Pear PC

ペアーPC

ドイツのアーヘンに住むゼバスティアン・ビアラス(Sebastian Biallas)とシュテファン・バイアーグラフ(Stefan Weyergraf)という2人の学生が、「PowerPC」用のアーキテクチャをソフトウェアの内部に再現することで、IntelやAMDベースのパソコンでMacOS Xを走らせることを可能にし、2004年5月5日にGPLのオープンソース・フリーソフトウェアとして公開した、x86マシン用PowerPCエミュレータの名称。キャプチャではMacOS X 10.2.8の「Jaguar」やMacOS X 10.3の「Panther」が走っている。詳細情報はURL(http://pearpc.sourceforge.net/index.html)で知ることができる。2004年9月5日には、BEOSポートを更新した0.3.1を発表した。