した。
抽選プレゼントは、規定のポイントをためた視聴者に対して、2006年7月に開催されるフットサル・イベントの舞台裏に入場できる通過証の抽選に応募できる権利を与え、「おサイフケータイ」に対応した「電子通過証」をダウンロードした携帯電話を会場入り口に設置した端末にかざすと舞台裏に入場できるようになる。
FIFAのスポーツ権利エージェントInfrontは2006年5月19日に、ラテン・アメリカの携帯電話TV放送権を締結したと報告したと報告したが、メキシコの場合では、サブ免許所有者が主な国内の携帯電話ネットワーク・オペレータであることが必要になると報告していたが、MocoNews.netは2006年5月30日に、MobiTVがメキシコでTelcelとモバイルTVサービスを開始すると報告し、イギリスのthe Registerが2006年5月26日に、MediasetがDVB-Hサービスを実施し、イタリアでもモバイルTVサービスを楽しめることになり、イタリアがワールド・カップのためにモバイルTVを手に入れたと報告し、最初は20のチャンネルを提供し、2007年中に30チャンネル、2008年に40 チャンネルを提供すると報告している。
ただし、実験されたのは8MHz帯域だけで、途中で問題が起こる可能性もある。MocoNews.netが2006年5月29日に、ドイツではライバルになるE-Plus、O2、T-Mobile、 Vodafoneが DVB-HとDMB Mobile TVで2006年8月31日から、ベルリン、ハンブルグ、ハノーバー、ミュンヘンでトライアルを開始し、2006年7月31日までトライアルで、正式サービスはワールドカップが終わった後になると報告した。
myadslは2006年5月29日に、南アフリカでワールド・カップのためにモバイルTVのトライアルを開始したと報告し、MocoNews.netが2006年5月29日に、イギリスの3 UKがワールド・カップのためにモバイルTVで番組を開始したと報告している。さらにvanguardが2006年5月29日に、ナイジェリアでワールド・カップのためにモバイルTVでチームを応援すると報告した。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=3864)または、URL(http://www.moconews.net/mexico-gets-mobile-tv-spanish.html)または、URL(http://www.moconews.net/mobitv-goes-with-telcel-in-mexico.html)または、URL(http://www.theregister.co.uk/2006/05/26/mobile_tv_italy/)または、URL(http://www.moconews.net/rival-dvb-h-and-dmb-mobile-tv-trials-going-live-in-germany.html)または、URL(http://www.mybroadband.co.za/nephp/?m=show&id=2953)または、URL(http://www.moconews.net/c/companies/operators/3/)または、URL(http://www.vanguardngr.com/articles/2002/features/gsm/gsm129052006.html)で知ることができる。
ニューヨークタイムズ(New York Times)は2006年5月28日に、短小(Shorter)、早漏(Faster)、粗雑(Cruder)、小さいテレビ番組(Tinier TV Show)が世界中で始まったと報告している。詳細情報はURL(http://www.nytimes.com/2006/05/28/magazine/28mtv.html?_r=1&oref=slogin)で知ることができる。この表現は何となく、海外で日本人が売春婦に言われることことにそっくりで、とんでもない時代になってきました。こんな見切り発車!モバイルTVに煽られるように、世界中が3G携帯電話時代に突入しそうで、まるで東京オリンピックの時に。競ってカラ ーTVを買った人を思い出す。こういうどたばたで始めると、大もうけする企業と、大損する企業がでて、今からワールドカップ後の結果が楽しみになる。
独立UHF局のテレビ神奈川(tvk)は2006年6月1日にワンセグ放送をスタートさせ、サービス開始と同時に有料の公式携帯サイト内にショッピング・サイトも新設し、放送内容とリアルタイムで連動するようにして、着うた、コンサート・チケット、アーティストのオリジナル・グッズの販売など、「ワンセグ連動型e-コマース」を展開し始めた。詳細情報はURL(http://www.tvk-yokohama.com/)で知ることができる。
インターネット調査会社のマクロミルは、関東、中部、近畿地方在住の15歳以上のワンセグ放送対応の携帯電話所有者を対象に、「ワンセグ放送利用状況調査」を実施し、その結果をレポートとして2006年6月5日に発表した。詳細情報はURL(http://www.macromill.com/client/r_data/20060605oneseg/index.html)で知ることができる。
MTV Networks Internationalがモバイルのために、アニメのシリーズの着手を発表し、2006年6月7日に初めて公開されたアニメーションは、Mikael WulffとAnders Morgenthalerによって作成された同じ名前の漫画から作られたシリーズ「Wulffmorgenthaler」であった。クリップは、MTVNIのモバイルテレビのチャンネルとモバイルのビデオ・オン・デマンド(VOD)サービスとしてヨーロッパ、オーストラリア、および米国で利用可能になり、「Wulffmorgenthaler」のコンテンツはモバイルで8週間限って提供され、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、英語で提供される。詳細情報はURL(http://comps.mtv.tv/comps/wm/press/press.html)で知ることができる。
