optical-internet


IEEE(the Institute of Electrical and Electronic Engineers,Inc/IE3/I triple E/電気通信技術者協会/電気電子学会)の技術委員会TCCC(Technical Committee on Computer Communications)が検討している、光ファイバー・ケーブルを使った次世代のインターネットの名称。詳細情報はURL(http://www.comsoc.org/~tccc/)で知ることができる。
また、関連情報はITC(Internet Technical Committee/InternetTC)、TCGN(Technical Committee on Gigabit Networks)などでも入手できる。UFO情報があり、宇宙人の遺体があるという噂があることから世界的に有名で、量子テレポーテーションでも知られる米国のロス・アラモス国立研究所(Los Alamos National Laboratory)は2003年7月24日に、Caltech(California Institute of Technology/カリフォルニア工科大学)およびCERN(European Organization for Nuclear Research/欧州合同原子核研究機関)、SLAC(Stanford Linear Accelerator Center)の共同で、市販のパソコンを使って、カリフォルニアとスイスの間(10,037km)を2.38Gbpsという超高速転送大陸間インターネット接続実験を実施し、成功したことから、ギネスブック(Guinness World Records book)に登録されたと発表した。ただし、これは量子テレポーテーションではなかった。詳細情報はURL(http://www.lanl.gov/worldview/news/releases/archive/03-100.shtml)で知ることができる。
米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2004年4月1日に、米国エネルギー省(Department of Energy)がサポートしているロス・アラモス国立研究所(Los Alamos National Laboratory)とローレンス・リバモア国立研究所(Lawrence Livermore National Laboratory)のレポート「Department of Energy: Mission Support Challenges Remain at Los Alamos and Lawrence Livermore National Laboratories. GAO-04-370」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-370)で知ることができる。
米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2008年7月15日に、ロスアラモス国立研究所(Los Alamos National Laboratory)の長期戦略の見直しレポート「Los Alamos National Laboratory: Long-Term Strategies Needed to Improve Security and Management Oversight. GAO-08-694」を公開した。
米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2008年9月26日に、ロスアラモス国立研究所のUnclassifiedコンピュータ・ネットワークの情報セキュリティに関して、より保護するように要求したレポート「Information Security: Actions Needed to Better Protect Los Alamos National Laboratory's Unclassified Computer Network. GAO-08-1001」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-08-1001)で知ることができる。