SMB(Small and Medium Business)

中小企業

米国で中小企業を総称する言葉。キャルでは、中小企業向け「公的資金データベース」検索システムを公開していた。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2003年11月6日に、IRS(Internal Revenue Service/内部投資サービス)が利用する税務犯罪情報についての現状報告として「IRS's Use of Information on Taxpayers Claiming Many Allowance or Exemptions from Federal Income Tax Withholding. GAO-04-79R」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-79R)で知ることができる。経済産業省中小企業庁事業環境部財務課は2003年11月7日に、中小企業政策審議会第9回企業制度部会の資料として、「中小企業の会計の質の向上に向けた具体的取り組みに関する報告書(案)について」を公開した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0004674/)で知ることができる。コンサルタント業を営むシーエイチアイは2003年11月9日に、中小企業の経営者のみに対象を絞った資金繰り・人材育成・販売・宣伝などの経営に役立つ情報を集約した情報誌「Active(アクティブ)」を創刊したことを報告した。詳細情報はURL(http://www.cranehill.net/)で知ることができる。経済産業省中小企業庁は2004年2月19日に、事業化に直結する実用化研究開発を行うことにより、新製品開発・新分野進出を図る優れた中小企業を支援することを目的として、平成16年度予算において新規採択のため、「創造技術研究開発事業(補助金)」の公募を行うと発表した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0004959/)で知ることができる。情報化・知識社会化の進展とともに市場ニーズは細分化・個別化してきており、顧客や取引先のニーズを的確に踏まえたサービスを提供できる人材の重要性は非常に高まっていることから、こうした人材にとって最も重要な能力の一つである「交渉力」に着目し、交渉を通じて相手方のニーズを的確に把握し、彼我双方にとってより満足度の高いビジネスを展開できる「ビジネス交渉人材」育成プログラムを開発し、その報告書がとりまとめ、経済産業省は2004年3月10日に、「創業・起業促進型人材育成システム開発等事業-ビジネス交渉人材育成事業(高度営業・マーケティング人材育成事業)-」を報告した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/report/data/jinzai_ikusei2004_05.html)で知ることができる。また同時に経済産業省は、経済の活性化・競争力強化の観点から、本年度高度専門人材を育成するための各事業に取り組みとして、創業・起業促進型人材育成システム開発等事業を2003年5月に実施した平成15年度人材ニーズ調査及び今年度取り組んできた高度専門人材育成各事業について、事業概要として「人材ニーズ調査」「技術経営(MOT)人材育成事業」「事業再生人材育成事業」「プロジェクト・プログラムマネジメント人材育成プログラム開発事業」「ビジネス交渉人材育成(高度営業・マーケティング人材育成)事業」「事業リスク評価・管理人材育成事業」「地域金融人材育成システム開発事業」「高度IT創業人材育成システム開発事業」「バイオ人材育成システム開発事業」「大型閉鎖店舗再生等対策の総合プロデュース人材育成事業」「ベンチャーキャピタリスト人材能力開発プログラム開発・実証事業」「ファッション産業人材育成事業」「コンテンツ産業人材(クリエイター・上映事業者)育成支援事業」「能力開発・就職促進基盤構築事業」の2003年度最終成果を報告した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/topic/data/jinzai_ikusei2004.html)で知ることができる。Red Herringは2005年12月19日に、小規模な技術関連優良企業トップ100「Top 100 Small-Cap Tech」として分野別に「Telecom(通信関連)」「Software(ソフト関連)」「Chips(チップ関連)」「Security(セキュリティ関連)」「Mobile(モバイル関連)」「Services(サービス関連)」「Energy(エネルギー関連)」「Computing(コンピューティ」「Bioscience(バイオ科学関連)」「Media(メディア関連)」の企業を公開した。詳細情報はURL(http://www.redherring.com/Article.aspx?a=15002&hed=Top+100+Small-Cap+Tech)で知ることができる。connectITnewsは2007年2月7日に、ニューヨークにあるアナリスト企業AMI(Access Markets International) Partners社が公開した、グローバルなITトレンドにおけるSMB(Small and Medium Business)市場トップ10を紹介した。詳細情報はURL(http://www.connectitnews.com/usa/story.cfm?item=437)で知ることができる。
Top 10 IT trends among SMBs
1: 北アメリカで費やすSMBと2007年のJapan Will Surpass Large Business IT Spendin
2: 格納とセキュリティ集合の採用曲線はSMBsを押す
3: SaaS(Software-as-a-Service/ソフトウェア・サービス)業者は代ステージに向かう
4: しっかりした管理サービス
5: アウトソーシングの再来
6: さらに多くの移動性
7:まだ Vistaでない。Vistaは広範囲のSMB使用からまだ12〜18カ月以上後。
8:VoIP統一コミュニケーション
9: チャンネルのために役割変更
10: WebベースOSの戦いが具体化
さらにボーナス予測として、 IT決定法を劇的に変え、ITジェネレーション・ギャップは具体化を上げている。