Smart airbags

advanced airbags

自動車のエアーバックは事故が発生したときに自動的に反応することに注目し、エアーバックに通信機能やGPS機能を搭載し、事故と同時に警察に連絡し、警察では事故にあった人が瀕死の状態でも事故が起こった場所を確認できるようにしたエアーバックの総称。ただし、Dayton Daily Newsは2002年8月22日に、「Smart airbags」または、「advanced airbags」を1999年にPontiac Transが開発し、さらに いつでもAirBagから警察が各車から情報をダウンロードできるように進化させ、それぞれの自動車のスピードを自動送信で警察に知らせ、スピード違反取り締まりに役立てようという前提で、全車種にドライブレコーダーとして、警察がいつでも無線で各車両を盗聴し、監視できる機能を強制搭載されようとしているという記事「Big Brother hiding inside cars' airbags」を報道した。詳細情報はURL(http://www.activedayton.com/ddn/local/0822car.html)で知ることができる。一方、2002年7-8月/BKN(Bio Kagaku News)第37号によれば、米国シアトル市のワシントン州立大学の研究者達によるサンプル数51,031の運転手と乗客のペアからの調査した結果として、車の衝突事故が起きた時にシートベルト使用者は(そうでない人と比べて)死亡率が65%減り、エアバッグはただの8%減少させただけで、比較的ほとんど効果がないことを発見している。詳細情報は「Peter Cummings et al., Association of driver air bags with driver fatality: a matched cohort study, BMJ, May 11, 2002, Vol. 324, pp1119-22.」または、URL(http://biokagaku.com)で知ることができる。San Francisco Chronicleは2002年9月2日に、自動車に搭載するブラックボックスに関し、「Car-crash recorders」というレポートを公開した。詳細情報はURL(http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?file=/chronicle/archive/2002/09/02/BU167062.DTL&type=printable)で知ることができる。また、米国のCDT(the Center for Democracy and Technology)は2002年9月5日に公開した「CDT Policy POST Vol.8」で自動車免許に関するプライバシーとセキュリテーについて、2002年9月11日に起こった同時多発テロによりリスクを伴うことを要求した。詳細情報はURL(http://www.cdt.org/publications/pp_8.17.shtml)または、URL(http://www.cdt.org/testimony/020805schwartz.shtml)または、URL(http://www.nap.edu/catalog/10346.html?opi_newsdoc041102)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)が2003年3月24日に公開した、交通における自動赤信号とスピードに関する要求書「Traffic Enforcement: Funding of Automatic Red-Light and Speed Enforcement Technologies. GAO-03-408R」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-408R)で知ることができる。