7回の愚かな調査の失敗

Seven Stupid Research Mistakes


調査の方法は、本当に難しい!調査の方法を間違え続けると、えらく不思議な結果にたどり着くことがある。安易な調査結果報告から、とんでもない方向に走り出すこともある。ときには政治的な数字のパラドックスを生み、それが情報操作に利用され、世界中から嫌われる国民として生涯生きることにもなりかねない結果が、政府の調査によって導き出されることも歴史的にはあった。Search Engine Watch newsletterでは、そのようなサーチ・エンジンを使って間違えた結果を得た例を「Seven Stupid Research Mistakes」として公開している。詳細情報はPart 1 is onlineのURL(http://searchenginewatch.com/searchday/02/sd0327-stupid1.html)または、Part 2 is onlineのURL(http://searchenginewatch.com/searchday/02/sd0328-stupid2.html)で知ることができる。VNUnet UKは2007年10月18日に、ほとんど知られていない「Google Labsウィジェット(Google Labs widget)」をUCSD(UCサンディエゴ/UC San Diego)とUCLAからの研究者が、コンピュータの「常識(common sense)」に加えたと報告した。つまりこれは、コンピュータ科学者がシステムをラベル化しながら自動映像による写真で物を特定するのを助け、文脈を使用する能力を加えたことになった。「セマンティック」の世界で、「Google Labsウィジェット(Google Labs widget)」の「Google Sets」が画像検索で利用できることをコンピュータ科学者に承認された。「意味(セマンティック/Semantic)」を理解するコンピュータの世界へ、「Google Sets」で本格的に突入することが可能であることを実証したことになった。例えば、従来の自動化された物の識別子はイメージをスキャンして、「人」「テニスラケット」「テニスコート」、および「レモン」を特定した場合、新しい後工程文脈チェックは「テニスボール」として「レモン」を再ラベルする。UCサンディエゴのコンピュータ・サイエンス学科Serge Belongie教授は、「私たちは、私たちの論文が外部の意味関係を物体認識の問題にもたらす最初であると思います。」と、言った。研究者は、外部の文脈上の情報を自動化された物の識別子に提供するのに「Google Sets」を使用することができることを示した。「Google Sets」はわずかいくつかの例から関連する項目か物のリストを発生させることが可能であることを証明した。例えばユーザーが「ジョン」「ポール」、および「ジョージ」をタイプすると、それは単語「リンゴ」「ビートルズ」、および「ジョン・レノン」と返してくる。同様に、「ネオン」と「アルゴン」をタイプすると、他の高貴なガスのリスト、「ヘリウム」「クリプトン」が発生して、「キセノン」は「ラドン」と返してくる。Belongie教授は、「ある点では、Google Setsは常識のためのプロキシです。」と説明しました。「論文で私たちは、あなたがシステムをラベルする自動映像の精度を改良する文脈上の情報を提供するこの常識を使用することができることを示した。」システムをラベルするイメージは3ステップの過程で、まず第一に、自動化されたシステムは、イメージ分割を使用することでイメージを異なった領域に分ける。「テニス」の例では、イメージ分割として「人」「規則」「ラケット」および「黄色い球」に切り離す。次に、自動化されたシステムは、ありえそうなラベルの格付けされたリストをそれぞれこれらのイメージ領域に提供する。最終的にシステムは、イメージの中でラベルのすべて異なった可能な組み合わせを処理して、各画像の中でラベルされた物の文脈上の規定を最大にすることによって、文脈の投与量を加える。このステップの間で、システムが「レモン」を「テニスボール」に変えることを助ける文脈の源として「Google Sets」を使用することができた。この場合「意味文脈規制(semantic context constraints)」が、システムは目視により同様の物の間であいまいさを除くことを支援した。これは、リオデジャネイロで開催された第11回IEEE国際会議で2007年10月18日に紹介された。詳細情報はURL(http://www.vnunet.com/vnunet/news/2201451/boffins-give-comptuers-common)で知ることができる。「Google Sets」はURL(http://labs.google.com/sets)、論文はURL(http://www.cs.ucsd.edu/~sjb/iccv2007a.pdf)にある。


