Nokia Citizen Journalism Awards

Citizen Journalism Award

過去1年間で、もっとも優秀な市民ジャーナリストを表彰するため、Nokia社が実施している賞の名称。BBCは2006年5月3日に、「Amateur snappers get their reward」を公開し、国民ジャーナリズムを称える「Citizen Journalism Award」を開始するためにノキア(Nokia)社は、イギリスのPress Gazetteと協力することになったと報告した。「Citizen Journalism Award」はロンドンで起こった同時爆破テロでカメラ付き携帯電話で撮影された写真や映像が新聞やテレビなどのネタとして掲載されたり、放送されたことがきっかけになり、そのような写真や映像にスポットを当てることが目的で、これは「国民ジャーナリズム」が熱狂的な大流行の兆しといえる。「Citizen Journalism Award」では、2005年5月1日と2006年4月30日までの12カ月でスチール写真か印刷されたり、ビデオが放送されるか、またはオンラインでだれでも見ることが可能なアマチュア・ジャーナリストの記事が対象で、ジャーナリストとして働く人は参加できない。詳細情報はURL(http://news.bbc.co.uk/2/hi/technology/4968940.stm)で知ることができる。2006年7月18日に第1回目になる「Nokia Citizen Journalism Awards 2006」の結果が報告され、1位は2005年7月7日にロンドンで発生した同時爆破テロで撮影された爆破直後のTavistock Squareのロンドン・バスNo.30の写真になった。この写真はノキア社のカメラ付き携帯電話「Nokia N90」で撮影され、Flickr Proで公開されたが、撮影者は匿名になっている。2位は、David Otwayがノキアのスマートフォン「N80 」で撮影した、Buncefieldの石油爆破写真。3位は、2005年7月7日にロンドンで発生した同時爆破テロでAlexander Chadwickがスマートフォン「N80 」で撮影した、地下鉄内の写真で、1位と3位がロンドンで発生した同時爆破テロの写真が選ばれた。確かに、それまで過失などを指摘して問題にしていなかったが、ロンドンで発生した同時爆破テロでカメラ付き携帯電話の写真が一気に注目され、 citizen journalism(市民ジャーナリズム)のエージェンシー「Scoopt」まで登場している。また同時に、ジャーナリズムの世界に新しい問題も発生してきている。詳細情報はURL(http://www.citizenjournalismawards.co.uk/)または、URL(http://www.pocket-lint.co.uk/news.php?newsId=3994)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=2681)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=2447)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=2415)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=2334)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=2341)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=2317)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=2296)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=2268)で知ることができる。Nielsen//NetRatingsが2007年3月29日に発表した情報によると、2007年2月の時点で、Celebrity gossip(有名人のゴシップ)ニュース関連の19のサイトの選択されたサンプルが年間40%増加していた。また、訪問者はこれらのサイトで、より多くのコンテンツを見て、総Webページ・ウェブ・ビューが108%増加していたと報告した。詳細情報はURL(http://www.nielsen-netratings.com/pr/pr_070329.pdf)で知ることができる。


国民ジャーナリズム
パパラッチ
ジャーナリズムの黄金時代
メディア未来派
マスメディアの崩壊と存続への道
マスメディアの崩壊と存続への道-2
マスメディアの崩壊と存続への道-3
マスメディアの崩壊と存続への道-4
マスメディアの崩壊と存続への道-5
マスメディアの崩壊と存続への道-6
2024年のメディア・オデッセー
未来の敵
メディア界のダーク・エンジェル
ブログ
ブログ2004年
ブログ2005年
ブログ2006年
ブログ2007年
Web壁紙新聞時代
0半レポーター
モブログ
Seven
著者と出版社の力関係と著作権
iPod世代のためのタブロイド新聞
新聞の売り上げ回復大作戦
Podcasting
National Credibility Roundtables Project
フリー・ペーパー
Major U.S. Newspaper Digitizing Project
10×10
潰れる雑誌、残る雑誌
ジャーナリズムの黄金時代
ブロガーを保護する委員会
インタラクティブ・ジャーナリズム研究所
パパラッチ
携帯電話ジャーナリスト
報道被害
Video Voyeurism Protection Act
ピーピング
イエロー・ジャーナリズム
報道の自由とプライバシー
UPC(Universal Point of Contact)
コメント・スパム
トラックバック・スパム
ローテク・ハイコンセプト・テロ-15
ローテク・ハイコンセプト・テロ-16
ブロガーとサイバー反体制者のためのHandbook
フランスで残っている最古の新聞Le Figaroの再生
Video iPod
パジャマ・メディア
Splog
CGM(Consumer Generated Media)
ユビキタス・コングロマリット
ファインゴールド賄賂規制法案
検証ジャーナリズム
脅し、恐怖を与え、稼ぎ出すビジネス
Annual report on American Journalism
my Picturetown
The Commons