premium SMS


SMSはP2P(person-to-person)のツールというイメージで多く知られていたが、アプリケーションをダウンロードする「application-to-person」のマーケットが2003年になって飛躍的に伸び始めたことから利用されるようになった名称。
MDA(The Mobile Data Association)は2003年10月31日に、2003年9月の1ヶ月でSMSが17億3000万メッセージ送信され、2002年9月が5800万メッセージであったことから、SMSの利用率の伸びが飛躍的であり、その内容がP2P(person-to-person)だけではなく、「application-to-person」のマーケットの拡大も大きく影響していることを発表した。詳細情報はURL(http://www.mda-mobiledata.org/)または、URL(http://www.newmediazero.com/lo-fi/story.asp?id=244804)または、URL(http://www.moconews.net/archives/2003_10_31.shtml#003909)で知ることができる。
160charactersは2004年2月11日に、ABC NewsがTelenor Mobile Interactiveを利用して、携帯電話のpremium SMSでニュースを配信するサービスを有料(月額US$1.99)で開始した。米国では同様のサービスをAT&T WirelessとT-Mobileがすでに、大手メディアが参加したことで、今後さらにCingular社、Verizon社、Sprint社、Nextel社、Alltel社なども参入することになっている。詳細情報はURL(http://www.160characters.org/news.php?action=view&nid=949)または、URL(http://abcnews.go.com/sections/wireless/DailyNews/Wireless.html)で知ることができる。
moconewsは2008年8月14日に、データ収入の数字で2007年の収入が3倍となり、テキスト・メッセージングはイギリスで、最も広く使用されたデータ・アプリケーションのままで残っていたと報告した。
イギリス監視委員Ofcomが2008年8月14日に発行した、コミュニケーション市場の年次調査「Communications Market Report」で2007年のSMS収入が27億ポンドであったことを明らかにし、データ収入が10億ポンド、音声収入が114億ポンドであったことと比較したと報告している。
メールにおける成長にもかかわらず、モバイルで通信するインスタントメッセージングとマルチメディアなど、つまらないテキストメッセージの使用は、2007年に32%上昇し、イギリスがヨーロッパでテキストの最もクレージーな国になったと報告している。
イギリスの消費者は1携帯電話機あたり1カ月平均67のメッセージを送り、フランス人は1月単位で20.4のメッセージ、ドイツ人の消費者は1カ月あたり、22.8のテキストが送られたと比較した。
ただし、ドイツのフランスの数字は2006年からあり、イギリスは2007年からあった。
また、Ofcomは、SMSの携帯電話は、偏在、容易、および簡単さからインターネットを使用する36%と比べて、イギリスの大人達の44%が日課に関してテキスト・メッセージングを使用することが判ったと報告している。詳細情報はURL(http://www.moconews.net/entry/419-text-messaging-usage-grows-32-percent-in-uk-growth-in-mobile-broadband/)または、URL(http://www.ofcom.org.uk/research/cm/cmr08/)または、イギリス監視委員Ofcomが2008年8月14日に発行した、コミュニケーション市場の年次調査「Communications Market Report」のURL(http://www.ofcom.org.uk/research/cm/cmr08/cmr08_1.pdf)または、URL(http://www.ofcom.org.uk/research/cm/cmr08/cmr08_2.pdf)で知ることができる。
イギリスでは、どんなくだらないこともテキスト・メッセージングで伝えていた。
これは、日本も同じで、誰も本人は中毒と気が付かない。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10763)で知ることができる。