PaidContent.orgは2006年6月7日に、世界で初めてモバイルTVで観戦するFIFAワールドカップのユーザーは1,000万人になると報告した。4年前のFIFAワールドカップでは、日本だけがインターネットでゲームを配信し、250,000人が利用したが、Salomonは、今年は違う!すでに 100カ国以上と契約が成立し、「数千万ドル」の価値があると報告している。
これはテレビ収入の10%を達成する勢いで、Infrontの標準インターネット・パッケージは、さらに世界で80か国以上に販売された。詳細情報はURL(http://www.paidcontent.org/fifa-mobile-content-rights-worth-tens-of-millions-worldwide)で知ることができる。
Animalada社は携帯電話経由で売り込むために、「Big Shot」と呼ばれて、サッカーに関する一連のコメディ3Dショ−ト・アニメを作成した。おもしろい部分としてAnimalada社では、広告としてショ−ト・アニメを使用することができることを示すためにそれを作ったということです。 関心がある広告主は、クリップのサインの上と、そして、プレーヤースポーツウェアに広告を提供することができる。詳細情報はURL(http://www.animalada.com/)で知ることができる。
QuickTimeの映像はURL(http://www.animalada.com/videos/bigshot!_speed_limit.htm)でダウンロードできる。イギリスのGuardianは2006年6月17日に、近年スポーツ・コンテンツの放映権が値上がり過ぎ、とくにイギリスのプレミアリーグ・サッカー・フランチャイズは一貫して価値が上がり、世界中の有料テレビ局は経済問題のために苦しんできた。
当然、モバイルでの放映権も同じくらいと考えるが、そんなにうまく入っていないと報告した。
BスカイBは、IMGの所有の西ロンドンを拠点とするスポーツ・グループTWIと2006/7のシーズンについて、シーズンの終わりから次ぎのシーズンが始まる1週間前までに交渉することになっているが、内部からの情報として、携帯電話の放映権は約1,000万ポンド(約US$1850万)という安値でに落ち着くのではないかという憶測が流れていると報告した。
2003年の時は、BスカイBとgroups 3、Vodafoneが結束し、非独占的な取引として、BスカイBと契約するべきか、TWIと直接契約すべきかを携帯電話会社は眺めている状態である。契約の結び方で、とんでもない差が出る可能性がある。詳細情報はURL(http://business.guardian.co.uk/story/0,,1799669,00.html)で知ることができる。
PBSのMediaShiftブロッグにMoconewsのジェームス・ピアス(James Pearce0はモバイルにおけるスポーツ・コンテンツに関するインタビューを掲載し、「ビデオ・コンテンツに関して、私は、主なセールスポイントは、ゲームを見ることができないファンのためにスポーツ・コンテンツを携帯電話で提供するということに疑いをもっています。」 「ほとんどだれも、大きいテレビでそれを見ることができたとき、携帯電話でゲームを見ることを選ばないでしょう」「例として、私はオーストラリアの最初のワールドカップマッチのときにメキシコにいました、そして、本当に、そのゲームを見たかったです。」しかし、メキシコでは、オーストラリアのゲームへの関心が一般的に不足していために、放映権、IPブロッキングなどにより、私はゲームを見るのが不可能であった。
私は小さいモバイルスクリーンでさえそのゲームを見るために多くのお金を支払ったでしょう。」と報告した。一般のテレビで放映されているゲームを携帯電話で見る必要はないが、自分が見たいゲームを世界中のどこでも携帯電話で見られれば、お金は出す!つまり、テレビ感覚ではなく、携帯電話の場合はグローバル感覚でビジネスが成り立つ!考えれば当然のことでも、実際に体験すると、びっくりする。2006年のワールドカップは、新しいマーケットを開発するきっかけになっている。
携帯電話の場合は、多言語でユーザーが自由に選択できるテレビ・オン・デマンドが求められている。これまでのテレビのようにテレビ局優先では、テレビを大きな画面で見ることだろう。詳細情報はURL(http://www.pbs.org/mediashift/2006/06/your_take_roundupsports_video.html)で知ることができる。
ドイツのheise onlineは2006年6月20日に、ミュンヘンのTNS Infratestが実施した1000人の調査からの情報として、モバイル・ビデオ製品を見ることへの関心がこの3カ月で10%から15%に上昇したことがわかったと報告した。
しかし、応答者の反応はまだそれほど鋭くはなく、97%は自分達の受話器を自然にアップグレードさせるまで待って、まさしくサービスのために真新しいものを買うように準備されました時点で、競ってモバイルTV機能が付いた携帯電話を購入するというところまではきていない。詳細情報はURL(http://www.heise.de/english/newsticker/news/74469)または、URL(http://www.tns-infratest.com/03_presse/presse_detail.asp?ID='429'&Marktforschung='Handy-TV:%20Zahlreiche%20H%FCrden%20bei%20zunehmendem%20Interesse')で知ることができる。
また、ZDnet Asiaは2006年6月20日に、モバイルTVはアジアが最大市場になる予測した。その背景には、中国とインドを含むアジアの携帯電話ユーザーが2011年までに20億人になることが指摘され、アジアだけモバイルTVが2010年までに 6840万人なり、ヨーロッパが3000万人、北米が1500万人で、世界のモバイルTVユーザーの50%シェアをアジアが実現すると予測している。詳細情報はURL(http://www.zdnetasia.com/news/communications/0,39044192,39368083,00.htm)で知ることができる。
