Secure Siteシール


ベリサイン・セキュア・サーバーIDを取得したユーザーに日本ベリサインが無償で提供している黄金の中に「Verisign」と書かれたシールの名称。「Secure Site シール」は、ウェブサイトを訪問したインターネット利用者に、クリック一つでサーバーIDの情報を確認できる機能を組み込み、シールをクリックすると、新しいウインドウに、サーバーID情報として、 「サーバー名( コモンネーム)」「ステータス」「有効期間(GMT)」「証明書のクラス」「サブジェクト(国名、組織名など)」が表示される。詳細情報はURL(http://www.verisign.co.jp/securesite/program.html)で知ることができる。Secure Siteシール掲載企業・団体のリストはURL(http://www.verisign.co.jp/securesite/sitelist.html)で知ることができる。ただし、日本ベリサイン社のWebにCGIの問題点が発見され、その問題点を修正するため2002年3月7日14時35分頃から、一時的に、「Secure Siteシール」のサービスは停止していた。詳細情報はURL(http://www.verisign.co.jp/press/alert/security_alertert20020307.html)または、URL(http://www.verisign.co.jp/press/alert/security_alertert20020308.html)または、URL(http://www.verisign.co.jp/press/alert/security_alertert20020309.html)で知ることができる。また、このシールと認証を利用するには、日本ベリサイン社に申込み、認証を受けなければならないのであるが、存在しないwebでもあたかも認証を受けたwebであるかのように偽装することが可能であったことが、「セキュリティマガジンScan Security Wire増刊号(2002/03/09)」で報道され、偽装のサンプルが公開された。詳細情報はURL(http://www.vagabond.co.jp/top/image/verisign02.GIF)で知ることができる。