Nintendo DS Lite

ニンテンドーDSライト

任天堂が2006年1月26日に発表し、2006年3月2日に発売した「ニンテンドーDS」の上位モデルの名称。ロイターやWashington Postは2006年2月15日に、任天堂が日本語版「ニンテンドーDS」向けとしてWi-Fiを視野に入れた「ニンテンドーWi-Fiコネクション」をオープンすると同時にOpera Software社と提携し、デジタルTVやWebブラウジングを楽しめるようにしたと報告した。詳細情報はURL(http://www.nintendo.co.jp/n10/news/060126.html)または、URL(http://go.reuters.com/newsArticle.jhtml?type=technologyNews&storyID=11220742&src=rss/technologyNews)または、URL(http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/02/15/AR2006021500383.html?nav=rss_technology)で知ることができる。「ニンテンドーWi-Fiコネクション」はURL(http://wifi.nintendo.co.jp/)にある。任天堂は2006年3月1日に、「ニンテンドーDS Lite」の3月出荷予定を45万台以上と発表した。ただし、予想をはるかに超える需要で、要望に応えきれないとも報告している。任天堂は2006年12月15日に、「ニンテンドーDS」と「ニンテンドーDSライト」の一部のACアダプターに不具合があり、対象の約20万個を回収、無償交換すると発表した。詳細情報はURL(http://www.nintendo.co.jp/n10/news/061215_2.html?link=dstopics)で知ることができる。Opera Softwareは2007年3月15日に、「ニンテンドーDSブラウザ」を北米で2007年6月4日に発売すると発表した。詳細情報はURL(http://www.opera.com/pressreleases/en/2007/03/15c/)で知ることができる。
BBC Newsは2008年7月18日に、携帯電話、ゲーム機、および音楽機器のための何10万台もの危険な充電器がイギリスに輸入されているかもしれないと報告した。
中国から輸入される危険な充電器を研究する取引規格役員が、膨大な数がインターネットと、店で販売されていると報告した。
テストの結果、1つのブランドはオーバーヒートして感電死する可能性があることが判っている。
それは商品ナンバー「DE62347066」で、「Travel Charger」と呼ばれている。
「Travel Charger」は、ニンテンドーDSとDS Liteマシンのために利用される充電器で、特定の警告を発行した。
また、ゲームボーイでも利用できるかもしれないといっている。
Buckinghamshire County Councilの先任取引規格役員クリス・ホールデン(Chris Holden)は、調査によって、 充電器の中には偽の「CE安全マーク」が添付されているという、さらに大きい問題を解明したとBBCにいっている。
この充電器は、携帯電話や音楽機器にも使用される危険性があると指摘している。
「Travel Charger」をしばらく使用すると、電線がはずれ、感電するリスクが発生する。
ピンはイギリスのソケットに収まらないため、オーバーヒートの原因になると報告している。詳細情報はURL(http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/7514426.stm)または、URL(http://www.buckscc.gov.uk/bcc/news/detail.jsp?contentid=-1981252984)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10450)で知ることができる。
MarketingChartsの2008年8月20日版最新レポート紹介で、NPD Groupによる極端なゲームプレーヤー・レポート「Games Segmentation 2008」を紹介し、「極端なゲームプレーヤー」は、1週間あたり平均45時間をテレビ・ゲームをプレーに費やして、前の3カ月で24のタイトルを購入したと報告した。
NPDレポートは所有権、用法、および頻度によって定義された7つのゲームプレーヤー・セグメントの分析を提供している。
それは様々なゲームプレーヤー・セグメントの好みに合うテレビゲーム・プラットホーム、ジャンル、および小売業者を特定した。
PC/Macかテレビゲーム・システムでゲームをする1億7400万人のゲームプレーヤーでは、
3%が「極端なゲームプレーヤー(Extreme Gamers)」で、
9%は「どん欲なPCゲームプレーヤー(Avid PC Gamers)」、
17%は「合併ゲームプレーヤー(Console Gamers)」、
14%が「オンラインPCゲームプレーヤー(Online PC Gamers)」であった。
そして、15%は「オフラインPCゲームプレーヤー(Offline PC Gamers)」で、
22%は「ヤング・ヘビー・ゲームプレーヤー(Young Heavy Gamers)」、
20%は「二次的ゲームプレーヤー(Secondary Gamers)」であった。
「極端なゲームプレーヤー(Extreme Gamers)」と「ヤング・ヘビー・ゲームプレーヤー(Young Heavy Gamers)」は、あらゆるテレビゲーム・システムに索引をつけ過ぎ、「極端なゲームプレーヤー」がPS3とXBox360に強い優先を示し、「ヤング・ヘビー・ゲームプレーヤー(Young Heavy Gamers)」がポータブル・プレイヤーに強い優先を示したと報告している。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/interactive/extreme-gamers-play-45-hours-of-videogames-a-week-5716/)または、URL(http://www.npd.com/press/releases/press_080811.html)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10737)で知ることができる。