SignatureWallet

シグネチャー・ウォレット

米国のCIC(Communication Intelligence Corp/コミュニケーション・インテリジェンス)社が開発し、2002年5月16日に発表した、携帯電話やPDAの手書き入力器を利用して、手書きサインを認証システムにしたソフトの名称。日本のように印鑑で個人認証するのではなく、小切手をはじめ、全ての個人認証がサインを利用することから開発されたが、日本人の場合はいつも同じサインがを書くことになれていないことから、毎日サインが異なる可能性が高く、どこまで応用ができるか、また他人が真似たサインをどこから拒否するかなど、欧米とは異なる環境が必要になる。詳細情報はURL(http://www.cic.com/press/eventdetail.asp?NewsId=159)で知ることができる。