POIs(points of interaction)


ユーザーが利用できる場所や空間、方法の総称。とくにヨーロッパの銀行などでは、ユーザーが利用できる場所の総称として採用されている。2002年には銀行のコール・センターのように、Webサイトや電子メール、携帯電話、WebTV(Microsoft社は2001年7月18日にWebTVサービスのブランドをMSNに統合した)などの利用が多くなり、銀行の支店は50%に削減され、2003年には銀行の支店が30%に削減さると予測されている。また、メリーランド大学(University of Maryland)のHuman-Computer Interaction Labの情報はURL(http://www.cs.umd.edu/hcil/)で知ることができる。インターネット上にはインタラクション・デザインのポリシーについて書かれた「The Politics of Interaction Design: Globalization, Cognition, and Culture」がPDFで公開されている。詳細情報はURL(http://cms.mit.edu/conf/mit2/Abstracts/Sarah_Berry_Flint.pdf)で知ることができる。