3D-RAM

3次元画像処理専用RAM

3次元画像処理に特化し、描画を処理するロジック(論理素子)を内蔵、データ転送スピードを速くしたRAMの総称。三菱電機と米国のサン・マイクロシステムズ(Sun Microsystems)社が共同で、10MビットのDRAMと2KビットのキャッシュSRAMに加え、画素(ピクセル)を処理するALU(算術論理回路)を1つのチップに集積して、開発している。