PET素材

Poly Ethylene Terephthalate material

生分解性プラスチック素材カード

これまでの塩化ビニール製カードのように焼却時に有毒ガスが発生せず、焼却炉も痛めないため、環境に優しいカードの素材として注目されている。日立製作所は1997年のビジネス仕様で、LSIやコンデンサーの薄型化技術やフレキシブル実装技術で完成した厚さ0.25ミリで、柔らかくて曲げに強く、水に落としても支障がない8ビット・マイコンを搭載しているPET素材の超薄型非接触ICカードを展示した。凸版印刷は1997年11月18日に、物性、耐性面は塩化ビニール製カードとほぼ同等で、耐熱性を除けば日本工業規格(JIS)をクリアできるPET素材を開発した。すでに第1号ユーザーとして、府中市が市民カードへの採用が決定し、12月から納品を開始した。今後、地球環境問題、ダイオキシン、排ガスなど環境問題への関心を高めている自治体や各種団体が発行する市民カード、クレジット、病院のマイケアー・カードタイプ、銀行などの金融カード、ポイントカードへの需要が想定されている。凸版印刷は紙と生分解性プラスチックを張り合わせた「BEカード」などを開発していたが、その後複数の基材を積層する新技術を開発したことで肉厚カードの製造に成功し、1998年2月17日に厚さ0.76mmのキャッシュカードへの展開が可能になった生分解性プラスチック素材カードを開発したと発表した。フランスのマルセイユにある世界最大のICカード会社ジェムプラス(Gemplus)社とMelinex社は、1997年10月13日に塩素やハロゲンを含まないポリエステル・フィルムを使い、地中に埋めても地下水を汚染しない、焼却しても木や紙の焼却程度の影響しかなく、耐熱製や耐久性にも優れ、高速道路の料金徴収カードなどに使用するとき、乗用車のダッシュボードに置いても大丈夫なアースカード(Earthcard)を共同開発したと発表している。似たカードにはMULTOSを採用してMONDEX社や日立製作所が開発しているMULTOSカードがある。凸版印刷は、非塩ビ素材でありながら、従来の塩ビ素材と同等の品質(加工適性等)で、従来の耐熱塩ビ製品よりさらに耐熱度(約80℃→90℃クリア)が向上し、人気の抗菌仕様が標準仕様のカードで、湾曲や感触は塩ビカードと同等で、使用時の違和感がなく、ETC用途向けICカードとしても採用されている環境配慮素材カードの新PET-Gカード「エコスルーカード」を量産できる体制を確立し、2000年7月より納入を開始することを発表した。経済産業省は2004年1月29日に、2004年不公正貿易報告書「掲載検討案件リスト」し、公害・地球環境問題懇談会(公害・地球懇/JNEP)が提出したEUの「EuP指令案(エネルギー使用製品に対するエコデザイン要求設定枠組み指令案)」は結果的に他国の環境政策を妨害するため報告書不掲載、「REACH(化学品規制案)」は環境政策上画期的なものである上に、報告書に掲載することで結果的に他国の環境政策を妨害するため報告書不掲載、RoHS(電気電子機器中の特定有害物資の使用制限に関する指令)及び廃電池指令改定案リスト「WEEE(廃電気電子機器指令)」は報告書に掲載することで結果的に他国の環境政策を妨害するため報告書不掲載という意見を報告した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/feedback/data/i40129cj.html)で知ることができる。ENS World Newsは2004年11月23日に、オーストラリアの研究者、環境機関、全国産業協会などが、過去の開発で廃棄された有害物質の排除と清掃を訴えて、オーストラリア産業、と安全で健康な環境の生成を開発するための構想を求めて調査した結果、有害物質が廃棄された地域は10万カ所に上ったと報告した。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/index.asp)で知ることができる。


Don't need Dast on Earth
インターネットユーザーのオンライン金融の利用率
世界と日本の年平均地上気温の変化(1880〜1998年)
1850年からの大気の変化
米国東海岸の公害状況
米国の年齢別インターネットユーザーの利用時間
WWFの地球環境地図Global 200 Ecoregions
NASAが公開した2000年春に中国から日本に来た黄砂などの画像
NASAが公開したアフリカのサハラ砂漠からまき散らされる埃
米国まで届くサハラ砂漠からの埃アニメーション
埃に含まれるバクテリアや細菌
サハラからアメリカ大陸にまき散らされる公害GIFアニメ
サハラからアメリカ大陸、中国から日本にまき散らされる公害GIFアニメ
月面着陸で脚光をあびたケネディー元大統領の本音テープ
GAOが公開した米国のHighway Projects
GAOが2003年1月23日に公開したハイウェイ管理開発税に関する統計調査報告書
GAOが2003年5月8日に公開したハイウェイ建設管理支援に関する実験レポート
GAOが2003年5月14日に公開した、高速道路の安全確保計画レポート
ガートナージャパンが2004年2月17日に公開した自治体文書管理機器導入状況と職員のユーザー満足度
米国北東部を走るAmtrakのIntercity乗客安全管理に関するレポート
輸送システムにおけるセキュリティ確保規制広報活動に関するCORRESPONDENCE
経団連が2004年6月22日に公開した宇宙開発利用の早期再開と着実な推進要求書
Illustrirte Zeitung1856年1月26日に掲載された化学者Justus von Liebig
ミュンヘンのJustus von Liebig研究所
Justus von Liebigの階段教室