ABI Researchは2006年6月21日に、2005年の終わりに640万であったモバイルTVが2011年に5億1400万人まで成長すると予測し、In-Statでは2006年6月21日に、2006年の340万からモバイルTVが2011年に1億200万人まで成長すると、同じ日に大きな違いの予測を公開した。
とんでもない違いであるが、ABI ResearchのアナリストKen Hyersはプレスリリースで、「放送は、ほとんどの人がモバイル・ビデオへアクセスすることに適した方法になるでしょう。」「ユニキャストはビデオ・オン・デマンドにアクセスする顧客のためのミックスの一部のままで残り、ABI Researchは購読サービスの大部分が放送コンテンツに賛成して、ユニキャストだけかなりの地域で購読市場をなくすと信じています。」と解説し、In-Statでは、、このサービスに着手したがっている事業者が直面している最も大き問題は帯域確保だと指摘している。詳細情報はURL(http://www.abiresearch.com/abiprdisplay.jsp?pressid=668)または、URL(http://www.instat.com/press.asp?ID=1694&sku=IN0603200MBS)で知ることができる。
ただし、モバイルTVといったとき、携帯電話だけを考える場合と、Wi-Kiなども含む場合で大きな違いになる。
例えばWall Street Journalは2006年6月20日に、米国では250以上の都市が街全体にWi-Fiを配備する計画をしていると報告している。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=4016&catid=4)で知ることができる。
日本のように、Wi-Fiが遅れている地域は理解できないが、この傾向は米国だけではなく、ヨーロッパでも拡大化し続けている。携帯電話の場合、「ワンセグ」対応機種の購入が条件になるが、Wi-Fiの場合はデバイスに「ワンセグ」を受信できる機能アップだけでモバイルTVの受信が可能になる。
ZDnet Asiaは2006年6月20日に、モバイルTVはアジアが最大市場になる予測した。その背景には、中国とインドを含むアジアの携帯電話ユーザーが 2011年までに20億人になることが指摘され、アジアだけモバイルTVが2010年までに 6840万人なり、ヨーロッパが3000万人、北米が1500万人で、世界のモバイルTVユーザーの50%シェアをアジアが実現すると予測している。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=4025&catid=4)で知ることができる。
TelecomAsiaは2006年6月22日に、この2つの大きな調査結果の差に板挟みになり、市場は混乱しているが、2011年までにモバイル・デバイスで世界の2億1000万人がモバイルTVを見ていると予測し、韓国ではすでにfr*ee T-DMBネットワークで100万人が1日あたり平均1時間モバイルTVを見ている。中国ではすでに携帯電話だけではないモバイルTVデバイスが50万台売れていると報告した。詳細情報はURL(http://www.moconews.net/the-rise-of-mobile-tv-to-half-a-billion-users.html)または、URL(http://www.moconews.net/sales-of-t-dmb-devices-top-one-million-mark.html)で知ることができる。
CNBC Asia PacificのJeremy Pinkは、「モバイルTVを求める確立した市場の需要にもかかわらず、消費者の大部分がモバイル・デバイスで見るコンテンツのために特別料金を支払う準備ができているかどうで、ハンドヘルドデバイスを通して伝わったのは、まだ明確になっていない。」と報告している。
これではモバイルTVの未来予測は、ほとんど当てにならなくなる。しかし、同時に面白いモバイルTVとワールドカップの実体験情報がChina Dailyから2006年6月19日に届いていた。
ワールドカップを取材していたブラジルのスタッフが約180kmの移送中に、ブラジル対クロアチアの試合をドイツ第2国営放送(ZDF)が提供していたモバイルTV放送を携帯電話で受信して見たところ、これまで乱れることが多かった移動中のテレビが、もの凄くきれいで、音声も明瞭だったとレポートし、残念ながらNokiaのN24でもワールドカップのハイライトを放送していたが、受信した映像は携帯電話の3倍も乱れたと報告している。マルチメディア端末として登場したNokiaのN24より、小さな画面という難点はあるがモバイルTV対応の携帯電話の方が映像をきれいに受信していたと、T-Systems社のMedia&Broadcastを利用した感想をYvonne Bechtoldが報告している。詳細情報はURL(http://chinadaily.com.cn/sports/2006-06/19/content_620156.htm)で知ることができる。
フジテレビとリクルートは2006年6月27日に、フジテレビの系列局の関西テレビ、東海テレビとともに「ワンセグ」を利用した新サービスを提供するための専用プラットフォーム「ワンセグnavi」を共同開発すると発表した。「ワンセグnavi」は番組の広報情報やEPG(電子番組表)などから、独自のアプリケーションによって最新番組のトピックスやキーワードを抽出し、これを選択することにより、携帯サイト「ワンセグnavi」上で、現在地あるいは指定したエリアの情報やその他の関連情報が得られるようになる。2006年10月に共同出資会社を設立し、サービスを開始する計画になっている。詳細情報はURL(http://www.recruit.jp/newsrelease/2006/06/new/NR20060627_03)で知ることができる。
FIFA World Cupも残すは決勝戦だけになり、2006年7月5日頃からワールドカップと携帯電話TVの結果!が出始めた。さて、携帯電話TVはワールドカップでゴールが奪えたのか?
