PAN(Planetweide Area Network)

パン/惑星間情報通信ネットワーク

地球上のGAN(Global Area Network/地球規模情報通信ネットワーク)をさらに拡大し、惑星間で情報通信ネットワークを構築すること、または構築されたネットワークの総称。最小のエリア・ネットワークもPANといことから、単にPANといった場合、混乱する危険性も含んでいる。詳細情報はURL(http://www.jpl.nasa.gov:80/releases/96/strvxfer.html)または、URL(http://www.jpl.nasa.gov:80/ice_fire/outreach/Pluto9.htm)で知ることができる。NASAのミッションオペレーション標準化プログラムマネジャーAdrian Hookeによって計画された、太陽系一帯に再利用可能な標準通信インフラを張り巡らせる惑星間インターネット構築案をインターネット関連のプロトコル標準化団体IETF(Internet Engineering Task Force/インターネット技術特別調査委員会)に提出した。詳細情報はURL(http://www.ietf.org/internet-drafts/draft-irtf-ipnrg-arch-00.txt)で知ることができる。2001年11月22日にESA(European Space Agency/欧州宇宙機関)の衛星「アルテミス(Artemis)」が、フランス国立宇宙研究センター(French space agency)の地球観測衛星「SPOT 4」と、レーザーでデータをリンクさせるレーザー衛星間のデータ通信システムの実験が実施され、5000Mbpsで成功した。詳細情報はURL(http://www.esa.int/export/esaCP/ESASGBZ84UC_index_0.html)または、URL(http://telecom.esa.int/artemis/)で知ることができる。外務省は2005年5月10日に、地球規模問題に関する意識調査を公開した。詳細情報はURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/i_chosa.html)で知ることができる。