NTT分割


米国からの圧力で、日本の電電公社も分割を求める意見が発表され、1985年4月1日に電電公社を民営化し、NTTを誕生させ、1982年7月30日に臨時行政調査会が行政改革に関する第3次答申で公表した、電電公社を5年以内に分離・分割する案です。

>> さらに詳細な情報はこちら


いろいろなNTTの分割案
再編後のNTT
業態別売り上げ比較(1993年3月期の電話収入から)
世界のインターネット・ユーザー(Computer Industry Almanac Inc.より/1998年末現在)
世界のWeb内容(Nature/8.July 1999,from NEC Research Instituteより)
サーチ・エンジンの実体比較(Nature/8.July 1999,from NEC Research Instituteより)
米国における両親のインターネット利用の推移
米国の子供達がインターネットで情報を知る先
2000年8月の地域別、国別インターネット・ユーザー
1993年から1998年までのAT&Tの通信環境改善
AT&Tの3Q 2000invester relations
AT&T Chairman and CEO C. Michael Armstrong
RealAudioによる4分割報道
4分割されるAT&T
1997年と2002年の通信マーケットの変動予測
通信環境の多様化
2000年に大きな変化をした通信環境の動向
AT&Tにおける4事業分割の流れ
AT&Tにおける4事業のバランス
AT&Tがこれから問われる指導力の流れ
4分割されたAT&Tの未来
2001年後半までのAT&Tの流れ
2002年の4事業関係図
4事業分割後のポリシー
AT&Tの個人向けサービス
AT&Tが提供する企業向け
ブロードバンド・サービス環境
ブロードバンドのバランス
企業向けサービス
Goldmann Sachs and PC Data Onlineの年末商戦情報
米国の1999年と2000年年末商戦で購入できなかったサイトの数
2000年年末米国における日曜ごとの売り上げ比較
米国の2000年4月〜2001年1月のDSLとCATVインターネット接続事情
米国の携帯電話の経緯と未来
2001年3月30日発表の規制改革推進3か年計画の概要
Nielsen//NetRatingsが2002年12月20日に発表した2002年末商戦の動向
Amazon.comが2002年12月26日に発表した年末商戦結果
SBCとAT&Tの新しい会社誕生報告巻頭ページ
AT&Tのロゴの歴史
AT&Tの最後のロゴ
SBCとAT&Tのリリース
FCCが2006年12月29日に公開したリリース
FCCは2006年12月29日に公開した承認
FCCは2006年12月29日に公開したChairman Martin and Commissioner Tateのステートメント
FCCは2006年12月29日に公開したコミッショナーAdelsteinのステートメント

KDD法
日米間の国際通信
電通のマルチメディア開発
NTTとKDDの外資規制やNTTの資材調達の問題
情報通信コングロマリット
光ソリトン通信
ワールド・パートナーズ
VPN
企業向け国際電話
MSAF
海底光ファイバー・ケーブル
通信回線の接続ルール
AT&Tワールド・アクセス
ローミング・サービス
国際マルチメディアアプリケーション実験
KDD法
日米間の国際通信
KDDグローバリングATM
JPIX
メガメディア構想
独禁法
ジャパン-USケーブルネットワーク
ホップ数
ユニバーサル・サービス・ファンド
TalkWay
PC-1
フラッグ・キャリア
プライベート・ケーブル
クラブ・ケーブル
IP-VPN
アークスターインターネット
GRIC CSP
Forging A Connected Global Village
NTT-ME情報流通
米国-アジア間のインターネット国際回線費用
インターネット国際回線費用等の応分負担要求
OS-A 5Gシステム方式
2000年10月25日にAT&Tが発表した4分割案
2000年と2001年のAT&T再建計画
SubOptic
日本経済の再生シナリオ/目次
日本経済の再生シナリオ/基本方針
日本経済の再生シナリオ/第1章
日本経済の再生シナリオ/第2章
日本経済の再生シナリオ/第3章
日本経済の再生シナリオ/第4章
日本経済の再生シナリオ/第5章
日本経済の再生シナリオ/第6章
独占禁止法と電気通信事業法の共同ガイドライン
社内産業スパイ
NTT接続料
公正取引委員会
NTTグループ中期経営戦略
一体通信サービス
5年後の激動は、電子情報通信市場に政府の介入が必然!