ElectronicsNewsは2006年7月5日に、モバイルTVは「by hook or by crook」で「ゴールを作る(make its goal)」ように、運命づけられていたと考えられ、提案者はサービスがユーザーの中でポピュラーになることを確信しながら、死んでいった。
Solomanが「ワールドカップが携帯電話TVをくつがえすポイントでないなら、スーパーボウルがあるでしょう。」と、なぜか虚しい---感想が述べ、imedia connectionでは2006年7月6日に、「World Cup Wireless Woes(ワールドカップ携帯電話の悲哀)」を公開し、短いビデオに広告を掲載させようとして、米国でマーケターがFIFAワールドカップに向けて活動したが、その結果は携帯電話市場で失望させられたと報告している。
「私は、1994年の米国ワールドカップからの熱心な視聴者に向けて、携帯電話で最新のスコア、目標、およびストリーミングで熱狂的なファンを捕らえてもよいかと思って、1時間後に、思いつくことができた中で最も良いゲームを選択し、TモバイルでチームからSMS Textアップデートを提供した。」しかし、そこで根本的な問題が発生した。
それは本当に米国人がFIFAワールドカップにそんなに関心がないと考えた場合、携帯電話のコンテンツのためにそのサービスは利点か?それとも弱点か?という疑問である。利点--全体のゲームの終わりまで見ていない人々には、ビデオハイライトの市場に通じておもしろい瞬間のビデオクリップに興味を持っているかもしれません。弱点--ほとんどの米国人がサッカーが好きでないように与える理由の1つが、ほとんどの人々がおもしろくすると考える低スコアレートで、他のスポーツでポピュラーなスコアアップデートはなんの興味も感じさせることができなかった。
逆説的に、ローエンドより高い市場がハイエンドFIFAコンテンツにあるという主張があ。しかし、それを支持する何らかの市場調査なしで、新しいサービスに着手したいと思うスポンサーが居なかった。とりあえず、サッカーに興味が少ない、米国でのFIFAワールドカップ携帯電話TVは全滅のようである。詳細情報はURL(http://www.reed-electronics.com/electronicnews/article/CA6349609.html)または、URL(http://www.imediaconnection.com/content/10305.asp)で知ることができる。
The Registerは2006年7月6日に、とんでもないタイトルのコラム「Wanna Know How To Win The Mobile TV War?」を公開し、FIFA World Cup 2006で提供されたDVB-H(Digital Video Broadcasting-Handheld)を採用したモバイルTVを「media gathering」に基礎づけられた徹底的に分析した記事はいくつかのおもしろい断片を紹介した。The Registerの担当者は、「陰謀説として、今回のドイツの出来事(FIFA World Cup 2006)に対してCingularが保持しているラウンドに賠償するすべてのDVB-Hプレーヤーがいて、Modeoは1.67MHzの帯域を空けて、HiWireと共にロットを投げ入れることを強制しようとして、とくに、参加している人はだれも、そのネットワークを建て増しするビジネスにはHiWireがあると信じていないという事実によって、さらにあおられ、これが許容して、私たちが持っている1つのことは、過去にベライゾン(Verizon)社はすでに同じ携帯電話で、わずかに異なったソフトウェアを組み込むことで、クアルコム(Qualcomm)とDVB-Hの両方で働くことができたと、発表していることです。そしてベライゾン社は、すぐすべてのにレースで馬を支持して、確実に勝者に乗ることができるということになる。
そのような位置は確実にするため、ベライゾン社の不測の事態が起こらなかったのを保証し、DVB-Hプロバイダーと、「排他的な」取引の申し込みをさせるために、Cingular社を急がせています。」と解説している。つまり、ドイツの出来事(FIFA World Cup 2006)は、ベライゾン社が計画しているモバイルTVを確実なビジネスにするための当て馬イベントとして、行われたということになる。詳細情報はURL(http://www.theregister.co.uk/2006/07/06/mobile_tv_wars/)で知ることができる。
シード・プランニングは2006年7月7日に、「ワンセグ初期ユーザー調査[1]」をまとめ、2006年6月20日に発刊したと報告した。内容としては、3月までに発売された「auW33SA」「auW41H」「docomo P901iTV」の3機種を所有する全国の300人の初期ユーザーを対象に、第1回目のワンセグ初期ユーザー調査を実施し、所有機器数では「auW33SA」が147人で49%、「auW41H」が126人で42%、「docomo P901iTV」が27人で9%、性別では男性が7割、女性が3割で、全体の約7割が機種選択の際に「ワンセグ」機能に注目し、所有者全体のうち、実際に「ワンセグ視聴」を経験しているのは全体の80.7%(242/300)となり、「データ放送利用」をしているのはこのうちの半数強の54.5%(132/242)、全体の44.0%(132/300)という結果になったと報告した。
第2回目の調査は、上記3機種に加え「vodafone 905SH」を加えた4機種のユーザーを対象にワールドカップ「日本×クロアチア戦」の試合終了直後に実施し、第3回目は本サービス開始から半年が経過した9〜10月頃に、第4回目はナンバーポータビリティサービス開始後の11〜12月頃を予定し、年4回実施すると言うことである。詳細情報はURL(http://www.seedplanning.co.jp/press/2006/0707.html)で知ることができる。