サーチ・エンジン
サーチ・エンジン/2001年1月1日-2003年12月31日
サーチ・エンジン/2004年1月1日-2006年12月31日
サーチ・エンジン/2007年1月1日-2009年12月31日
セマンティックWeb
ディレクトリ型検索エンジン
ロボット型検索エンジン
サーチ・エンジンのURL
情報操作
情報操作/2001年
情報操作/2002年
情報操作/2003年-1
情報操作/2003年-2
情報操作/2004年-1
情報操作/2004年-2
情報操作/2004年-3
情報操作/2004年-4
情報操作/2004年-5
情報操作/2004年-6
情報操作/2004年-7
情報操作に関連するURL
Yahoo!
インターネット・ロボット
エージェント指向
納豆ビュー
オートパイロット・ツール
April
分身ロボット
移動エージェント
サーチャー
キーワード連鎖検索
O2
Bibliotheca
ISpi
オンライン地図検索サービス
移動エージェント
マルチメディア・エージェント
More Like This
Image Surfer
MailAgent
Agentware
TeleScript
フィルター
Letizia
オンライン・エージェント
NPN
パセオ
インターネット・ロボット
SNMP
オブジェクト指向
心の社会
ナレッジ・ナビゲータ
インターネット上にある個人情報
Ingrid
Mobile Computer Agent
keyward stacking
Answer.com
Webサーチャー
Infoseek Search Premier News
EZ Connect
Lycos Classifieds
LiveTopics
Filez
MANGA PAC
BackWeb Channel Guide
goo
Ultraseek
自然語検索
Dogpile
サーチ・エージェント
HotBot
InQuery
InfoMaster
ジャストシステム・コンセプトベース
Refine機能
こどもサーチエンジン ひらけゴマ
Lycos Site Spider
Spider
RCAAU
検索の鉄人
PICS(the Platform for Internet Content Selection)
Alexa Internet
ATOK
ニュースリリース・フォーPCユーザーズ
俊司 for Web
全文検索ソフトウェアシステム
ハローマップシステム
アスペン・ムービー・マップ
ジー・サーチ
LiveLink Online Service
メディア・コングロマリット
メディア・コングロマリット/2004年
AEC
JaMaPS
EXCALIBUR
どっちがいいカンジ
シェアウェア
VoiceSync
レンダリング・エンジン
Raptor
シソーラス辞典
SEEKBOX
ANA遊遊ナビ
Jasmine
CD-ROM検索エンジン
CD-ROM検索エンジン
テレコム・ベンチャー投資事業組合
E.S.P.(Extra Search Precision)
シマンテック・モバイル・アップデート
いまどこマピオン
コンピュータやインターネット関係のニュース
MetaDoor
ASCII24電子メールサービス
ROBOTRONIKA
サイトクルーズ/パーソナル
the Robot World Cup
フレッシュアイ
フレッシュアイ
極大単語索引方式
AltaVista Discovery
OSS(One Stop Service)
自動差分アップデート機能
Express by Infoseek
Cybersufari contest
日中音声翻訳システム
IVMap
レコメンド・サービス
Sherlock
ExSight
大川センター
富山県立近代美術館裁判
Related Search Terms
推論エンジン
AAS
SRL(Survival Research Laboratories)
バボット
知的車椅子
完全自律搬送車
進化するエビ型歩行ロボット
MiMIC
Khepera
EMRoS
早稲田大学ヒューマノイドプロジェクト
Direct Hit Popularity Engine
KQML
ロボット関連のURL
インターネット・ロボット関連のURL
SYNWORLD
@nifty
Webポルノ天国神話
Scalable Wnn
関西テクノアイデアコンテスト
湘南新産業創出コンソーシアム
キヤノン・デジタル・クリエーターズ・コンテスト
WebBrain.com
航空機内インターネット接続
DDCD
リンク
オンライン・ギャンブル
オンライン・ギャンブル/2000-2003
オンライン・ギャンブル/2004
オンライン・ギャンブル/2005
オンライン・ギャンブル/2006
オンライン・ギャンブル/2007
携帯電話ギャンブル
日常活動型ロボットコンソーシアム
取扱店サーチシステム
旅客機内で使用できるACアダプタ
LexiBot
Contact Assist
Palm Pilot Robot
ArtByteへのOpen Letter
ODP(Open Directory Project)
PoP-Sync
電子ビジネスモデルの特許権
サブマリン特許
CompuServe GIF
Mobeet
スクリーン・スクラーピング
Town@nifty
ネット上の詐欺商法
ペイ・フォー・プレースメント
衛星データ配信サービス事業
DSL(Design Science License)
WISE(Web-based Inquiry Science Environment)
Robo-roach
Cisco IOS
レスキューロボットコンテスト
HyperBee
WiseNut
OTG(Object Technology Group)
RWC(Robotic Work Crew)
フルIP時代
GETA(Generic Engine for Transposable Association)
誤解を招く、単語の並べ方
KW Map
TECF(Trusted Electronic Communications Forum)
単純な市場調査から、複合的市場調査の時代へ
昆虫サイボーグ
GSO(Get Safe Online)
FOSI(Family Online Safety Institute)
Robot Hall of Fame