SRM(Supplier Relationship Management)


企業がユーザーと長期的な関係を築くために、ユーザーの情報を複合的に管理し、あらゆる目的で情報を利用できるように管理されたデータベースを構築して、経営戦略に活用する手法CRM(Customer Relationship Management)のサプライヤー版で、地球規模のサプライヤー・ネットワークでのコミュニケーションやコラボレーションを促進し、購買元である企業との関係を改善することでグループ全体の効率化をはかり、競争力の強い企業にするためのソリューションの総称。短くなるリードタイム、目的によって頻繁におこる注文の変更、短期間の製品ライフサイクルなど市場ニーズに対応するには、工場の生産工程の改善だけでは十分に対応できなくなっている自動車産業や産業機器の製造業などで、SRMの導入が求められている。SRMの提供で2002年になって注目されている企業としてApexon社があり、Accel Partners、Foundation Capital、Menlo Venturesなどの大手ベンチャーキャピタルがApexon社をバックアップしている。詳細情報はURL(http://www.apexon.com/)で知ることができる。経済産業省経済産業政策局新規産業室は2004年5月26日に、平成15年度ベンチャーキャピタル投資動向及び再生・バイアウト投資動向に関する調査結果を発表した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/policy/economic_industrial/press/0005243/index.html)で知ることができる。外務省は2005年5月10日に、地球規模問題に関する意識調査を公開した。詳細情報はURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/i_chosa.html)で知ることができる。