「gooリサーチ」は2006年8月24日に、「ワンセグ利用意向」に関する調査の結果を発表し、ワンセグ対応の携帯電話の保有者は3.4%で、今後購入したいと考えている人は57.2%、利用目的としては、電車等での移動中や外出先においてテレビを見たいという回答が78.9%で最も多く、ワンセグの映像や音声の良さを理由として挙げる人も29.6%、また、非常時・災害時の情報収集手段として考えている人も40%近くで、災害時の対応への危機感が表れる結果になった。また、ワンセグ対応の携帯電話を利用することにより、携帯電話の総利用時間が増加すると回答している人は73.9%、ワンセグ対応の携帯電話を利用することでWebサイト利用が増加するとの回答が37.3%、逆に、利用時間が減少するとの回答が比較的多かったのは、携帯電話でのゲームが19.6%、iPodなどポータブルオーディオ機器が17.4%、新聞・雑誌・本などの読書が21.0%、自宅でのテレビ視聴が19.7%などとなったと報告した。
さらにワンセグで見たいと思う番組としてはニュースがトップで77.1%、ドラマ、映画が46.3%、スポーツが44.9%と続いている。男女別では、ともにニュースがトップで、男性ではスポーツが54.9%、女性ではドラマが57.2%がそれぞれ次に多かったと報告している。詳細情報はURL(http://research.goo.ne.jp/Result/000334/)で知ることができる。
イギリスのguardianはinformatmからの情報として2006年9月7日に、モバイル広告市場は2011年までに1年あたりUS$113億市場に成長し、2011年にモバイルTVの広告がUS$41億になると予測していると報告した。この成長は、モバイル広告市場が無料化に煽られ、広告主から媒体としての増強された関心と認識が高まりを見せると報告している。また、モバイル検索広告とディスプレイは2011年までにUS$58億市場になって、テキストと画像メッセージ広告はUS$50億になるとも予測している。
テレビ市場の多くがモバイル市場に流れると言うことで、これは携帯電話事業者にとって単純に喜んでいられない状態で、広告で支持されたサービスのカットを交渉することができないなら、その携帯電話事業者は、試合に携帯電話広告市場に出場できなくされた状態で存在することに直面することになる。このころまでに、テレビ業界はモバイル市場にスムーズに移行しないと、これまでより少ない予算で番組を継続し続け、いずれ全体のバランスを崩すことになるかもしれない。詳細情報はURL(http://media.guardian.co.uk/advertising/story/0,,1866422,00.html?gusrc=rss&feed=4)または、URL(http://www.informatm.com/itmgcontent/icoms)で知ることができる。
cellular-newsは2006年9月12日に、「Telephia Mobile TV Diary Report, Q2 2006」からの情報として、米国でモバイルTVの視聴者が2006年第2四半期で45%成長し、370万人になったと報告した。2006年の総四半期では第1四半期から67%成長し、US$8600万に拡大すると予測している。Telephiaはさらに、モバイルテレビの視聴率、収入性能、人口統計プロフィール、行動測定、および広告調査をする「Mobile TV Diary Report」調査を開始した。
これにはストリーミングTVとビデオ・オン・デマンド・サービスの調査も含まれる。Telephiaのプロダクト・マネージング・ディレクターTamara Gaffneyは、「モバイルTVは最も速く成長しているワイヤレス・データサービスで、マーケターはどうしたらインターネットの到来以来の最も重要な新しいフォーム・メディアの可能性を利用することができるかを理解するために敏速に働いています」と報告している。すべてのモバイルTVのユーザーの中で、ABC Newsは2006年第2四半期で最もよく見られたモバイルTVチャンネルでした、総モバイルテレビ視聴者の40%を確保した。
総モバイルTV視聴者の32%はWeather Channelを見て、Fox SportsとESPNは31%と2%と共に密着してそれに続いた。フォックス・ニュースは総モバイルTV視聴者の22%を確保した。「ニュースと情報はモバイルTVのためのキラー・アプリケーションです。まさしくそれらの電話の迅速性で、即時の満足を消費者に与えた。」「今、消費者は空港から急報にアクセスすることができます、洗車、歯医者、子供のサッカー試合、彼らが家にいないときでも、消費者は、テレビをすぐ使えることを求めています。」と、Gaffneyは言い足した。
Gaffneyは、「初期段階では、まだモバイルTV番組が重要であって、消費者が移動中に見ることを考えて、提供してください。ABC News、Fox Sports、およびWeather Channelと共に見られるように、最も広い分配と適用範囲で見ることができる主目的はそのままで残っています。さらに、CNNを見ることが求められ、ブランドを付けられたコンテンツを送るチャンネルは、高い視聴率が今後も確保できる。」と続けている。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/19285.php)または、URL(http://www.telephia.com/html/insights_091106.html)で知ることができる。
