Seybold Seminars

SEYBOLD

シーボルドセミナー

米国で16年の歴史があり、最先端のデジタル・コミュニケーションを紹介する催しとして高く評価され、DTP、印刷、インターネット・パブリシングの技術などデジタル・パブリッシング界で最大・最高のトレードショー&コンファレンスの名称。トレードショウには300以上の会社が出展し、特定技術やアプリケーションを解説するセッション、最新の技術やビジネストレンド、また業界動向についてのセッションなどが用意され、出版関連の製品や技術が紹介される。詳細情報はURL(http://www.seyboldseminars.com/)または、URL(http://www.key3media.com/seyboldseminars/)で知ることができる。日本でも第1回SEYBOLD SEMINARS TOKYO 96を、1996年12月2〜5日に東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催し、1997年にはソフトバンクフォーラムがSEYBOLD SEMINAR TOKYO 97を1997年12月9日から12日まで幕張メッセで開催した。1998年3月17日から19日までニューヨークで開催されたSeybold Seminarsでは、Apple社の暫定CEO(最高経営責任者)であるスティーブ・ジョブス(Steve Jobbs/1954〜)が基調講演を行った。また、Seybold Seminars Boston 99の詳細情報はURL(http://www.apple.com/hotnews/features/seyboldboston99/)で知ることができる。1999年8月31日にサンフランシスコで開催されたSeybold Seminarsの基調講演では、Pentium IIIプロセッサの倍近くの演算スピードがあるPowerPCチップG4/400MHz、450MHz、500MHzの3種類を搭載したPower Mac G4と、液晶ディスプレイとしては最大で鮮やかな22インチTFT液晶を採用したApple Cinema Display(アップルシネマディスプレイ)を発表し、同時にMacOS 9の機能紹介があった。詳細情報はURL(http://www.apple.co.jp/news/1999/sep/01wrapper.html)または、URL(http://www.apple.com/pr/library/1999/aug/31wrapper.html)で知ることができる。ただし、発表当初はURL(http://www.apple.com/)に世界中からアクセスがあり、接続不可能になった。