SORETTE

ソレッテ

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)が2001年12月10日に2001年12月12日から開始すると発表した、CD-ROMのコンテンツをそのままブロードバンドで配信するサービスの名称。月額1600円で会員になり、IDを入力すると、会員認証が行われ、オンラインでCD-ROMの内容を見ることが可能になる。詳細情報はURL(http://www.ntt.com/NEWS_RELEASE/2001NEWS/0012/1210_3.html)または、URL(http://www.sorette.com/)で知ることができる。当初は教育・学習分野ソフトの提供を開始し、その後はプラットホームを「CDROMWING」サービスとして、通信事業者向けに展開する。ただし、「CDROMWING」サービスとして登場するのが、CD-ROMマーケットで活躍しているポルノなど、SEX関連ソフトをどのように扱うかという問題になる。以前大手メーカーやNTTの「ダイヤルQ2」、携帯電話の「出会い系サイト」でも登場したように、メンツからNTTコミュニケーションズでは表面的に教育・学習分野のソフト提供でもっともらしいサービスを展開し、裏で別のASPが利用したSEX関連ソフトで荒稼ぎし、ユーザーがアクセス料金を見て、支払い拒否などというトラブルが再度起こりそうである。NTT Comは、これまでに経緯からサービを開始する前に、アクセスできない方式などを用意し、十分に広報すべきであり、問題が起こってから対処するのであれば、CD-ROMコンテンツ・サーバー、顧客管理、CD-ROMデータ、データ管理サーバーなどをNTT Comで管理できるシステム構成であることから、事前に起こることが予測できた事故にも係わらず、事前に対応しなかったということで、裁判でも有罪になりかねない。もし、別途にD-ROMコンテンツ・サーバー、顧客管理、CD-ROMデータ、データ管理サーバーなどをNTT Comで管理できないシステムの提供も開始するのであるならば、それにも対応する危険回避体制も必要になる。New Media Ageは2003年7月24日に、Bango社が事故さえなければイギリスで初めて携帯電話向けに、プロテクトをかけてポルノ情報を配信する有料サービスを開始すると報道した。詳細情報はURL(http://www.newmediazero.com/nma/story.asp?id=243092)で知ることができる。