cellular-newsは2006年9月13日に、2009年にアダルト・ビデオはUS$29億になると予測したJuniper Researchによる最新の調査から、モバイルでのテキストによるアダルト情報が緩やかにアダルト・ビデオに移行し、3年以内にテキストによるアダルト情報がサービスの終焉をすると報告した。Juniperによると、モバイルテキストベースのアダルトサービスは現在の市場で20%を確保し、2007年にUS$3億300万でピークを迎え、メディア豊富なグラフィックスとビデオサービスがさらに優位になるのに応じて、このタイプのサービスからの収入はその時、下落すると予測されている。
著しいコントラストでは、モバイル・アダルトビデオ・サービスは既に世界市場の50%に達し、2009年にUS$17億ドルに達する。2011年にはUS $24億になり、 2011年までには、モバイルのアダルト向けのコンテンツ市場収入の70%以上を占めることになると予測している。あるアナリストは、小さなスクリーンが大きなネックになると分析しているが、これらの恐怖に対してJuniperのResearchディレクターであるブルース・ギブソン(Bruce Gibson)は、まったく根拠がないと切り捨て、「モバイルゲームとモバイルギャンブルの場合、モバイルチャンネルで既存のコンテンツのために単に別の流通チャネルでなくなる。事実上、それはアダルト向けのコンテンツを提示する異なった方法になりはじめている。
モバイルチャンネルは印刷、DVD、およびインターネットでの使用と異なった方法で新しい聴衆を確保し、今後はモバイルであるための楽しみのコンテンツになり、即刻どこでも楽しめる製品として、それを提供するように設計される必要がある。」と分析している。
つまり、既存のアダルト向けコンテンツをそのまま流用するのではなく、印刷、DVD、およびインターネットとは別の世界を構築するために、即刻どこでも楽しめる製品として設計されたコンテンツの時代が来ると予測している。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/19310.php)で知ることができる。
ABI Researchは2006年9月21日に、2007年の終わりまでにDVB-HやMediaFLOなどのモバイル放送技術で彼らのワイヤレスの受話器に関するエンターテインメントと情報を受け取るモバイルTVユーザーが米国に400万人がいると予測した。詳細情報はURL(http://www.abiresearch.com/products/market_research/Mobile_Broadcast_Video)で知ることができる。
ABI Researchによれば、世界でモバイルTVのサービス・ユーザーは2011年に約5億1400万人の加入者になると予測している。放送サービスには、 2006年の終わりまでに150万人の加入者になり、米国市場では、クアルコムの子会社のMediaFLO、AlohaのHiwireネットワーク、およびCrown CastleのModeoサービスを含んでほとんどの加入者がワイヤレス事業者放送網のパートナーによって可能になる。
ただし、GigaOmのKatie Fehrenbacherは疑い深く、ベライゾンのWireless最高運営責任者とVP Lowell McAdamを引用して事業者は来年中途までMediaFLOとのモバイル放送テレビのサービスに着手しないと言っている。詳細情報はURL(http://mobile.gigaom.com/2006/09/21/mobile-tv/)で知ることができる。た
「テレビとラジオのWebと広告の関係レポート」のURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=4470&catid=4)、「10代になった携帯電話利用者」のURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=4453&catid=4)、「米国のティーンエイジャーはモバイルTVに興味なし!」のURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=4445&catid=4)などのレポートから、モバイルTVのユーザー対象は35歳以上になることだろう。
韓国のElectronoc Engineering Timesは2006年12月11日に、韓国の衛星DMBユーザーの数ゆっくり成長し、携帯電話TVユーザーの数が2012年までに2100万人になると報告している。韓国には現在のところ250万人の携帯電話TVユーザーがいて、TUは2005年5月にサービスを始めて、2006年12月末で約100万人のユーザーになり、2007年の終わりまでに220万人のユーザーになるとと予測し、2010年までに600万人のユーザーでUS$11億を売り上げると信じている。
韓国は世界に先駆けてモバイルTVを開始し、 政府はアクティブな役割を担い、放送サービスを解放して販売促進に協力してきた。TUには15チャンネルの映像放送と19の音声サービスがあり、サービスを利用するには初期にUS$20を支払い、次の月から毎月利用料金としてUS $12を支払うシステムになっている。
1年後にはUS$10まで下げることになっている。
また、ビデオ・オン・デマンド・サービスは、1セッション当たり US$2で利用できる。TUの利用状況は65%が映像サービスで、35%が音声サービスと報告し、2007年末からはデータ・サービスも開始する。テレビ視聴者の数が米国では減少し始めているが、モバイルTVは伸び続ける?不思議なパラドックスを感じる。
つまり、一時期パソコンでテレビが見られるといって大騒ぎしたが、パソコンがインターネットに接続されると、パソコンの前でテレビなど見ている暇はなく、パソコンでできることを楽しむようになり、誰もパソコンでテレビを見なくなった。携帯電話でも同じような現象が起こると予測すべきではないかと考えられる。詳細情報はURL(http://www.eetasia.com/ART_8800445184_480700_495f54d5200612_no.HTM)で知ることができる。
韓国icube社日本法人IMJは2006年12月20日に、Windows PCのUSBポートに接続するだけで、PCでワンセグメント地上デジタルテレビ放送が視聴できる、予約録画機能、タイムシフト機能があるUSBワンセグテレビチューナー「ON TIME TV」を2006年12月22日から販売する、と発表した。詳細情報はURL(http://iluv.jp/products/pdt_view.php?pdtcode=ontimetv)で知ることができる。
Red Herringは2007年1月9日に、モバイルTVやIPTVなどの新しいテレビ・サービスを開始するプロデューサーは、新しいコンテンツの不足で嘆いていると報告した。つまり、CBS、NBC、ABC、Fox、Comedy Central、Discovery Channel、Nickelodeon、MTVのすべてが、これまでの同じコンテンツを新しいで技術ラッピングして、パッケージにして送り出しただけであったと嘆いている。ほんの少ししか、YouTubeのようにユーザー新規に開発するビデオに専念したチャンネルの方法がない。大きいコンテンツのブランドパワーが家庭と彼らが新販路に入ることを切望しているという事実であると考える場合、これはもちろん驚くべきもことではない。
しかし、「long tail(ロング・テール)」につながる、ニッチなコンテンツがほとんど登場しない。裾野を広げるためのコンテンツがなく、今まで通りを繰り返しているだけで、モバイルTVだから、IPTVだからというコンテンツがほとんど登場してきていない。一番面白く、将来を左右する可能性がある番組開発ができていない。詳細情報はURL(http://www.redherring.com/Article.aspx?a=20645&hed=New+Content+MIA+at+CES§or=Industries&subsector=EntertainmentAndMedia)で知ることができる。
イギリスのSymbian社はCTIA Wirelessで2007年3月26日に、デジタルテレビ規格のISDB-T(ワンセグ)、DVB-HをサポートしたSymbianOS v9.5を発表した。詳細情報はURL(http://www.symbian.com/news/pr/2007/pr20078925.html)で知ることができる。
mediaweekは2007年4月15日に、モバイルTVは地域密着といわれている中で、米国の9つのローカル・テレビ局グループが2007年4月13 日に、ラスベガスで開催されるNABで、モバイルTV同盟「Open Mobile Video Coalition」を創設すると発表したと報告した。詳細情報はURL(http://www.mediaweek.com/mw/news/recent_display.jsp?vnu_content_id=1003571802)または、URL(http://www.openmobilevideo.com/)で知ることができる。
comScoreは2007年4月23日に、米国の2,000人を対象にしたモバイルTVの関心度を知るための調査レポ−トを発表した。その背景には、モバイルTVが予想外に伸び悩んでいることがうかがえる。この調査で名家核なのは男性より女性の関心が低いことで、35歳以下のモバイルTV加入者は46%で、そのうち65%が男性であったと報告している。
また、モバイルTV機能付き端末を購入するときの最も高い関心は、71%がサービス料金であると報告している。モバイルTVへの申し込み希望者の67%は、無料であるなら広告を見てもかまわないと答えている。さらにサービスの質についても関心が高く、47%は画面サイズが重要であると答えている。さらに43%は受像能力に関心があった。これは、すでに家庭にあるテレビがそのままモバイルTVの関心に直結しているといえる。つまり、すでにあるサービスがモバイルでも見られるようになったと言うだけのことで、新しいコンテンツという意識が無いと言うことで、家庭で見るテレビと比較して少しでも劣れば、不満になり、馬鹿にするという状況とも言える。詳細情報はURL(http://www.prnewswire.com/cgi-bin/stories.pl?ACCT=104&STORY=/www/story/04-23-2007/0004571692&EDATE=)で知ることができる。
米国のBroadcom社は2007年6月7日に、ITC(米国国際貿易委員会/United States International Trade Commission)がQualcomm chipsの製品がライバルのBroadcom社によって所有されていた特許を侵害していることを明確にしたことから、米国で販売される新しい携帯電話はQualcomm chipsを使用することができなくなったと報告した。詳細情報はURL(http://www.broadcom.com/press/release.php?id=1013134)で知ることができる。
ただし、ワシントンポスト(WashingtonPost)は2007年6月7日に、携帯電話のためのチップ・メーカークアルコム(Qualcomm)社によって作られた半導体は、既に市販されている受話器での販売は継続できると、ITCは言っている。詳細情報はURL(http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/06/07/AR2007060702245.html)で知ることができる。
informationWeekは2007年6月28日に、Qualcomm社が禁止令と戦い、ITCオーダーの実施を延滞するように米国控訴裁判所に頼むと報告している。詳細情報はURL(http://www.informationweek.com/news/showArticle.jhtml?articleID=199902834)で知ることができる。
テレビ岩手は2007年12月21日に、メディアキャスト、フィックス、 KDDI 研究所と共同で、テレビ岩手の番組「5きげんテレビ」で、ワンセグ・データ放送を利用した双方向視聴者参加番組の、トライアル放送を実施すると発表した。
トライアル放送は、テレビ岩手が視聴者が参加する番組コーナーで、ワンセグ・データ放送コンテンツを利用する初の試みで、フィックスとメディアキャストが共同で提供するワンセグデータ放送対応の双方向番組制作支援 ASP サービス「PiTENTRY2 BML Edition」を利用する。詳細情報はURL(http://www.mcast.co.jp/press_room/pr/pr20071221-1.html)または、URL(http://www.cr-fix.co.jp/im/pitentry2.html)で知ることができる。
Moco Newsは2007年12月17日に、Screen Digestが公開したアナリスト予測を紹介し、多くの意見がモバイルTVについて話題にするが、多くの通信事業者は2008年の開始を見逃すだろうと予測したと報告した。
David MacQueenは、「オリンピック、UEFAユーロ2008のチャンピオンシップなど、主要なスポーツ競技でモバイルTVサービスは始められるかもしれないが、到底全世界規模ではなく、消費者の求めるサービスが提供されないまま、落胆させられ、チャンスをつかめないだろう。」と予測した。
確かに、通信会社もテレビ放送側も、モバイルTVで何を提供したらよいかという展望が見えにくい。
ヨーロッパでは、オレンジとボーダフォンがモバイルTVサービスを開始するだろうが、せいぜいヨーロッパではSkyイタリアとESPNもモバイルTVサービスに参入することが予測されはじめた程度で、まだまだ道のりは遠く、結局、モバイルTVで何を提供したらよいかというユーザーが求めることに対応しきれないままなのかもしれない。
新聞より、マシという考えが判断を遅らせ、テレビ局は、オールドメディアとして、これから苦しむことになるかもしれない。詳細情報はURL(http://www.moconews.net/entry/419-mobile-tv-to-miss-olympics-opportunity-forecast/)または、URL(http://www.vision6.com.au/ch/sd291w/352452/c6c1f15y8p.pdf)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8223)で知ることができる。
シャープは2008年6月12日に、2006年5月に「AQUOSケータイ」第一弾モデル「SoftBank 905SH」を出荷したのを初めに、シャープのワンセグ携帯電話が2008年5月末に累計出荷台数1000万台を突破したと発表した。2008年4月時点で業界全体の累計出荷台数は3000万台であったことから、業界全体の約3割がシャープということになった。

[1セグメント放送の技術仕様]
変調方式:QPSK
符号化率:1/2
総ビットレート:約312Kbps
映像コーデック:AVC/H.264
画素数:320×240ピクセルまたは320×180ピクセル
データ放送:BML


シャープが2005年6月2日に発表した「VA1A5JZ9902A」
シャープが2005年6月2日に公開したリリースとスペック
地上デジタルテレビ携帯・移動体向けサービス記者発表会情報
KDDIが2005年12月155日に公開したWIN携帯電話端末「W33SA」のリリース
、三洋電機が開発した「W33SA」の解説
ワンセグチューナ搭載可能なノートPC「VAIO type T」
「VAIO type T」とワンセグ解説
日立製作が2006年1月19日に公開した、「ワンセグ」に対応「W41H」のリリース
Aryan Kaganofが2005年11月5日に公開したプレス・リリース
Aryan Kaganofの履歴
Aryan Kaganofのステートメント
SMS Sugar manのキャスト
DVD-LX97
DVD-LS91
NTTドコモのP901iTVのリリース
KDDIが2006年3月23日に公開した、テレビ朝日とのワンセグ共同事業リリース
KDDIが2006年5月17日に公開した、ワンセグにも適した暗号化技術開発リリース
NTVが2006年5月22日に公開したリリース
マクロミルが2006年6月5日に公開したワンセグ調査レポート
ミュンヘンのTNS Infratestが公開したリリース
ミュンヘンのTNS Infratestが公開したレポートのチャート
IMJのUSBワンセグテレビチューナー「ON TIME TV」
SymbianOS v9.5のロゴ
「Open Mobile Video Coalition」を創設した9つのローカル・テレビ局
comScoreが2007年4月23日に公開したモバイルTV関心度調査レポ−ト
Broadcom社が2007年6月7日に公開したリリース
フィックスのデジタル放送双方向バックエンド・システム「PiTENTRY」
Screen Digestが公開したモバイルTV2008年アナリスト予測